更新日時 2016年08月17日

協三工業製10t動車レストア記録-番外編11
バッテリーが完全上がってしまったので、新しいバッテリーをAmazonで1個買いましたが、やはり1個だけだと電流値が低いためかエンジンのセルが回りません。
仕方なく、Amazonでバッテリーをもう1個手配しました。下に置いてあるバッテリーは、追加で手配したバッテリーで、奥のバッテリーボックス内のバッテリーと並列に繋いでいます。
エンジンがかかり、1m程ディーゼル機関車前に出して、奥のバッテリーボックス内のバッテリーを新品と交換します。数ヶ月ぶりにエンジンをかけました。
奥側のバッテリーボックス内のバッテリーを新品に交換しました。ディーセルエンジンなので、バッテリーを外してもエンジンは動いています。但し警報音が鳴りますが。奥側のバッテリーボックスはあまり開けないので、錆の進行が激しいため補修が必要です。
奥側のバッテリーボックスを黄色のエポキシシリコン塗料で塗り直しました。BOXを直ぐに閉めてしまうと塗料がくっついてしまうので暫くは開けたままです。黄色の補修用塗料もあと少しなので無くなったら違う色で塗装し直したいと思います。
油性のシャーシブラックは約2週間ほどで艶が無くなってしまいます。塗りたては光沢が有り綺麗です。
デッキも油性シャーシブラックで塗り直しました。
デッキも油性シャーシブラックで塗り直しました。
油圧のタンクも塗り直しました。
私の母親が機関車の前に植木を置いています。
駐車場の車庫にぎりぎり収まっています。機関車を買うときに事前に寸法測定して収まる事を確認して購入しています。
ラッセル車なので、こちら側が前面です。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人