更新履歴

更新日時 2016年09月14日

煉瓦構造物 京塚樋管
@京塚樋管。
住所:埼玉県比企郡川島町長楽
京塚樋管は長楽地区からの農業排水を長楽用水へ放流するための施設。長楽地区は長楽用水の堰元であるが、用水は矢来堰用水に依存している。
@京塚樋管には塔が設けられている。正方形断面で一辺35cm、高さ60cm。
@京塚樋管の天板は銘板を兼ね、施設名が刻まれている。京塚樋管の本体(樋管部)は石材と煉瓦で構成され、壁構造を基本とする。煉瓦はイギリス積みで組まれている。基礎の工法は当時一般的だった土台木である。これは地盤へ基礎杭として松丸太を打ち込んでから、杭頭の周囲に木材で枠を組み、中に砂利や栗石を敷詰めた後に突き固めて、その上に捨コンクリートを打設した方式である。
@京塚樋管の翼壁はイギリス積み。
@京塚樋管。ゲートの戸当りと甲蓋(樋管の天板)は石造でゲートは木製の角落し。
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『坂戸市・川島町』を掲載」
出典: フカダソフト\きまぐれ旅写真館\埼玉の煉瓦水門