更新履歴

更新日時 2016年09月04日

煉瓦構造物 矢来門樋
B矢来門樋。
住所:埼玉県東松山市下青鳥
矢来門樋は都幾川の左岸に、前吐樋管・前樋管と隣接して設けられた悪水吐き門樋。高畑樋管、前樋管と同じく、上用水堰掛かりである。現在は上用水堰土地改良区が管理。翼壁の天端付近の煉瓦が変則積みで、東松山市に現存する煉瓦造り水門に多くみられる煉瓦の積み方。
2016年08月14日探索。
B矢来門樋は明治三十六年四月竣工。
B矢来門樋内部。樋門内部はイギリス積みになっている。甲蓋(天井)と床版(水路底)は石造り。
B矢来門樋は、通常は奥から手前へ排水するが、都幾川の水位が上昇するとゲートが自動的に閉まる仕組みである。ゲートの戸当りは石造り。甲蓋(水路の上蓋)も石造りで、銘板を兼ねている。他の門樋に比べ、デザインは実用本位で簡素である。
B矢来門樋は、埼玉県の煉瓦樋門で唯一、門扉にスウィングゲートが使われている。
B矢来門樋の銘板。
B矢来門樋のスウィングゲートは平成14年7月15日新設。現役のゲートのようだ。
B矢来門樋の内部はこの時期は水が無かったので通れた。
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『東松山市』を掲載」
出典: フカダソフト\きまぐれ旅写真館\埼玉の煉瓦水門