更新履歴

更新日時 2016年09月29日

煉瓦構造物 川口市個人住宅
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦門樋。川口市の鋳物産業に多大な貢献をされた方の旧邸宅。「永瀬家は市内本町一丁目の由緒ある旧家で、江戸後期には由緒ある宇田川家と交替で名主役を、また通称『本陣』といわれるように、日光御成道川口宿問屋を勤めた家である。」とあるのみ。
A埼玉県川口市の個人宅に煉瓦の倉庫が残っている。江戸時代に農閑期の副業として始まった鋳物工業は、荒川の砂や粘土、消費地江戸への舟運に恵まれて発達した。鍋、釜などの日用品のほか、幕府や諸藩の大砲や砲弾の鋳造が行なわれていた。幕末の動乱期には、勝海舟の指示により川口の鋳物で大砲が製造されている。現在は倉庫として使われているようですが、本来は1900年(明治33年に)発電所として建てられた。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦倉庫。明治維新後は永瀬庄吉ら先覚者の技術改良や日清、日露戦争、第一次世界大戦による好況に支えられ、(旧)川口町(現:川口駅南東側一帯)は県下最大の工業都市に発展した。その後昭和恐慌によって打撃を受けたが、第二次世界大戦後いち早く民需に切り換えて復活、全国有数の鋳物の街となった。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦倉庫はフランス積みで積まれている。煉瓦倉庫でフランス積みは珍しいですね。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦倉庫。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦倉庫。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦塀。東側。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦塀はフランス積みで積まれている。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦塀。北側。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦塀。北側。
A埼玉県川口市の個人宅の煉瓦塀。西側。
A埼玉県川口市の個人宅。
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『川口市』を掲載」