更新履歴

更新日時 2017年11月08日

煉瓦構造物 函館弁天町煉瓦の民家
 函館弁天町煉瓦の民家:函館は江戸時代から栄えた港町であったが、しばしば大火に襲われ、市内の至る場所が火災の被害に遭っており、数度の大火の影響により街路や建築物が変容している。つまり、二十間坂より函館西部地区の町並み以西の地区は、1878年(明治11年)、1879年(明治12年)の大火後の街区改正によってできた都市形態で、この地区の建物は1907年(明治40年)の大火で被災しているため、旧金森洋物店や旧開拓使函館支庁書籍庫など一部の耐火構造建築物を除くほとんどの建物はそれ以降の時期に建設されたものである。その為、煉瓦の建築物が多く残る。
C函館弁天町(旧幸町)煉瓦の民家。
C函館弁天町(旧幸町)煉瓦の民家。古い煉瓦で花壇が造られている。煉瓦の平面を確認したが、煉瓦の刻印は確認出来なかった。
C函館弁天町(旧幸町)煉瓦の民家。
C函館弁天町(旧幸町)の倉庫の腰壁部分に煉瓦が使われている。
C函館弁天町(旧幸町)の倉庫の腰壁部分に煉瓦が使われている。
C函館弁天町(旧幸町)煉瓦の民家。住所:弁天町22。
C函館弁天町(旧幸町)煉瓦の民家。
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『函館市』を掲載」