更新履歴

更新日時 2017年11月02日

煉瓦構造物 公海食品幸町倉庫
 公海食品幸町倉庫:公海食品幸町倉庫は住友倉庫として築造し、現在、公海食品が倉庫として使用している。明治32年(1899年)に住友銀行から倉庫部門が分離され、住友家の個人営業で住友倉庫の商号により倉庫業を開始。公海食品は函館市、道南一円のホテル、レストラン等への食材及び自社ブランド品の供給を行っている。又、冷蔵庫(4000t)、超低温冷蔵庫(200t)及び営業普通倉庫(一般貨物、米穀類)を営んでいる。
D公海食品幸町倉庫。
D公海食品幸町倉庫。
D公海食品幸町倉庫。明治32年(1899年)に住友銀行から倉庫部門が分離され、住友家の個人営業で住友倉庫の商号により倉庫業を開始。
D公海食品幸町倉庫。煉瓦はイギリス積みで積まれている。
D公海食品幸町倉庫。倉庫に住友のマークが付いている。
D公海食品幸町倉庫。
D公海食品幸町倉庫。
煉瓦はイギリス積みで積まれている。
D公海食品幸町倉庫。
D公海食品幸町倉庫。
D公海食品幸町倉庫。
落ちていた煉瓦の平面を確認したが、煉瓦の刻印は確認出来なかった。
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『函館市』を掲載」