更新履歴

更新日時 2017年11月25日

 旧倉敷紡績本社工場:この建物は倉敷紡績の発祥工場で、明治22年(1889年)に建設されました。設計は、日本の最初の紡績工場(鹿児島紡績所)を建設した石河正龍らによるもので、今日我が国に現存する最も古い紡績工場の代表的な一つとなっている。倉敷アイビースクエアは旧倉敷工場の跡地を活用して建設された施設であり、江戸時代は倉敷代官所の一部であった。赤煉瓦の外壁を覆う蔦や館内の建物等から工場時代の様子が伺われ、「近代化産業遺産」にも指定されている。また倉敷国際ホテルや倉紡記念館、大原美術館はいずれもクラボウ・クラレ及び創業者の大原家が関係している施設である。これらは倉敷市公式サイトでも代表的な観光施設として紹介されており、倉敷市を工業都市だけではなく、観光都市としても発展させる一助となった。倉敷紡績株式会社は、日本の繊維製品の大手メーカー。通称・対外名称はクラボウ。日本以外にもブラジル、インドネシア、タイ、中国にグループ企業を展開する。
A旧倉敷紡績本社工場の外壁。
A旧倉敷紡績本社工場の煉瓦塀。
A旧倉敷紡績本社工場の煉瓦塀はイギリス積みで積まれている。
A旧倉敷紡績本社工場の煉瓦塀。
A旧倉敷紡績本社工場の煉瓦塀。
A旧倉敷紡績本社工場の煉瓦塀。
A旧倉敷紡績本社工場。
A旧倉敷紡績本社工場。
A大原美術館・児島虎次郎記念館。オリエント室。
A大原美術館・児島虎次郎記念館。オリエント室。
A軒下の煉瓦を確認したが煉瓦の刻印は確認出来なかった。
A代官所内濠遺構。
A代官所内濠遺構。
A天領倉敷代官所跡。
Bこの建物は倉敷紡績の発祥工場で、明治22年(1889年)に建設されました。設計は、日本の最初の紡績工場(鹿児島紡績所)を建設した石河正龍らによるもので、今日我が国に現存する最も古い紡績工場の代表的な一つとなっている。純英国風といわれる鋸型の屋根、赤い煉瓦の外壁、半円形の窓など当時の面影をそのまま留めている。この工場は昭和20年(1945年)終戦と共に長年に亘る操業(綿紡績)などに終止符を打ち、休止工場として保存されていたものを昭和49年(1974年)に改装した。
Bアイビー学館。
Bアイビー学館。
BKURASHIKI IVY SQUARE。
B倉敷アイビースクエアの建物はイギリス積みで積まれている。
B倉敷アイビースクエアの建物(旧倉敷紡績工場)
B倉敷アイビースクエアの建物(旧倉敷紡績工場)
B倉敷アイビースクエアの建物(旧倉敷紡績工場)煉瓦の渡り廊下が素晴らしいですね。
B倉敷アイビースクエアの建物(旧倉敷紡績工場)
B倉敷アイビースクエアの建物(旧倉敷紡績工場)
B倉敷アイビースクエアの建物(旧倉敷紡績工場)イチョウの並木がきれいですね。(宿泊所の中庭)
B倉敷アイビースクエアの建物(旧倉敷紡績工場)
C大原美術館・児島虎次郎記念館の外壁。
C大原美術館・児島虎次郎記念館の外壁。
C倉敷アイビースクエアの近くの煉瓦塀。工場の外壁の一部だったのか?
C倉敷アイビースクエアの近くの煉瓦塀。工場の外壁の一部だったのか?
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『岡山市』を掲載」