更新履歴

更新日時 2018年04月07日

煉瓦構造物 土浦市民家の煉瓦倉庫
 土浦市民家の煉瓦倉庫:水陸交通の要地であった土浦の商業は発展し、町の中には本陣・旅篭・問屋がおかれ、多くの商家が軒を連ね、江戸と取引を行う裕福な商人も出現しました。この時代の土浦は、野田や銚子とともに醤油の産地として有名でした。明治維新期、廃藩置県後の明治4年(1871年)に新治県が設置され、土浦はその県庁所在地となった。1875年(明治8年)に新治県は分割され、土浦を含む利根川以北は茨城県に編入された。土浦は茨城県南部地域の中心都市として、県庁第一支庁(1875年設置。現在の県南県民センター)、地方裁判所支部(1875年設置)、旧制中学校(旧制土浦中学校、現在の茨城県立土浦第一高等学校。1897年開設)などが置かれた。
@土浦市民家の煉瓦倉庫。
@土浦市民家の煉瓦倉庫。
@土浦市民家の煉瓦倉庫のコーナー部の柱はコンクリートで施行されているので明治後期から大正期の施行と思われる。
@土浦市民家の煉瓦倉庫はイギリス積みで積まれている。
@土浦市民家の煉瓦倉庫の平面が出ている部分を確認したが煉瓦の刻印は確認出来なかった。
@土浦市民家の煉瓦倉庫の平面が出ている部分を確認したが煉瓦の刻印は確認出来なかった。裏側も確認。
@土浦市民家の煉瓦倉庫。
A土浦市民間の駐車場煉瓦の基礎。
A土浦市民間の駐車場煉瓦の基礎。
A土浦市民間の駐車場煉瓦の基礎。
A土浦市民間の駐車場煉瓦の基礎の一部は赤煉瓦でイギリス積みで積まれている。
A土浦市民間の駐車場煉瓦の基礎。
A土浦市民間の駐車場煉瓦の基礎のこの部分は焼き過ぎ煉瓦でイギリス積みで積まれている。
Copyright (C) 2008-2018 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『土浦市』を掲載」