更新日時 2013年10月27日

 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。周囲には23の属島(有人島4・無人島19)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。レオタードを着ての漁:壱岐島の東部・八幡(やはた)地区では、今も海女が古(いにしえ)の海人族からの伝統の潜水漁を営んでいるが、ウェットスーツではなく、レオタードを着て海に潜っている。なぜかと言うと、八幡では昔から乱獲を防ぐため、ウェットスーツの着用を禁止しているからである。伝統漁の「海女」と「レオタード」を組み合わせて「レオタード漁」と呼ばれることがある。八幡の海女の仕事は5月1日から9月末までとなっている。
博多埠頭第2フェリーターミナル及び切符売り場。
博多埠頭第1ターミナル内の待合室及び切符売り場。
千代流子供山笠。 博多埠頭第1ターミナル内の水槽。
博多埠頭第1ターミナル内のHARBOR'S(ハーバーズ)で生ビールとホットドッグ。
 九州郵船のビーナス2:ボーイング929 (Boeing 929) は、米国ボーイング社によって開発された水中翼船。旅客用はジェットフォイル (Jetfoil) という愛称を持つ。川崎ジェットフォイル929-117として製造されている。川崎重工では1989年から1995年までに15隻が製造された。ボーイング、川崎重工の両社で旅客型として製造されたジェットフォイル(軍用-320型からの改造1隻含む)は29隻にのぼる。全長 30.78m(水中翼を上げた状態)27.40m(水中翼を下げた状態)総トン数 163トン 航海速力 約40ノット 船室構成 旅客定員 257名 1階 157名 2階 100名 設備など 売店、トイレ、公衆電話、冷水機
@郷ノ浦港に巨大なクレーン船が停泊。 @郷ノ浦港。
@郷ノ浦港の九州郵船のビーナス2。
@郷ノ浦港のフェリーターミナル。
@郷ノ浦港のフェリー乗り場。
@郷ノ浦港のフェリーターミナル内の四季の味処 髭達磨。
生ビール550円。 海鮮生ウニ丼。2000円。
山芋と豆腐磯辺揚げ。600円。 鰹の酒盗。450円。
巨峰サワー500円。 青リンゴサワー500円。
@今回の壱岐に来た目的は、壱岐市のマンホール写真を撮影するためです。壱岐市(旧郷ノ浦町)
A壱岐市(旧芦辺町)のマンホール。
戻る  Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レオタード漁の島 壱岐