更新日時 2021年10月26日

三井三池炭鉱 三池島
 三池島(みいけじま)は、福岡県大牟田市沖の有明海にある円形の人工島である。大牟田市の沖合約5.5kmにある、三井鉱山により造成された直径約92m、面積6400m2の円形の島。三池炭鉱の坑道の換気用として建設され、1970年(昭和45年)に完成した。無人島である。同種のものとして、1951年に建設された初島がある。三池炭鉱閉山と前後して、三池島は絶滅危惧種であるベニアジサシやコアジサシの繁殖地となった。特に1994年(平成6年)に繁殖が初めて確認されたベニアジサシは、日本に於ける繁殖地の北限となっており、貴重な環境となっている。三池島の所有者は現在も三井鉱山。三井鉱山は大牟田市への譲渡を打診しているが、財政難ということもあり、大牟田市は維持補修費の予測が付かないとして、この提案を受け入れていない。なお、上記の自然保護の観点から、日本野鳥の会が大牟田市へ無償譲渡の受け入れを要望している。
@三池島は大牟田市の対岸から肉眼で見えます。写真は望遠で撮影。
@三池島。三池島空撮動画YouTubeリンク
@三池島。
@三池島。
@三池島。
戻る  Copyright (C) 2008-2021 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『大牟田市』を掲載」
出典: Googleマップ