更新日時 2014年08月14日

大井川鐵道 大井川本線(金谷−千頭)
 大井川鐵道株式会社(おおいがわてつどう)は、静岡県に路線を有する名鉄グループの中小私鉄である。略称は大鐵(だいてつ)。鉄道路線は大井川本線と、中部電力から運営受託している井川線(南アルプスあぷとライン)を有する。大井川本線は蒸気機関車 (SL) の動態保存、井川線は日本唯一のアプト式鉄道として知られる。元々は大井川鉄道という会社名であったが、2000年10月1日に子会社の大鉄技術サービスを存続会社とする形で合併し、その翌日、大井川鐵道と商号を改称した。「鉄」を旧字体の「鐵」にしたのは、「鉄は『金』を『失』うと書き縁起が悪いから」だといわれている(わたらせ渓谷鐵道、真岡鐵道、和歌山電鐵などと同様である)日本で初めて蒸気機関車の動態保存を始めた鉄道として名高く、現在でもほぼ毎日運転されている。また、蒸気機関車の保存運転を行っている縁から、1977年12月19日にスイスのブリエンツ・ロートホルン鉄道と姉妹鉄道提携を結んでいる。1996年8月10日に沿線の金谷町(現島田市)がブリエンツ村と姉妹都市提携を結んだのも、この縁によるものである。1986年1月25日には台湾の阿里山森林鉄道とも姉妹鉄道提携を結んでいる。
大井川鐵道大井川本線
金谷駅 - 新金谷駅 - 代官町駅 - 日切駅 - 五和駅 - 神尾駅 - 福用駅 - 大和田駅 - 家山駅 - 抜里駅 - 川根温泉笹間渡駅 - 地名駅 - 塩郷駅 - 下泉駅 - 田野口駅 - 駿河徳山駅 - 青部駅 - 崎平駅 - 千頭駅
 @金谷駅(かなやえき)は、静岡県島田市金谷新町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・大井川鐵道の駅である。JR東海の東海道本線と、当駅を起点とする大井川鐵道大井川本線との接続駅となっている。
  @大井川鐵道金谷駅SLは1日2便のようである。
 @単式ホーム1面1線を有する地上駅。JR東海の上りホームに隣接しており、連絡改札口(TOICA対応簡易型自動改札機のみ)がある。ホームが短いため、おおよそ4両より長い編成の場合ドアカットを行う。駅舎はJR東海とは別。駅舎内に売店がある。かつては機回し線があったが、撤去されている。なお大井川鐵道が貨物営業を行っていた当時、同駅の構内入れ換え及び貨車の収受は国鉄の機関車ではなく、大井川鐵道の機関車が請け負っていた。2011年10月1日より、SL列車は隣の新金谷駅発着に変更され、この駅を発着しなくなった。
 @16000系 - 元近鉄南大阪線・吉野線の特急車。トイレの閉鎖とワンマン化改造が行なわれた以外はほぼ近鉄時代のまま使われている。3編成が在籍し、現在の大井川本線の主力となっている。 トイレがないのでお酒の飲み過ぎに注意。(笑) 金谷−千頭間 約1時間20分程。
@大井川鐵道 金谷駅。 @16000系車内。
@バスのような料金表示器。 一番上が井川線も乗れるフリー切符2日間有効
真中がSL急行券 560円座席指定
一番下がSL資料館 入館券 100円
@金谷駅で撮影。 @SL客車内より撮影。
@金谷駅からの最初の鉄橋 @金谷宿 一里塚跡
A陸橋から新金屋駅方面を見る A陸橋から金谷駅方面を見る
B新金屋駅 B新金屋駅 大井川鐵道株式会社
 B新金屋駅 島式1面2線のホームを持つ。ホームにアナウンスの装置はなく、列車の到着時には駅員が乗客を誘導する。 ホーム周辺には側線・電留線が多くあり、使用しない機関車や客車などが留置されている。 駅には蒸気機関車を含む大井川本線の車両の整備を行っている新金谷車輌区が併設されている。ここが蒸気機関車の実質的な発着場所であり、運用を終えた蒸気機関車はここへ帰ってくる。転車台は無い。
 B新金屋駅 大井川鐵道いぶき500形電気機関車は大井川鐵道で使用されている電気機関車で、1両が在籍している。  B新金屋駅 16000系 - 元近鉄南大阪線・吉野線の特急車。ワンマン化改造された以外はほぼ近鉄時代のまま使われている。3編成が在籍し、現在の大井川本線の主力となっている。
 3000系(2代) - 元京阪本線の特急車。京阪時代「テレビカー」という愛称で親しまれていたが、テレビは入線時に撤去されている。軌間の違いにより京阪より譲り受けたのは車体のみで、台車は元営団地下鉄(現・東京メトロ)5000系のものである。  大井川鉄道・タイ国鉄735(C56形44号機)
 C56形C56 44 - 戦時中にタイへ渡った出征機関車のうちの一両。2003年12月から運転休止中であったが、2007年10月7日からタイ国鉄当時の塗装に戻され復活した。
 421系 - 元近鉄名古屋線の特急車。名古屋線近鉄名古屋駅 - 伊勢中川駅間の改軌後、急行用に格下げのうえ中央部に両開きのドアを設置して使用されていたが、後に狭軌に戻され養老線に移籍していた。冷房を装備していないので予備車となっている。主に他車両の検査で車両不足が生じたときなどに運用される。  大井川鐵道いぶき500形電気機関車は大井川鐵道で使用されている電気機関車で、1両が在籍している。 1956年(昭和31年)に日立製作所で大阪セメント伊吹工場専用線の貨車牽引用に製造された電気機関車である。名前の『いぶき』は同専用線の名の由来になった伊吹山から取られたもので、車両中央に大阪セメントのライオンの紋章が掲げられていたことから「ライオン丸」とも呼ばれた。
 B新金屋駅 島式1面2線のホームを持つ。ホームにアナウンスの装置はなく、列車の到着時には駅員が乗客を誘導する。 ホーム周辺には側線・電留線が多くあり、使用しない機関車や客車などが留置されている。 駅には蒸気機関車を含む大井川本線の車両の整備を行っている新金谷車輌区が併設されている。ここが蒸気機関車の実質的な発着場所であり、運用を終えた蒸気機関車はここへ帰ってくる。転車台は無い。
B新金屋駅 改札 B新金屋駅近くの踏切
 C代官町駅(だいかんちょうえき)は、静岡県島田市金谷河原字三代島にある大井川鐵道大井川本線の駅。
C単式ホーム1面1線の地上駅。木造の駅舎である。
 D日切駅(ひぎりえき)は、静岡県島田市島字大西下にある大井川鐵道大井川本線の駅である。単式1面1線のホームを持つ地上駅。無人駅である。
E五和駅(ごかえき)は、静岡県島田市竹下字籾蒔島にある大井川鐵道大井川本線の駅である。
E島式1面2線のホームを持つ地上駅。無人駅である。
E五和駅(ごかえき)の駅舎・・・管理古ぼけた感じだが市街地に有る
F大井川鐵道の五和駅 - 神尾駅間。
F大井川鐵道の五和駅 - 神尾駅間。
F国道473号線より五和駅(ごかえき)方面を見る F国道473号線より神尾駅方面を見る
G神尾駅(かみおえき)は、静岡県島田市神尾にある大井川鐵道大井川本線の駅である。
G島式1面2線のホームを持つ地上駅。無人駅である。
 G神尾駅南側には狸の焼き物がたくさん設置されており、鉄道マニアでも有名だった。2003年の土砂崩れで大半が埋まってしまったが、現在ではボランティアの手によりほとんど復旧している。
H国道473号線より福用駅方面を見る H国道473号線より神尾駅方面を見る
I福用駅(ふくようえき)は、静岡県島田市高熊にある大井川鐵道大井川本線の駅である。
 I島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅自体は無人だが、乗車券の委託販売がある簡易委託駅である。駅舎からホームへの移動は構内踏切を利用する。
J大和田駅(おわだえき)は、静岡県島田市川根町家山にある大井川鐵道大井川本線の駅である。
J単式1面1線のホームを持つ地上駅。無人駅である。
大井川鐵道の大和田駅 - 家山駅間。
 K家山駅(いえやまえき)は、静岡県島田市川根町家山にある大井川鐵道大井川本線の駅である。旧・川根町の中心地にある。
 K島式1面2線のホームを持つ地上駅。有人駅である。留置線を2線有する。駅舎とは千頭よりの構内踏切でつながっている。
L抜里駅(ぬくりえき)は、静岡県島田市川根町抜里にある大井川鐵道大井川本線の駅である。
L単式1面1線のホームを持つ地上駅。
M川根温泉笹間渡駅手前の鉄橋:SLの撮影スポット。
M大井川の鉄橋。
M川根温泉笹間渡駅近くの鉄橋を渡るSL客車内より撮影:SL撮影スポット。
 M川根温泉笹間渡駅(かわねおんせんささまどえき)は、静岡県島田市川根町笹間渡にある大井川鐵道大井川本線の駅である。
M単式1面1線のホームを持つ地上駅。無人駅である。
大井川鐵道の川根温泉笹間渡駅- 地名駅間。
@地名駅(じなえき)は、静岡県榛原郡川根本町地名にある、大井川鐵道大井川本線の駅である。
@地名駅(じなえき)は、島式ホーム1面2線をもつ、列車同士のすれ違いが可能な地上駅である。
 @地名駅北側には全長約7mの非常に短いトンネルが存在する。線路上をまたいでいた貨物索道から線路を保護するために建設されたが、現在その索道は廃止され、トンネル部分のみが残存する格好になっている。駅構内には、「日本一短いトンネル?」と称してこのトンネルの案内看板が立っている。
A塩郷駅(しおごうえき)は、静岡県榛原郡川根本町下泉にある、大井川鐵道大井川本線の駅である。
A単式1面1線のホームを持つ、地上駅。無人駅である。
A塩郷駅近くを走るSL客車内より撮影。 A客車内暖房は効きすぎて眠っている人が多くいる。
A塩郷駅の吊り橋。 A塩郷ダム。
B大井川鐵道の塩郷駅 - 下泉駅間。
B下泉駅(しもいずみえき)南側に位置する鉄橋。
 C下泉駅(しもいずみえき)は、静岡県榛原郡川根本町下泉にある、大井川鐵道大井川本線の駅である。SLが停車する。
大井川鐵道の下泉駅 - 田野口駅間。
C島式ホーム1面2線をもつ、列車同士のすれ違いが可能な地上駅である。
D田野口駅(たのくちえき)は、静岡県榛原郡川根本町田野口にある、大井川鐵道大井川本線の駅である。
D田野口駅(たのくちえき)は、島式ホーム1面1線で駅舎側の1線は撤去されている。
 D田野口駅舎は、1931年(昭和6年)の開業以来の木造駅舎である。1970年に無人化され、乗車券販売窓口が板で塞がれるなどされていたが、昭和時代の雰囲気を残す駅舎を活かし、日本民営鉄道協会との共同事業「駅舎等を対象とするロケーション・サービス推進事業」のモデル駅として、映画やドラマのロケーション撮影誘致のため、2005年に乗車券販売窓口の復元や、木製ベンチの設置、駅舎・ホーム屋根の補修などが行われ、開業当時の姿に復元整備された。
 E駿河徳山駅(するがとくやまえき)は静岡県榛原郡川根本町徳山にある大井川鐵道大井川本線の駅である。SLが停車する。
 E島式ホーム1面2線を持ち列車同士の行き違いが可能な地上駅である。大井川本線の路線を千頭から見ていくと中間駅でははじめての行き違いのできる駅となる。ホームの北側にある駅舎とは遮断機つきの構内踏み切りで結ばれている。 駅舎は木造平屋の古くからのもので瓦葺である。大井川本線では標準仕様の駅舎である。大井川鐵道職員の配置された直営駅で駅舎の中には待合所のほか出札口と改札口も設けられている。
 F青部駅(あおべえき)は、静岡県榛原郡川根本町青部にある、大井川鐵道大井川本線の駅である。徒歩2分のところに、吊橋がある。
F青部駅(あおべえき)は、単式1面1線のホームを持つ地上駅。無人駅である。
F青部駅舎からホームへは、崎平駅寄りの構内踏切を利用する。
G青部駅−崎平駅間の鉄橋。
H崎平駅(さきだいらえき)は、静岡県榛原郡川根本町崎平にある、大井川鐵道大井川本線の駅である。
 H崎平駅単式1面1線のホームを持つ地上駅。無人駅である。 駅舎からホームへは、青部駅寄りの構内踏切を利用する。
I崎平駅−千頭駅間の鉄橋。
J千頭駅(せんずえき)は静岡県榛原郡川根本町千頭にある、大井川鐵道の駅である。
J千頭駅(せんずえき)は寸又峡温泉への玄関口となっている。駅の海抜は299.8mである。
J千頭駅構内の展示車輌。
J千頭駅:大井川鐵道大井川本線終着駅。
 J千頭駅 海抜299.8メートル(300m表記でもOKでは)笑。 J千頭駅構内の展示車輌。
J投炭練習機。 JSLの先頭車両 E102:蒸気機関車の補助機関車。
 J大井川鐵道大井川本線の電化に際し、三菱重工 E102で1949年(昭和24年)に製造された電気機関車。  J国鉄スハ43系客車(こくてつスハ43けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1951年から急行列車用に製造した客車の形式群である。スハフ42形基本番台(1〜335、電気暖房付き車両は製造番号+2000)
J大井川本線用:オハ47形 オハ35形 オハフ33形 スハフ42形 スハフ43形 オハニ36形 。
Jナロ80形 - 西武鉄道サハ1501形を改造した座敷車  ナロ802。
 J国鉄オハ35系客車(こくてつオハ35けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道の前身である鉄道省が製造した20m級鋼製客車の形式群である。
JC108が牽引する客車。 JC108金谷に向けて後ろ向きに走行する。
 JC10形は、1930年(昭和5年)に製造された、日本国有鉄道(国鉄・製造時は鉄道省)の蒸気機関車である。1年間で23両が新製された。製造所は1 - 5号機が川崎車輛(現・川崎重工業)、6 - 23号機が汽車製造であった。
JC108:金谷駅まで石炭を2tほど消費するらしい。 JE102:蒸気機関車の補助機関車。
J金谷駅に向けて後ろ向きに走るのは残念である。 J千頭駅の展示車と南海21001系電車。
 J21001系 - 元南海高野線の急行用車両。通称「ズームカー」。扉間に転換クロスシートの残っていた第1・第2編成の先頭車を譲り受けた。
J南海21001系電車(なんかい21001けいでんしゃ)は、かつて南海電気鉄道に在籍していた通勤形電車。
J井川線(南アルプスあぷとライン)。
 J頭端式ホームの地上駅である。 駅舎は北側にあり、中部の駅百選に選ばれている。 また、駅付近は広大な車庫にもなっている。
 J金谷よりのところに手動の転車台があり、蒸気機関車の向きを変えることができる。構内に土産屋もある。
J千頭駅に展示されている。
大井川鐵道 井川線(南アルプスあぷとライン)へ続く
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』