更新日時 2019年11月26日

ローカル線の旅 飯田線
 飯田線は、愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県上伊那郡辰野町の辰野駅を結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(地方交通線)である。開業・ダム建設輸送・戦時国有化・国鉄分割民営化と、折々の時代の要請の中で愛知県、静岡県、長野県に跨る険しい山岳地帯を貫き全通を果たし、現在も東三河・天竜・中南信の都市農山村を結ぶ路線。起点の豊橋駅から終点の辰野駅を経て長野県の上諏訪駅まで各駅停車で直通する列車もあり、豊橋駅から辰野駅までは約6時間かかるが、一度も乗り換えることなく行くことができる。1983年までは旧形国電の宝庫として鉄道ファンの注目を集め、現在でも天竜川の険しい渓谷を縫うように走る車窓風景や、小和田駅や田本駅などのいわゆる秘境駅の存在から、鉄道ファンや旅行者に人気のある路線である。
JR飯田線
豊橋 - 船町 - 下地 - (平井信号場) - 小坂井 - 牛久保 - 豊川 - 三河一宮 - 長山 - 江島 - 東上 - 野田城 - 新城 - 東新町 - 茶臼山 - 三河東郷 - 大海 - 鳥居 - 長篠城 - 本長篠 - 三河大野 - 湯谷温泉 - 三河槙原 - 柿平 - 三河川合 - 池場 - 東栄 - 出馬 - 上市場 - 浦川 - 早瀬 - 下川合 - 中部天竜 - 佐久間 - 相月 - 城西 - 向市場 - 水窪 - 大嵐 - 小和田 - 中井侍 - 伊那小沢 - 鶯巣 - 平岡 - 為栗 - 温田 - 田本 - 門島 - 唐笠 - 金野 - 千代 - 天竜峡 - 川路 - 時又 - 駄科 - 毛賀 - 伊那八幡 - 下山村 - 鼎 - 切石 - 飯田 - 桜町 - 伊那上郷 - 元善光寺 - 下市田 - 市田 - 下平 - 山吹 - 伊那大島 - 上片桐 - 伊那田島 - (大沢信号場) - 高遠原 - 七久保 - 伊那本郷 - 飯島 - 田切 - 伊那福岡 - 小町屋 - 駒ケ根 - 大田切 - 宮田 - 赤木 - 沢渡 - 下島 - 伊那市 - 伊那北 - 田畑 - 北殿 - 木ノ下 - 伊那松島 - 沢 - 羽場 - 伊那新町 - 宮木 - 辰野 - 川岸 - 岡谷
JR飯田線小和田駅の空撮。
 小和田駅(こわだえき)は、静岡県浜松市天竜区水窪町奥領家にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線の駅である。駅前には何ら施設が無く、また道路が通じていないため自動車では訪問できないことから、鉄道ファンに秘境駅の一つとして認知されている。
 小和田駅構造は単式ホーム1面1線を有する地上駅。豊橋側のトンネル手前に保線車両用の引き込み線が設置されている。中部天竜駅管理の無人駅であり、無人化後も駅舎が残されている。無人駅だが、飯田線秘境駅号が運行される際は列車の運行に合わせて数名の職員が常駐する(ホーム及び駅周辺の案内/誘導のみを行い改札業務は行わない)。かつては相対式ホーム2面2線であったが、2008年(平成20年)1月に片側が使用中止され、単式ホームとなった。使用中止となった側の線路は現在撤去されているが、ホームはそのまま残されている(ただし立入はできない)。
小和田に入線した列車。
小和田駅舎。
小和田駅近くの旧製茶工場跡。
小和田駅近くの旧製茶工場跡。
小和田駅近くの旧製茶工場跡。
小和田駅近くの旧製茶工場跡。
JR飯田線大嵐駅空撮。
 大嵐駅(おおぞれえき)は、静岡県浜松市天竜区水窪町奥領家にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線の駅である。駅前の佐久間ダム湖に架けられたつり橋を渡った愛知県北設楽郡豊根村富山地区(旧・富山村)の玄関口である。豊橋方の大原トンネルは飯田線で最長 (5,063m) である。
 大嵐駅構造は島式ホーム1面2線と側線を持つ地上駅。警報機の付いた構内踏切が平岡方面にある。中部天竜駅管理の無人駅である。トンネルに挟まれており、分岐器もトンネル内にある。(大原トンネル側は佐久間ダムにより水没した旧線の付け替えのため急カーブとなっている)旧・富山村が交付税3000万円を使い、東京駅を模した駅舎を1997年(平成9年)に建設した。この駅舎は「みんなの休む処」と名付けられている。
大原トンネルは飯田線で最長 (5,063m) 小和田駅側のトンネル。
大嵐駅には無料のレンタサイクルが置いてある。
天竜川に降りる階段。
天竜川に降りる階段。
天竜川に降りる階段。
天竜川に架かる鷹巣橋。
JR飯田線の旧大嵐駅跡。
飯田線の旧線跡の第一夏焼隧道。
飯田線の旧線跡の第二夏焼隧道。
飯田線の旧線跡の第二夏焼隧道。
飯田線の旧線跡の第二夏焼隧道。
飯田線の旧線跡の第二夏焼隧道より先は通行止め。
戻る Copyright (C) 2008-2019 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『浜松市』を掲載」