更新日時 2008年11月01日

 漁川ダム(いざりがわダム)は、北海道恵庭市(石狩支庁)漁平地先、一級河川・石狩川水系千歳川左支漁川に建設されたダムである。
 国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部が管理する特定多目的ダム。堤高45.5mで中央部に粘土など水を通さない壁(遮水壁)を設ける「中央土質遮水壁型ロックフィルダム」という型式のダムである。治水を主目的に千歳川流域に建設された唯一の多目的ダムで、恵庭市・千歳市などの水がめでもある。ダム湖によって生成された人造湖はえにわ湖と呼ばれる。 
 漁川ダムは1971年(昭和46年)から建設が開始され9年の歳月を掛け、1980年(昭和55年)に完成した。漁川合流点より下流の千歳川及び石狩川の洪水調節、既得農業用水利権分の取水量維持のための不特定利水、恵庭市・千歳市・江別市・北広島市への上水道供給が目的である。完成後はダム湖のえにわ湖、ダム下流の公園等が恵庭市民憩いの場となっている。
漁川ダム えにわ湖 桜公園
えにわ湖 桜公園
ダムには必ずこの様な入口がある・・・一度入ってみたいどうなっているのだろう?
漁川ダム石版 漁川ダム周辺マップ
ダム堤
放水路
定礎 昭和51年10月4日 漁川ダムより えにわ湖 桜公園を見る
えにわ湖
ダム堤
管理室のダム情報表示板 管理室の展示室
管理室の展示室
管理室の展示室 :北海道恵庭市漁平
位置 北緯42度50分44秒 東経141度26分53秒
河川 石狩川水系千歳川左支漁川
ダム湖 えにわ湖  形式 中央土質遮水壁型
ロックフィルダム  ダム諸元
堤高 45.5 m  堤頂長 270.0 m  堤体積 647,000 m³
総貯水容量 15,300,000 m³
有効貯水容量 14,100,000 m³
流域面積 113.3 km²  湛水面積 110.0 ha
利用目的 洪水調節・不特定利水・上水道
事業主体 国土交通省北海道開発局
(石狩川開発建設部)
施工業者 地崎工業・ハザマ
着工年/竣工年 1971年/1980年
戻る  Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
漁川ダム(いざりがわダム)