更新日時 2015年01月28日

岡山県高梁市 黒鳥ダム
 黒鳥ダム:高梁川は岡山三大河川の1つであり、特に河口部は水島臨海工業地域等があり工業生産が盛んな地域である。戦後急速に工業地域は拡大して行くがこれに対応できるだけの電力供給のための整備は遅れていた。田原ダム(重力式コンクリートダム・41.0m)新成羽川ダムとの間で自流混合式揚水発電を行い、認可出力は303,000kWと当時としては西日本最大の水力発電所であった。更に下流には放流した水量を調整し河川流量維持と発電を効率化するための逆調整池として黒鳥ダム(重力式コンクリートダム・15.5m)を設けた。3ダムとも1968年(昭和43年)に完成し、以後備中地域の電力需要に貢献をしている。
黒鳥ダム
岡山県高梁市備中町長屋
河川:高梁川水系成羽川
目的:発電
型式:重力式コンクリート
堤高:15.5m
堤頂長:122m
堤体積:12,000立方m
流域面積:710平方km
湛水面積:73ha
総貯水容量:1,280,000 立方m
有効貯水容量:960,000 立方m
ダム事業者:中国電力(株)
本体施工者:五洋建設
着手:1965年(昭和40年)
竣工:1968年(昭和43年)
黒鳥ダム堤頂。
堤頂長:122m。
このダムも乗用車の通り抜けは難しいようだ。堤長には軽自動車の跡?
洪水吐きゲート。
鋼製ローラーゲート6門。
昭和43年9月製作。
三井造船。
水位の段差が解る。
黒鳥ダムの排水口。
黒鳥ダムの取水口で渦巻きが出来ている。
黒鳥ダムのダム湖。
黒鳥ダム堤頂。
堤頂長:122m。
黒鳥ダム堤頂。
堤頂長:122m。
黒鳥ダムのダム湖側より見る。
戻る  Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』