更新日時 2019年03月18日

飯能市 有間ダム
 有間ダム(ありまダム)は、埼玉県飯能市下名栗にあるダム。 入間川支流の有間川下流に1986年(昭和61年)完成した多目的ダム。埼玉県営の第1号ダムとなっている。ダム湖は名栗湖と名付けられた。周辺には日帰り入浴施設「さわらびの湯」、名栗カヌー工房、有間渓谷観光釣場がある。
@飯能市 有間ダム
河川名:入間川右支川有間川
位置:埼玉県飯能市大字下名栗
ダム湖名:名栗湖
型式:中央土質遮水壁型ロックフィルダム
集水面積:16.9平方キロメートル
堤高:83.5m
A堤頂長:260.0m
堤頂幅:10.0m
堤体積:1,690,000立方m
堤体勾配:上流1対3.0下流1対2.1
湛水面積:33.5ha
サーチャージ水位:標高311.5m
常時満水位:標高311.5m
洪水期制限水位:標高294.5m
堆砂面:標高274.5m
総貯水容量:7,600,000立方m
有効貯水容量:7,250,000立方m
堆砂容量:350,000立方m
A有間ダム左岸のリムトンネル。
B有間ダムのダム湖(名栗湖)
B有間ダムの下流側。
C有間ダムの堤頂長:260.0m。
C有間ダムの右岸から堤体を見る。
D有間ダムの取水口。
取水設備:高圧スライドゲート7門。
主ゲート:ジェットフローゲート
副ゲート:高圧スライドゲート
選択取水設備は、標高の異なる7孔の取水口をゲートの開閉により選択出来る設備で、下流の農漁業や環境にも適した層の水を放流することが出来る。
D有間ダムのダム湖(名栗湖)及びロックフィルダムの堤体。
D有間ダムの管理事務所。
Copyright (C) 2008-2019 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『飯能市』を掲載」