更新日時 2019年08月13日

北海道電力 層雲峡発電所本流ダム
 層雲峡発電所本流ダム:北海道川上町に設置されている北海道電力のダム。高さ10m。ダム水路式で約10km下流の層雲峡発電所に水が送られ発電している。取水量18立米/s。貯留量400,000立米。1級河川石狩川水系石狩川。1954年完成。層雲峡発電所は1954年運転開始。23,800Kw。ダムとの表記だが現在は15m以下は堰に分類。河川の流水を貯留し又は取水するため第26条1項の許可を受けて設置するダムで基礎地盤から堤頂までの高さが15m以上のものをダムと定義している(利水ダム)。このため高さ15m未満のダムについては、「ダムに関する特則」の適用対象とならず、「堰」(せき)として扱われる。
Copyright (C) 2008-2019 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『上川町』を掲載」