更新日時 2019年12月31日

芋洗谷ダム
 芋洗谷ダムは宮崎県西臼杵郡高千穂町押方に建設されたダム。曲線非溢型コンクリート重力式ダムで朝顔型洪水吐(グローリーホール)がある珍しいダム。1930年4月竣工で施工は鉄道工業。民間企業所有ダムで当初の事業者は日本窒素肥料株式会社で現在はJNC株式会社が事業者。JNC株式会社は、日本の化学メーカーである。チッソ株式会社の完全子会社。2011年1月12日にチッソの子会社として設立された後、2011年3月31日にチッソから事業譲渡を受けて翌4月1日に営業を開始した。チッソによると、JNCには「Japan New Chisso」の意味が込められている。 安定した収益をもたらす水力発電事業は引き続き行う。土木学会の日本の近代土木遺産現存する重要な土木構造物2800選に選定されている。
@芋洗谷ダムの堤体。ユーチューブ動画リンク
@芋洗谷ダムの堤体。
@芋洗谷ダム。
@芋洗谷ダム。
A芋洗谷ダムの堤体。
A芋洗谷ダムの堤体。左側にグローリーホール(朝顔型洪水吐)が見える。
B芋洗谷ダムの堤体。
B芋洗谷ダムの堤体。
B芋洗谷ダム。
B芋洗谷ダム。
B芋洗谷ダム。湖面の水位と同じだから水位計測場?
Copyright (C) 2008-2020 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『高千穂町』を掲載」