更新日時 2015年02月07日

 井笠鉄道は、かつて岡山県笠岡市の笠岡駅と井原市の井原駅を結んでいた井笠鉄道の鉄道路線である。開業時は1日6往復、おおむね2時間から3時間間隔で運転され、所要時間は1時間22分であった。「軌道自動車」の導入開始時には従来の蒸気機関車牽引列車の運行本数はそのままに、その間隙を突く形で1日8往復を増発、この時代の非電化地方私鉄としては異例の高頻度運転を実現している。戦時中は燃料不足から気動車列車が減便され、1日8往復、所要時間は1時間9分から1時間11分であった。戦後の気動車化前は1日に旅客11往復、貨物1往復が設定されていた。これに対し、気動車化後は1日18往復前後、おおむね朝夕40分毎、日中60分毎の間隔で運転され、気動車の出力向上によるスピードアップもあって所要時間は41分から50分程度に短縮された。1971年(昭和46年)4月1日 全線が廃止。
井笠鉄道 本線(廃線)
笠岡駅 - 鬮場駅 - 大井村駅 - 小平井駅 - 吉田村駅 - 新山駅 - 北川駅 - 薬師駅 - 木之子駅 - 七日市駅 - 井原駅
井笠鉄道 矢掛線
北川駅 - 備中小田駅 - 毎戸駅 - 本堀駅 - 川面駅 - 矢掛駅
 @笠岡駅(かさおかえき)は、岡山県笠岡市笠岡にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線の駅である。快速「サンライナー」の全列車が停車する。山陽本線では岡山県最西端であるため、2009年から行楽時に限り岡山支社が発売する企画乗車券のうち「岡山県内おでかけパス」など岡山県内を対象とするものはこの駅より東側の区間でしか使えない。(岡山支社の区間すべてを対象とするものならば、さらに西の山陽本線糸崎駅や福塩線府中駅まで使用可能。)
 @笠岡駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式ホームの1番のりば側にあり、島式ホームの2・3番のりばへは跨線橋で連絡している。跨線橋には、エレベータが設置されている。北口(正面)はあるがその他の出入口はない。
A井笠鉄道の笠岡駅 - 鬮場駅間の廃線跡。
B井笠鉄道の笠岡駅 - 鬮場駅間の廃線跡。
C井笠鉄道の笠岡駅 - 鬮場駅間の廃線跡。
D井笠鉄道の笠岡駅 - 鬮場駅間の廃線跡。
E井笠鉄道の 鬮場駅跡。
F井笠鉄道の鬮場駅 - 大井村駅間の廃線跡。
G井笠鉄道の鬮場駅 - 大井村駅間の廃線跡。
H井笠鉄道の鬮場駅 - 大井村駅間の廃線跡。
I井笠鉄道の鬮場駅 - 大井村駅間の廃線跡。
J井笠鉄道の鬮場駅 - 大井村駅間の廃線跡。
K井笠鉄道の鬮場駅 - 大井村駅間の廃線跡。
L井笠鉄道の鬮場駅 - 大井村駅間の廃線跡。
M井笠鉄道の大井村駅跡。
N井笠鉄道の大井村駅 - 小平井駅間の廃線跡。
O井笠鉄道の大井村駅 - 小平井駅間の廃線跡。
O井笠鉄道の大井村駅 - 小平井駅間の廃線跡。井笠鉄道の境界杭
P井笠鉄道の大井村駅 - 小平井駅間の廃線跡。
Q井笠鉄道の大井村駅 - 小平井駅間の廃線跡。
R井笠鉄道の小平井駅跡。
R井笠鉄道の小平井駅跡に展示されている写真。
S井笠鉄道の小平井駅 - 吉田村駅間の廃線跡。
@井笠鉄道の小平井駅 - 吉田村駅間の廃線跡。築堤が残る。
A井笠鉄道の小平井駅 - 吉田村駅間の廃線跡。この先は県道48号線に転用。
B井笠鉄道の吉田村駅跡。県道48号線に転用。
C井笠鉄道の吉田村駅 - 新山駅間の廃線跡。県道48号線に転用。
D井笠鉄道の吉田村駅 - 新山駅間の廃線跡。県道48号線に転用。
 E井笠鉄道の新山駅跡。笠岡市井笠鉄道記念館。とは、岡山県笠岡市山口1457-8にある鉄道保存展示施設。元は井笠鉄道本線の新山駅(にいやまえき)であった。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている蒸気機関車。1号機関車。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されているホハ1 木造客車。1913年、日本車輌製。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されているホワフ1 木造貨車。1914年、日本車輌製。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている鉄道関連の展示品。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている鉄道関連の展示品。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている鉄道関連の展示品。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている井笠鉄道の当時の写真。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている井笠鉄道の当時の写真。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている井笠鉄道の当時の写真。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている井笠鉄道の当時の写真。
E笠岡市井笠鉄道記念館に展示されている井笠鉄道の当時の写真。
F井笠鉄道の新山駅 - 北川駅間の廃線跡。県道48号線に転用。
G井笠鉄道の新山駅 - 北川駅間の廃線跡。県道48号線に転用。
H井笠鉄道の北川駅跡。県道48号線に転用。
I井笠鉄道の北川駅 - 備中小田駅間の廃線跡。川を渡る築堤が一部残る。
J井笠鉄道の備中小田駅跡。この先は井原鉄道井原線に転用。
K小田駅(おだえき)は、岡山県小田郡矢掛町小田にある、井原鉄道井原線の駅。
 K小田駅構造は神辺方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を有する築堤上の高架駅(停留所)。ホーム下の南東寄りに駅舎があるが、窓口はレンタサイクルの事務所となっており、出札業務は行われていない。また、自動券売機も設置されておらず、ホームへも駅舎を介さず出入り可能である。
L井笠鉄道の毎戸駅跡。井原鉄道井原線に転用
M井笠鉄道の本堀駅跡。井原鉄道井原線に転用。
N井笠鉄道の川面駅跡。井原鉄道井原線に転用。
O井笠鉄道の川面駅 - 矢掛駅間の廃線跡。ここから廃線跡は井原鉄道と分岐して行く。
P井笠鉄道の川面駅 - 矢掛駅間の廃線跡。道路に転用。
Q井笠鉄道の川面駅 - 矢掛駅間の廃線跡。この先はバスターミナル。
R井笠鉄道の矢掛駅跡。
@井笠鉄道の北川駅 - 薬師駅間の廃線跡。
A井笠鉄道の薬師駅跡。
B井笠鉄道の薬師駅 - 木之子駅間の廃線跡。
C井笠鉄道の薬師駅 - 木之子駅間の廃線跡。
D井笠鉄道の薬師駅 - 木之子駅間の廃線跡。
E井笠鉄道の木之子駅跡。
F井笠鉄道の木之子駅 - 七日市駅間の廃線跡。
G井笠鉄道の木之子駅 - 七日市駅間の廃線跡。
H井笠鉄道の木之子駅 - 七日市駅間の廃線跡。
I井笠鉄道の七日市駅跡。
J井笠鉄道の七日市駅 - 井原駅間の廃線跡。
K井笠鉄道の井原駅跡。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 井笠鉄道