更新日時 2017年05月07日

廃線探索 未成線 今福線
 今福線:三段峡駅から先の区間は、1974年に全線で工事に着手した。三段峡駅の先では、全長が10km近い三段峡トンネルが計画されており、試掘坑の掘削に着手されていた。しかし国鉄再建法に基づいて1980年に新線建設が凍結されたため、工事は中止された。この時に建設された試掘坑は現在中国醸造の焼酎等の保管施設として利用されている。当初は下府駅を終点とする計画であった。旧線区間の石見今福 - 下府間は太平洋戦争前に着手され、大半のトンネルと橋梁が完成していたが、戦時供出によりレールの敷設ができず、その後の水害で路盤が崩壊してしまった。戦後建設を再開するに当たり、当初はこの旧線を手直しして使用することになったが、急こう配や急カーブを理由にこの案は破棄されて上記の浜田駅までの新線ルートとなった経緯が存在する。また、新線建設にあたり旧線の路盤を一部切り崩して新線の路盤とした区間が存在する。工事凍結後、旧線の一部のトンネルが道路として使用されていたが、老朽化や行き違いトラブルなどにより現在は閉鎖された。道路に転用されなかったトンネルも、立地が非常に危険で到達困難な場所に存在するか、フェンスにより立ち入りが禁止された状態となっている。旧線の橋梁には、工事が戦時中だったため鉄の節約目的でコンクリートアーチ橋がいくつか採用されており、2008年にそのアーチ橋群が土木学会選奨土木遺産に指定された。
新線
三段峡駅 - 橋山駅 - 芸北駅 - 波佐駅 - 徳田駅 - 旭町駅 - 石見今福駅 - 浜田駅
旧線
三段峡駅 - 橋山駅 - 芸北駅 - 波佐駅 - 徳田駅 - 旭町駅 - 石見今福駅 - 下佐野駅 - 有福駅 - 上府駅 - 下府駅
 浜田駅(はまだえき)は、島根県浜田市浅井町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅である。鉄道敷設法には広島駅 - 当駅間の鉄道が記載され、今福線として建設されていたが国鉄再建法で工事が凍結され、三段峡駅まで開通していた区間も2003年(平成15年)に廃止された。
 浜田駅構造は単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ。ホームは地上だが改札はホームを跨ぐ橋上に設置されている。ホーム間の連絡は階段と通路を使用する。2009年(平成21年)11月、旧貨物ホーム跡に浜田医療センターが移転し駅舎と通路でつながった。
今福線(広浜線)新線の石見今福駅 - 浜田駅間のルート予測図。
 @下府駅(しもこうえき)は、島根県浜田市下府町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅である。
 @下府駅構造は相対式ホーム2面2線と保線用の側線1線を有する、行き違い可能な地上駅。駅舎は上りホーム側にあり、下りホームへは地下道で連絡している。ホーム上の待合室は一時期扉と窓が撤去された吹きさらし状態だったが、2008年(平成20年)5月に再び設置された。浜田鉄道部管理の無人駅だが、かつては当駅にも駅員が配置されていた。乗車駅証明書発行機も撤去された。
 @下府駅は、かつて下りホームの向こう側から線路を敷設し、可部線とつなげて「今福線」という陰陽連絡線を建設することが計画されたが、戦時中であったためあとはレールを敷くだけになっていた路盤(下府駅 - 今福駅間)に工事ができず、その後の水害で路盤が崩壊し未成線となった。その後は浜田駅から新線を建設することとされたが、当時の国鉄の赤字によりこれも完成しなかった。
A今福線旧線の上府駅 - 下府駅間の廃線(未成線)跡。道路の片側に橋台が残る。
B今福線旧線の上府駅 - 下府駅間の廃線(未成線)跡。廃線(未成線)跡はこの先道路に転用。
B島根県浜田市が今福線の活用を掲げ、今福線マップやバイオトイレ整備などを行っている。
C今福線旧線の上府駅 - 下府駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡は道路に転用。
D今福線旧線の上府駅 - 下府駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡は道路に転用。
E今福線旧線の上府駅 - 下府駅間の廃線(未成線)跡。この先廃線跡は住宅になっている。
F今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。
F今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。上府第1トンネルの上府駅側。
F今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。上府第1トンネルの上府駅側。
F今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。上府第1トンネルの有福駅側。
G今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。上府第2トンネルの上府駅側。
H今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。上府第2トンネルの有福駅側。
I今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。
J今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。有福第1トンネルの上府駅側。
J今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。有福第1トンネル内部。
K今福線旧線の有福駅 - 上府駅間の廃線(未成線)跡。有福第1トンネルの有福駅側。
M今福線旧線の有福駅予定地跡。
M今福線旧線の有福駅予定地跡。
N今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。有福第3トンネル。
N今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。橋脚が2基残る。。
O今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。有福第3トンネル。
O今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。有福第3トンネル。
O今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。有福第3トンネル。
O今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。この先橋脚が1基残る。
O今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。橋脚が1基残る。
P今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。橋脚が1基残る。
Q今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第1トンネルの有福駅側。
 R今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第1トンネル内部は泥のダムが出来ている。野鳥の会の長靴では足りなかった。着替えを持ってきたので着替えて、ジーパンは川で洗いました。
 R今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。壁面からしみ出した泥が蓄積してトンネル内でダムを形成していた。途中で深くなってきたので泥の陸地に上がろうとしたが、固そうに見えたがずぶずぶで、長靴の上まで越してしまったので諦めてそのまま進行した。
R今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第1トンネル内部は水没しています。
S今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第1トンネル坑口。
S今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第1トンネル案内板とアクセス階段。
S今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。ちょっと位置がずれました(笑)
S今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。千谷橋の橋脚。
@今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。
A今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。この先道路に転用。
B今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。5連アーチ橋。
B今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。関西のテレビ局も撮影に来ています。
B今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福線の橋梁を利用し道路を拡幅。
C今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。
C今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第3トンネルの有福駅側。
D今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第3トンネルの下佐野駅側。
E今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。4連アーチ橋。
E今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第4トンネルの有福駅側。
F今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第4トンネルの下佐野駅側。
F今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。1連アーチ橋。
テレビ撮影時に関西の乗りで「転ける」を期待しましたが・・・渡りきって皆さんから「あ〜あ」の声が(笑)
F今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。1連アーチ橋の先は藪漕ぎが必要ですね。
G今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。橋台と橋脚が残る。
G今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第5トンネルの有福駅側。
JR西日本の地震計が設置されている。今福線のトンネルの中で唯一活用されている。
G今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。今福第5トンネルの下佐野駅側。
G今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。橋台及び橋脚が残る。
H今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡は道路に活用。
I今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡は農道に活用。
J今福線旧線の下佐野駅 - 有福駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡はこの先道路に転用。
K今福線旧線の下佐野駅予定地跡。
L今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
M今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。めがね橋(おろち泣き橋)
M今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
めがね橋(おろち泣き橋)は場所により川の流れの音が大きく聞こえる場所があります。
N今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
O今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
P今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
Q今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
R今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
R今福線旧(新)線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。新線と旧線の合流地点。
R今福線旧(新)線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。新線と旧線の合流地点。
S今福線旧(新)線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
S今福線旧(新)線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
低い方が旧線。カルバートの上は新線。
@今福線旧(新)線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。谷側が旧線。
A今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
ここから先は通常立入禁止の為特別の許可を得て撮影しています。
A今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
B今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。下長屋トンネルの下佐野駅側。
B今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
C今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
C今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
D今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
E今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
E今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。保線小屋予定跡か?
F今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
G今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
H今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。橋梁が残る。
I今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。今福第6トンネルの石見今福駅側。
I今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。今福第6トンネルの下佐野駅側。
J今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。橋梁が残る。
K今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。路盤跡が川になっている。
L今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
M今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡はこの先道路に転用。
N今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡は道路に転用。
O今福線旧線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。廃線跡は道路に転用。
P今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。下長屋トンネルの石見今福駅側。
P今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。下長屋トンネルの石見今福駅側。
Q今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。
R今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。新線と旧線の合流地点。
S今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。今福橋梁。
S今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。今福橋梁。
S今福線新線の石見今福駅 - 下佐野駅間の廃線(未成線)跡。今福橋梁。
@今福線の工事起工地点跡。
A今福線の工事起工地点跡。旧国鉄の境界杭が残る。
B今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。丸原トンネルの石見今福駅側坑口。
B今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。丸原トンネルの石見今福駅側坑口。
B今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。丸原トンネルの石見今福駅側坑口。
B今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。蝙蝠のコロニーがトンネルの中に。
C今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。丸原トンネルの旭町駅側坑口。
C今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。白角橋梁。
C今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。
D今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。寺廻橋梁。
D今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。寺廻橋梁。
D今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。御神本トンネルの石見今福駅側坑口。
E今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。御神本トンネルの旭町駅側坑口。
F今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。御神本橋梁。
F今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。御神本橋梁。水路に境界杭。
F今福線新線の旭町駅 - 石見今福駅間の廃線(未成線)跡。この先のトンネルは未着工。
F今福線新線の芸北駅予定地跡。地元の人がここが予定地跡と言っていた。痕跡は残っていない。
F今福線新線の橋山駅 - 芸北駅間の廃線(未成線)跡。道路に転用されている。
G今福線新線の三段峡駅 - 橋山駅間の廃線(未成線)跡。工事用の斜坑が残る。
G斜坑は数m先で水没している。斜坑には白い蛇が守り神として住んでいる。
H今福線新線の三段峡駅 - 橋山駅間の廃線(未成線)跡。トンネルが残る。
H今福線新線の三段峡駅 - 橋山駅間の廃線(未成線)跡。トンネル跡はお酒の貯蔵庫になっている。
 I三段峡駅(さんだんきょうえき)は、広島県山県郡戸河内町(現在の安芸太田町)滝川1738にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)可部線の駅(廃駅)である。同線の終着駅であったが、可部線の非電化区間の廃線に伴い2003年(平成15年)12月1日に廃止された。駅構造は単式ホーム1面1線を持つ地上駅であった。駅北端の線路終端部分には第4種車止めが設置されていた。また、本線の外側に側線を1本有していたが、両端とも本線から分岐するポイントを含む数メートルの線路が残るのみで、中間の大部分が撤去されており機能していなかった。駅舎は観光地三段峡への入り口駅らしくコンクリート造り二階建てで斜めになった屋根を持つ大きなものであった。この駅は廃止まで簡易委託駅であり、委託駅員がピンク色の常備軟券を販売する出札窓口があった。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『浜田市・北広島町・安芸太田町』を掲載」