更新日時 2010年12月12日

 The Bedford to Northampton Line was a branch of the Midland Railway which served stations in three counties: Northampton and Horton in Northamptonshire, Olney in Buckinghamshire and Turvey and Bedford in Bedfordshire, England. Opened in 1872, the intermediate stations closed to passengers in 1962, leaving a small section between Northampton and Piddington station to remain open until 1981 for the purposes of the Ministry of Defence establishment. The track remains down on another small section of the line between Northampton and Brackmills. The reopening of the line has been proposed by the Bedfordshire Railway & Transport Association.
 The county towns of Northampton and Bedford were linked in 1872 by a 21 miles (34 km) line constructed by the Bedford & Northampton Railway Company. This company was quickly absorbed by the Midland Railway which constructed an imposing and centrally-located station at the line's northern terminus in Northampton. This was Northampton St. John's Street which was built in the grounds of a former priory. St. John's station closed in 1939 and from then onwards services ran into Northampton Castle. The other stations on the line - Piddington, Olney and Turvey - were also imposing structures, although not always conveniently sited for the settlements they were supposed to serve. Piddington station was in fact closer to Horton than Piddington. These stations were closed to passengers in 1962, but the line remained open to serve the Ministry of Defence's store in Piddington, the Ministry itself administering the line from 1968 until 1981. Most of the track on this section of the line had been lifted by 1986, but a small section between Northampton and the Brackmills Industrial Estate remains down to serve the rail plant manufacturer Geismar, the last customer for this line. The site at Brackmills, a yard at Claughton Road in railway use since 1888, was used until 1994 for the assembly and distribution of track panels, but became redundant with the advent of welded track.
 ベッドフォード・ノーサンプトン線は、3つの郡(ノーサンプトンシア郡のノーサンプトン町とホートン町、バッキンガムシア郡のオルニー町、ベッドフォードシア郡のターベイ町とベッドフォード町)に駅が有るミッドランド鉄道の支線でした。1872年に開業。中間駅は1962年に旅客営業休止。ノーサンプトンとピディングトン駅間の短い区間が英国防省設立のために1981年まで残っていたが全線廃止。鉄道線路はノーサンプトンとブラックミルズの間に線路が残っていますがその他は残っていません。ベッドフォード・ノーサンプトン線の再開はフォードシア郡の鉄道と輸送協会によって提案されている。
 1872年にベッドフォード・ノーサンプトン鉄道によってノーサンプトンからベッドフォードまでの21マイル(34km)の線が建設された。同社は、ミッドランド鉄道によってすばやく併合されベッドフォード・ノーサンプトン線の北側終点に印象的で中心に位置している駅を建築した。これは、聖ヨハネ修道院の敷地内に造られたノーサンプトン聖ヨハネストリート駅でした。セント・ジョンズ駅は1939年に廃止、それ以降のサービスはノーサンプトン城駅に変更。他の駅(ピディングトン駅、オルニー駅ターベイ駅)は印象的な構造でした、もっとも、それらの駅は便利な位置に駅が有りませんでした。実際に ピディングトン駅はピディングトン町よりホートン町の近くにありました。これらの駅は1962年に旅客営業休止、しかし、ピディングトン(1968年から1981年まで線を英国防省が管理する)までは英国防省が利用し路線は残っていました。 この線路の大部分は1986年まで残りましたが、ノーサンプトンとブラックミルズ工業団地間の一部を残して、ガイスマー社は最後の顧客にレールプラントに役立つように撤去しました。ブラックミルズの現場ではクロートンロード構内の線路を1888年〜1994年まで組立とトラックパネルの仕分けに使用しましたが。しかし溶接レールの出現により余分になりました。(自動翻訳機能を利用し自分なりに解釈した訳ですので間違いが有るかもしれません。英語の得意な方は間違いを指摘して頂いたら訂正します)
ベッドフォード・ノーザンプトン線。
ベッドフォード・ノーザンプトン線の1961年時刻表と運賃。
 @Northampton railway station is a railway station serving the large town of Northampton and other parts of Northamptonshire in England. Other parts of South Northamptonshire are better served by Kings Sutton, Banbury and Milton Keynes Central stations.The station is served by London Midland local services southbound to London and northbound to Birmingham New Street and Crewe, on the Northampton Loop of the West Coast Main Line. Virgin Trains also run infrequent fast services to and from London and Birmingham. These services only operate at the extremes of the day.
 @ノーサンプトン駅は、イギリスにあるノーサンプトンの大きな町とノーサンプトンシア郡の他の町で利用されている駅です。 ノーサンプトンシア郡南部の他の地域はキングスサットン駅、バンベリー駅、ミルトンケインズセントラル駅を利用する方が便利です。ノーサンプトン駅は、ウエストコースト本線のノーサンプトン環状線で南行きはロンドンのロンドンミッドランドへ、北行きはバーミンガムニューストリートとクルーへ。 また、始発はバーミンガムとロンドンから特急が走ります。これらのサービスは1日の1本だけです。(自動翻訳機能を利用し自分なりに解釈した訳ですので間違いが有るかもしれません。英語の得意な方は間違いを指摘して頂いたら訂正します)
Aノーザンプトン駅から現役のラインと廃線のラインが分かれます。
A左が廃線のThe Bedford to Northampton Lineです。
AThe Bedford to Northampton Lineのノーザンプトン駅と思われます。
BThe Bedford to Northampton Lineの橋梁も残っています。
BThe Bedford to Northampton Lineの橋梁の下側です。
BThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。
BThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。
BThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。
CThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。
CThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。煉瓦造りの橋梁が残っています。
DThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。レールも残っています。
EThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。レールも残っています。
Fこれは保線用の台車(トロッコ)でしょうか?
GThe Bedford to Northampton Lineの駅跡でしょうか?
HThe Bedford to Northampton Lineの廃線跡。 H踏切の機械が残っている。
H道路を横断するレールと踏切の信号機が残っている。
H道路を横断するレールと踏切の信号機が残っている。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 Bedford to Northampton Line