廃線探索 恵庭森林鉄道

更新日時 2009年12月01日

 恵庭森林鉄道は、二路線36.4kmのナローゲージ。恵庭駅‐漁川上流俗称「滝の上」間29.7kmの本線のうち13.6kmは、王子製紙が漁川発電所建設のため昭和4年に敷設した作業軌道。札幌地方帝室林野局が6年に購入、4次にわたり延長した。北海道唯一のインクライン(つるべ式索道鉄道)が有名。廃止は30年11月。恵庭市の漁川流域は森林資源に恵まれ、DL牽引の森林鉄道が発達した。最終地はJR恵庭駅にあり、ここの土場に大量の木材が積まれた。森林鉄道は15kmあり、幾つかの高架橋や分岐を経て奥(バケの沢)へ侵入していた。途中、段差のあるギャップがあり、ここに日本でも珍しい、インクラインが掛けられ、木材貨車が釣瓶式に上下した。恵庭市博物館にはこの機関の模型が展示されている。
恵庭森林鉄道 インクライン
@JR恵庭駅 AJR千歳線 漁川鉄橋
B恵庭市漁川河川緑地交通公園
C漁川発電所(王子製紙株式会社 苫小牧工場発電用)
D道路の左側が廃線跡(JR恵庭駅方面を見る)
E恵庭森林鉄道の廃線跡(看板あたり) F恵庭森林鉄道の廃線跡
F水道橋の左側に恵庭森林鉄道の橋が有った場所 F右側に見えるコンクリートが橋の橋台
F漁川の橋が有った場所 F左側に見えるコンクリートが橋の橋台
F左側が廃線跡 F門の右側が廃線跡(自衛隊の演習場入口)
F左側が廃線跡(えにわ湖側を見る) G廃線跡が少し山になった部分
H廃線跡には笹藪が・・・ H少し盛り上がったところが廃線跡
I恵庭森林鉄道の橋と思われる
J川の奥に橋が見える J道路側から見た橋
K川の左側の笹藪が廃線跡と思われる K笹藪が廃線跡と思われる
L恵庭発電所 L恵庭発電所入口
L恵庭発電所入口 M恵庭発電所の吊り橋
M恵庭発電所(王子製紙株式会社 苫小牧工場発電用)
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』