更新日時 2016年03月24日

 東塩尻信号場(ひがししおじりしんごうじょう)は、かつて長野県塩尻市に存在した日本国有鉄道(国鉄)中央本線の信号場である。電報略号は、ヒリ。1906年(明治39年)6月11日の小野 - 塩尻間開通後、1939年(昭和14年)に輸送力増強のためスイッチバック式の信号場を設置した。設置から10年後に、東塩尻地区の住民の利便性をはかるため、信号場のまま仮乗降場扱いで旅客扱いも行うようになり、信号場ながら乗車券の発売も行っていた。ただし、営業キロの表示は無く、「東塩尻から」ではなく、塩尻方へは小野駅からの扱いだった。1983年(昭和58年)7月、みどり湖(塩嶺トンネル)経由の新ルート開業、在来区間(辰野経由)の支線化に伴い、信号所の北東の新線上に開業したみどり湖駅にその役割を譲り同年10月に廃止された。1983年(昭和58年)までの地図には「東塩尻駅」として掲載されている。スイッチバック式で、着発線が2線あった。ホームは短く1両分程度の長さしかなかった。しかし停車列車はすべてのドアを開けるため、乗車位置によってはホームの無い所に飛び降りる必要があった。辰野方にトンネルがある。
2010年04月10日探索:中央本線旧線(鳥沢駅-猿橋駅)
2011年08月14日探索:中央本線旧線(甲斐大和駅-勝沼ぶどう郷駅)
2014年08月16日探索:中央本線旧線(穴山駅-日野春駅)
2014年03月23日探索:中央本線旧線(小淵沢駅-信濃境駅)
2014年08月16日探索:中央本線旧線(信濃境駅-富士見駅)
2014年08月16日探索:中央本線旧線(東塩尻信号場)(2016年03月23日探索)
2013年09月21日探索:中央本線旧線(南木曽駅 - 田立駅)
 @みどり湖駅(みどりこえき)は、長野県塩尻市大字上西条にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の駅である。1983年(昭和58年)7月5日 - 国鉄の駅として開業。旅客営業のみ。塩嶺トンネル開通により、従来、辰野を経由していた本線を当駅経由に変更。それに伴い、中央本線の特急列車を始め、普通列車の大半が当駅を経由することになる。なおそれまで、辰野経由の旧線上に存在した東塩尻信号場(この年10月に廃止)が仮乗降場として旅客扱いを行っており、この駅はその代替の意味も持っていた。
 @みどり湖駅構造は相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。ホームは嵩上げされていない。線路は掘割部分に南東から北西に走る。ホームはそれぞれ階段で直接公道に接続しており、各ホームを往来する場合には線路を跨ぐ公道の橋を利用する。岡谷方から塩尻方を見て左側のホームに下り(塩尻方面)の列車が発着し、同じく右側のホームに上り(岡谷方面)の列車が発着する。下りホームにはこの駅が設置されたことを記念する石碑がある。塩尻駅管理の無人駅で、駅舎はない。各ホームには待合所と、乗車駅証明書発行機、自動券売機(オレンジカード等使用不可、近郊用の普通乗車券専用)が1台ずつ設置されている。列車が来ることを予告する放送は流れるが、発車ベルはない。バリアフリー設備(エレベーター、エスカレーター等)も設置されていない。トイレは上りホーム入口、塩尻東保育園付近の公衆トイレが利用できる。駅の場所は狭く入り組んだ所にあり、車でも行けるが非常にわかりにくい。(大型バス通行不可)
A東塩尻信号場下の道路隧道(2014年08月16日探索)
A東塩尻信号場下の道路隧道(2014年08月16日探索)
 B東塩尻信号場。線路の反対側に駅跡が有るらしいが、夏場は確認が難しいですね。(2014年08月16日探索)
B東塩尻信号場の保線小屋?(2014年08月16日探索)
B東塩尻信号場のスイッチバック跡。(2014年08月16日探索)
C東塩尻信号場のスイッチバック跡。(2014年08月16日探索)
C東塩尻信号場の岡谷駅方向。(2014年08月16日探索)
C東塩尻信号場の塩尻駅方向。(2014年08月16日探索)
以下の写真は息子が2016年03月23日探索に探索した写真。
D東塩尻信号場の塩尻駅方向。(2016年03月23日探索)
E東塩尻信号場の塩尻駅方向。(2016年03月23日探索)
F東塩尻信号場の塩尻駅方向。(2016年03月23日探索)
G東塩尻信号場の塩尻駅方向。(2016年03月23日探索)
H東塩尻信号場の塩尻駅方向。(2016年03月23日探索)
I東塩尻信号場の岡谷駅方向:山側の引き込み線。(2016年03月23日探索)
J東塩尻信号場の岡谷駅方向:山側の引き込み線。(2016年03月23日探索)
K東塩尻信号場の岡谷駅方向:山側の引き込み線。(2016年03月23日探索)
L東塩尻信号場の岡谷駅方向:山側の引き込み線。(2016年03月23日探索)
M東塩尻信号場の岡谷駅方向:山側の引き込み線。(2016年03月23日探索)
N東塩尻信号場の岡谷駅方向。プラットホームが残る。(2016年03月23日探索)
N東塩尻信号場の岡谷駅方向。駅名標の枠が残る。(2016年03月23日探索)
O東塩尻信号場の岡谷駅方向。奥までレールが残る。(2016年03月23日探索)
P東塩尻信号場の岡谷駅方向。この先はレールが埋まっている。(2016年03月23日探索)
Q東塩尻信号場の岡谷駅方向。この辺までレールがあったと思われる。2m程埋没していると思われる。
(2016年03月23日探索)
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『塩尻市』を掲載」
廃線探索 中央本線旧線(東塩尻信号場)