更新日時 2015年07月28日

 戸倉砕石工業引き込み線:戸倉駅東側に戸倉砕石工業株式会社砕石場へ向かう引き込み線があり、JR時代は貨物線として使用されていたが、しなの鉄道移管後は貨物輸送が廃止となったため、この引き込み線も留置線となっている。砕石場自体はその後も操業している。
 @戸倉駅(とぐらえき)は、長野県千曲市大字戸倉にあるしなの鉄道しなの鉄道線の駅である。以前は軽井沢駅方面からのワンマン運転は当駅までで、当駅 - 長野駅間は車掌乗務(ツーマン運転)であったが、2013年3月16日のダイヤ改正からは当駅 - 長野間の一部列車でもワンマン運転が開始された。
 @戸倉駅構造は相対式ホーム1面(1番線)、島式ホーム1面2線(2・3番線)の2面3線を有する地上駅。しなの鉄道社員配置駅。車両基地があり、多数の留置線を有する。みどりの窓口は設置されていないが、駅窓口に併設されたビジネスえきねっとを利用して、全国のJRの新幹線・特急・急行の指定席券・自由席特急券・急行券・乗車券・トクトクきっぷの購入が可能。
Aしなの鉄道の今井踏切より撮影。
 Bしなの鉄道の留置線の砕石場第2踏切より撮影。戸倉砕石工業引き込み線はしなの鉄道の留置線に転用され現役の線路だった。踏切名に砕石場の名前が残る。
 Cしなの鉄道の留置線終端部。当時の航空写真を見ても引き込み線はここまでの様だ。この先の隧道は鉄道用の隧道では無さそうだ。
D現役の鉱山なのでこれから先は入れない。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『千曲市』を掲載」
廃線探索 戸倉砕石工業引き込み線