更新日時 2015年09月26日

 明星セメント糸魚川工場専用線:1964年(昭和39年) 明星セメント糸魚川工場が操業を開始する。この頃、工場への専用線の運用を開始する。最後まで使用されていた専用線は、明星セメントが保有するものであった。同線は当駅から北陸本線の南に沿って西進、国道148号の高架橋下を通った後、南に方向を変え、明星セメント糸魚川工場へ至っていた。全長1.9kmでセメントの発送に使用されていたが、2003年(平成15年)3月15日限りで廃止された。明星セメントは1958年5月15日に設立され、2015年で57周年を迎えました。セメントの原料である良質で無尽蔵に近い石灰石大鉱床を背後に持ち、省エネルギーに優れた製造設備と高い技術力で各種セメントを生産し「太平洋セメント」の商標で販売しています。秋田、山形、福島、新潟、富山、石川の各県や長野、岐阜県北部へ専用タンカーおよびトラックにて出荷し、日本海側の重要な生産拠点として太平洋セメントグループの一翼を担っています。
@明星セメント糸魚川工場専用の廃線跡。糸魚川駅構内でから続いています。
A明星セメント糸魚川工場専用の廃線跡。ここから先は道路に転用。
B明星セメント糸魚川工場専用の廃線跡。道路に転用。
C明星セメント糸魚川工場専用の廃線跡。この辺から北陸本線と分かれて行きます。
D明星セメント糸魚川工場専用の廃線跡。築堤と跨道橋が残る。
D明星セメント糸魚川工場専用の廃線跡。築堤の上にはレールが残る。
E明星セメント糸魚川工場専用の廃線跡。この先は明星セメント糸魚川工場内。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『糸魚川市』を掲載」
廃線探索 明星セメント糸魚川工場専用線