更新日時 2015年02月12日

 交通混雑の緩和と市勢拡大を目指して、市南部の工業地域や市北部の住宅地域と都心を結ぶ目的で企画され、1966年、手柄山で開催された「姫路大博覧会」会場への輸送機関という名目で、姫路(仮)駅 - 手柄山駅間を先行開業させた。しかし運行距離は短く終端が山上の都市公園内という立地もあって姫路博終了後は利用者が激減、起終点の立地もさることながら、「手柄山から姫路駅まで何人かでタクシーに乗った方が安い」あるいは「バスなら同じ運賃で2人乗っておつりが来る」と酷評された高額な運賃設定(現在の価格に直すと約300 - 400円程度)の影響が大きかった。その後、建設推進派の石見元秀が市長選挙で落選し、反対派の吉田豊信が当選したことや、当時は国からの補助金交付制度がなかったこともあり、累積赤字が膨らみ路線が延伸されないままわずか8年で営業休止となり、1979年に正式に廃止された。廃止後も軌道桁などの設備は、撤去費用や起債の償還等の問題もあり放置されていたが、一部で歩道化など再利用についての検討も行われていた。この間、休止中は実施されていた、保線車両による保守が廃止で取りやめとなった結果、老朽化した饋電線が落下する事故が発生し、このため以後は他事業に絡む部分から撤去が開始された。しかし恒久施設として建設された鉄筋コンクリート製橋脚の解体や、大型レッカー車の手配を要する軌道桁の撤去はその費用があまりに膨大であり、現在でも軌道桁や橋脚の一部が残存している。
姫路市営モノレール 路線総延長 1.6 km
姫路(仮)駅 - 大将軍駅 1968年休止 - 1.6 手柄山駅 検修施設
@JR西日本姫路駅(2009年12月撮影)
@JR西日本の播但線103系。R西日本は103系の車輌が結構残っている。(2009年12月撮影)
@JR西日本の姫新線。姫路駅が始発。(2009年12月撮影)
@山陽本線、旧姫路駅。(2009年12月撮影)
@駅西線記念碑。豆腐町。(2009年12月撮影)
A山陽本線の旧線跡。(2009年12月撮影) B姫路市営モノレール廃線跡。(2009年12月撮影)
B姫路市営モノレール廃線跡。橋脚が残る(2015年01月撮影)
C手前は山陽電気鉄道高架。(2009年12月撮影) C姫路市営モノレール廃線跡。(2009年12月撮影)
C姫路市営モノレール廃線跡。橋脚が残る(2015年01月撮影)
D山陽電鉄の本線線路高架跡。手前、付け替え新線の高架橋。(2009年12月撮影)
E姫路市営モノレール廃線跡。(2009年12月撮影)
E姫路市営モノレール廃線跡。2009年と比べるとレールが撤去されているのが解る。(2015年01月撮影)
E姫路市営モノレール廃線跡。(2009年12月撮影)
F姫路市営モノレール廃線跡。大将軍駅手前のレールが撤去されたことが解る。(2015年01月撮影)
 F姫路市営モノレール大将軍駅跡。恒久施設として建設された大将軍駅は、アパートなどが入居する高層ビルの途中階が吹き抜け構造とされ、そのままホームと軌道が設置されているという、他にあまり例のない構造である。現在は人が住んでいないようだ。(2009年12月撮影)
G姫路市営モノレール廃線跡。(2009年12月撮影)
G姫路市営モノレール廃線跡。(2009年12月撮影)
H山陽色素株式会社 第二工場と廃線の姫路市営モノレール。(2009年12月撮影)
H舟場八景。(2009年12月撮影) H山陽色素株式会社正門。(2009年12月撮影)
H姫路市営モノレール廃線跡。山陽新幹線の高架下を潜っている。(2009年12月撮影)
I姫路市営モノレール廃線跡。(2015年01月撮影)
I姫路市営モノレール廃線跡。(2009年12月撮影)
J姫路市営モノレール廃線跡。(2015年01月撮影)
K姫路市営モノレール廃線跡。(2015年01月撮影)
L姫路市営モノレール廃線跡。(2015年01月撮影)
M姫路市営モノレール廃線跡。(2015年01月撮影)
N姫路市営モノレール廃線跡。(2015年01月撮影)
O姫路市営モノレール廃線跡。(2015年012月撮影) O手柄山交流ステーション モノレール展示室。
O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されているモノレール。(2015年012月撮影)
O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されているモノレールの内部。(2015年012月撮影)
O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されている展示品。
O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されている展示品。
O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されている展示品。
O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されている展示品。
O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されている展示品。
 O手柄山交流ステーション モノレール展示室に展示されている展示品。右写真姫路モノレール台車はIngressのポータルにもなっている。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 姫路市営モノレール