廃線探索 住友セメント多賀工場専用線

更新日時 2011年07月15日

 住友セメント多賀工場専用線:かつては、多賀駅(多賀大社前駅)から住友セメント多賀工場に向かって専用線が敷設されていた。1960年(昭和35年)6月東亜セメント多賀工場操業開始。1960年(昭和35年)11月10日東亜セメント多賀工場原石輸送開始。1965年(昭和40年)12月セメント製造部門を住友セメントへ譲渡する準備として、滋賀興産株式会社を設立。住友セメント株式会社は1966年(昭和41年)6月滋賀興産株式会社を合併、同社多賀工場を継承。1975年(昭和50年)7月多賀工場閉鎖。 1978年(昭和53年)10月住友セメント多賀工場跡地にダイニック滋賀工場を建設(ダイニック滋賀工場専用線と書かれている書物も有るが間違いと思われる)
@多賀大社前駅(たがたいしゃまええき)は、滋賀県犬上郡多賀町にある近江鉄道多賀線の駅。
  @頭端式ホーム3面2線を持つ地上駅である。改札口とプラットホームの間に段差はない。かつては、駅西側へ向かい麒麟麦酒滋賀工場へ至る専用線や、駅東側へ向かい住友セメント多賀工場へ至る専用線が当駅から分岐していた。
@住友セメント多賀工場専用線はこの辺から分岐していたようだ。
A住友セメント多賀工場専用線跡。qポストかと思ったが違う様だ。
B住友セメント多賀工場専用線跡。当時は築堤になっていた様だ。
C住友セメント多賀工場専用線跡。当時は築堤になっていた様だ。
D住友セメント多賀工場専用線跡。当時は築堤になっていた様だ。
E住友セメント多賀工場専用線跡。当時は築堤になっていた様だ。
I住友セメント多賀工場専用線跡。築堤が残る。藪が凄くて今度は冬場に来よう。
J住友セメント多賀工場専用線跡。国道306号線を跨ぐ橋台が残る。
J住友セメント多賀工場専用線跡。住友大阪セメント看板。
K住友セメント多賀工場専用線跡。築堤部分が廃線跡。
L住友セメント多賀工場専用線跡。架線柱が残る。
M住友セメント多賀工場専用線跡。架線柱の幅から道路及び草むらが廃線跡。
N住友セメント多賀工場専用線跡。
 O住友セメント多賀工場専用線跡。住友大阪セメント滋賀サービスステーション。線路は奥のホッパーまで続いていたと思われる。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』