更新日時 2016年03月01日

廃線探索 日本板硝子舞鶴工場専用線
 日本板硝子舞鶴工場専用線は第二次世界大戦中には、第三海軍火薬廠鉄道側線(6.8 km)が火薬廠と松尾寺駅との間に敷設されていた。この側線は戦後連合軍に接収され、接収解除後は舞鶴市に譲渡されたが、1959年(昭和34年)4月以降は火薬廠跡の臨海部に誘致された日本板硝子舞鶴工場専用線となり、同工場の製品はこの側線を利用して松尾寺駅から送り出されていた。ピーク時の1968年(昭和43年)の松尾寺駅の貨物取扱量は板ガラスだけでも20万3,000トンに達し、福知山鉄道管理局管内で最大の貨物取扱駅であった。しかし専用線はのちに廃止され、廃線跡は1994年(平成6年)に自転車歩行者専用道として整備されている。1997年(平成9年)3月22日貨物列車の設定が廃止される。 舞鶴港に面する日本板硝子舞鶴工場へ6kmほどの専用線が続き、有蓋車による貨物輸送を行っていた。
日本板硝子舞鶴工場専用線
松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場
 @松尾寺駅(まつのおでらえき)は、京都府舞鶴市字吉坂にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)小浜線の駅である。
 @松尾寺駅構造は敦賀方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅(停留所)。前述の通り敦賀地域鉄道部管理となる無人駅であり、自動券売機などは設置されていない。ホームは駅舎よりも数段高い位置にあるため、駅舎とホームを行き来するための階段が設置されている。駅舎は、1922年(大正11年)の開業当時から使用されており、JRから舞鶴市に無償譲渡されたのち同市が約1,400万円をかけて改修した。駅舎は地元や舞鶴工業高等専門学校(舞鶴高専)の関係者でつくるNPO法人「駅舎と共にいつまでも」が指定管理者となり、2009年(平成21年)4月に「舞鶴市松尾寺駅前観光交流施設」として竣工した。急行「わかさ」が走っていた頃には上下列車の交換が行われていたが、1999年(平成11年)10月2日のダイヤ改正で駅での上下列車の交換が無くなり閉塞区間分割の機能のみになった。その後、小浜線電化工事のさいに信号機や分岐器を撤去し棒線駅になった。同時にホームのかさ上げも行われた。
A日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
B日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。吉野トンネル。
C日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。吉野トンネル。
D日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
E日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
F日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。遊歩道は道路の反対側へ。
G日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
H日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
I日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
J日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
Jこの橋梁は日本板硝子舞鶴工場専用線の桁を転用した物だ。
K日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
L日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
M日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。廃線跡は遊歩道に転用。
N日本板硝子舞鶴工場専用線の松尾寺駅 - 日本板硝子舞鶴工場の廃線跡。この先は工場内。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『舞鶴市』を掲載」