更新日時 2009年12月21日

軌間1067mm/直流1500V 1955年10月1日秩父鉄道(通称:高本線) 1984年8月1日廃止
高坂-葛袋(荷)高本(荷) 5.5Km
@高坂駅:島式ホーム1面2線を持つ地上駅である。橋上駅舎を有している。自動改札機・エスカレーター・冷暖房付ホーム待合室設置。
 本線とは別に側線が2本(上り線と下り線に1本ずつ)あり、本線の池袋方には下り線から上り線へのポイントが設けられており、転線が可能である。特に上り側線は臨時列車の折り返し待機に使われる他、川越工場出場車の試運転は川越工場〜高坂駅間で行われているため、乗務員乗降用デッキが設けられている。
 駅舎は三角屋根の時計台が設けられた北欧風にイメージされたデザインで、駅西口通りもレンガが敷き詰められレトロ調になっている。現在でこそデザインが重視された駅舎が多くなったが、当時としては珍しいものだったため、新聞やテレビでも話題になった。
@東武東上線 高坂駅 A踏切から見る
A踏切から見る この部分が日本セメント東松山線廃線跡
B日本セメント東松山線廃線跡 B日本セメント東松山線廃線跡
B境界杭のSは日本セメントのセメントのSか? C廃線探索をしてくれと言う様に草が刈られている
D日本セメント東松山線廃線跡 D日本セメント東松山線廃線跡
D日本セメント東松山線廃線跡 D奥に草刈りをしているおじさんが見える
E奥に草刈りをしている車が止まっている E何の跡だろう?
E引き続き歩きやすい F一部湧き水が・・・
Gこの辺も歩きやすい・・・ G廃線跡と解る場所だ
H日本セメント東松山線廃線跡 I日本セメント東松山線廃線跡
J日本セメント東松山線廃線跡 J日本セメント東松山線廃線跡
K踏切の跡だ・・・
L日本セメント東松山線廃線跡 L日本セメント東松山線廃線跡
M廃線跡が一部駐車場になっている・・・
N建設会社が廃線跡地を利用している様だ・・・ O日本セメント東松山線廃線跡細い道を行くと・・・
Pキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!! 関越道を横断している橋を発見
P柵があるが穴が開いている・・・先人が居たようだ P葛袋3号橋の銘板が・・・
P葛袋3号橋に草木が生えている Pバラストの部分に草木が・・・
P廃線から24年の月日が流れる Pこれより先へは進行が難しそうだ・・・別ルートへ
P葛袋2号橋への通路 Q葛袋2号橋から葛袋3号橋を見る
Q関越道から葛袋2号橋(手前)3号橋(奥)を見る P葛袋3号橋
P葛袋3号橋の対岸の部分 Q右が廃線跡
Q草木が行く手を阻む・・・別ルートで調査 R奥に見える丘のような物が廃線跡
S秩父鉱山(旧日本セメント)入口看板 21 秩父鉱山入口
21 秩父鉱山入口に有る銅像 21秩父鉱山入口に置いてあったジープ
21 日本セメント東松山線廃線跡・・・草木が多く・・・ 21 この道路を横断していた様だ
22 秩父鉱山敷地 23 秩父鉱山敷地
24 秩父鉱山敷地 24 石灰岩が露出している・・・これを採取していた様だ
24 秩父鉱山跡地 25 秩父鉱山跡地
25 秩父鉱山跡地 パイロンがある・・・埼玉県警察・・・練習場になっているようだ・・・早めの撤収叫び
26 日本セメント東松山線廃線跡 高本(荷)へ続く 26 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!! 
トンネル跡だ
26 トンネルを抜けるとそこは廃線跡だった・・・ 27 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
鉄橋跡だ
27 日本セメント東松山線鉄橋跡 27 高台の部分が廃線跡
28 日本セメント東松山線廃線跡 28 ゴルフ場に続く道が廃線跡の様だ・・・
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 日本セメント東松山線(高坂-高本)