更新日時 2009年12月21日

 戦前陸軍の立川飛行場へ立川駅から敷設された3.2kmの路線。資材運搬専用で、戦後米軍に接収された後も1968年までジェット燃料輸送に使われた。1972年立川基地は全面返還され、不要となった線路は廃止された。立川飛行機は陸軍機専用メーカーである。中島飛行機の「隼」「疾風」「呑龍」やロッキード 14L輸送機などのライセンス生産(転換生産)を大規模に行っていた。特に「隼」は半数が立川で製造された。陸軍の練習機・偵察機などの開発試作を得意としていた。1930年(昭和5年)に陸軍航空技術研究所のある立川に工場を移転した為、依頼される事が多かった。最初は初等練習機「赤とんぼ」などを開発・製造していたが、長距離輸送機のライセンス生産・開発を通じて技術を取得し、大戦末期には高高度機の開発にも挑戦した。
@JR東日本 立川駅
AJR東日本 立川総合事務所は左写真の延長線上に。
B右写真は貨物の操車場跡かと思ったら旧多摩青果市場跡。
CJR中央本線からここで分岐していた様だ。この辺は国立市。
C公園内を抜けて廃線跡は続く。この辺は国立市。
Dこの辺は廻りの住宅街より廃線跡は高くなっている。この辺は国立市。
D道路を渡り、引き続き廃線跡が続く。遊歩道になっている。この辺は国立市。
Eレールを使用したモニュメントが廃線跡を伺わせる。この辺は国分寺市。
Eこの辺は廻りが緑に囲まれている。この辺は国分寺市。
F道路を渡り遊歩道が続く。昔は踏切だったのか?面影はもう無い。
G国分寺市と立川市の境界。
H立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。
I立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。左、子供の銅像。右、栄緑地案内図。
J立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。右、歴史と文化の散歩コース看板。
K立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。800m距離表示。
L立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。右、子供の銅像。
M立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。
N立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。小さな公園の様になっている。
O立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。
P立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。右、子供の銅像。
Q立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。右、200m距離表示。
R立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。右、100m距離表示。
S立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。
S立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地。右、栄緑道距離表示1600m。
S立川市内の立川飛行機専用線跡。栄緑地はここで終わっている。
立飛創立80周年記念碑。 立飛企業株式会社発祥の地。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 立川飛行機専用線