廃線探索 荒尾市営電気鉄道

更新日時 2011年01月10日

 荒尾市営電気鉄道(あらおしえいでんきてつどう、通称 荒尾市電)は、荒尾市交通部(後の荒尾市交通局)が運営していた、熊本県荒尾市内の荒尾駅から緑ヶ丘駅までを結んでいた鉄道路線である。1940年に旧日本陸軍が国鉄万田駅(現在の荒尾駅)と荒尾市緑ヶ丘地区の軍事施設の間に建設した専用鉄道を、戦後の1949年に通勤通学路線として再生し開業したが、施設の老朽化や累積赤字などの問題により1964年に廃止された。「市電」と称していたが、岡山県玉野市の玉野市営電気鉄道同様、路面電車ではなく普通の鉄道路線であった。荒尾市電の荒尾駅は国鉄荒尾駅の裏手にあった。荒尾 - 小田峯間は市道に、小田峯 - 本村間は自転車歩行者専用道に、本村 - 緑ヶ丘間は一般道路の歩道にそれぞれ転用されている。また、途中の浦川に架かる竹下橋梁は数少ない遺構である。
駅一覧(廃止時点)
荒尾駅 - 境崎駅 - 小田峯駅 - 宮内駅(くない) - 本村駅 - 揚増永駅 - 水源地前駅 - シオン園前駅 - 新生区駅 - 緑ヶ丘駅
@水間鉄道のモハ106(1940年木南車輌製)を譲り受け101に置き換えられた。
@広瀬車両で製造された新製車17。
@上記写真は、はーさんの鉄道・旅・よしなし草 荒尾市電(1964年)より転載。市電荒尾駅1964年撮影。
@市電荒尾駅跡。
@市電荒尾駅跡。
A荒尾駅 - 境崎駅間の廃線跡。
B荒尾駅 - 境崎駅間の廃線跡。
C境崎駅跡周辺と思われる場所。荒尾駅から0.7q地点。
D小田峯駅跡周辺?小田峯駅は境崎駅(0.7q) - 宮内駅(1.1q)なのでこの辺が駅跡と思われる。
E国道208号線(三池街道)の下を潜る。
F宮内駅(くない)と思われる場所。荒尾駅から1.1q地点。本当にこの辺に駅が有ったのであろうか?
G荒尾市営電気鉄道の宮内駅 - 本村駅間の廃線跡。
H荒尾市営電気鉄道の宮内駅 - 本村駅間の廃線跡。
I荒尾市営電気鉄道の宮内駅 - 本村駅間の廃線跡。旧浦川に架かっていた橋梁。
J荒尾市営電気鉄道の宮内駅 - 本村駅間の廃線跡。浦川に架かる新しい橋梁。
K荒尾市営電気鉄道の宮内駅 - 本村駅間の廃線跡。
L荒尾市営電気鉄道の宮内駅 - 本村駅間の廃線跡。
M荒尾市営電気鉄道の宮内駅 - 本村駅間の廃線跡。
N荒尾市営電気鉄道の本村駅跡。荒尾駅から2.7q地点。
O荒尾市営電気鉄道の本村駅 - 揚増永駅間の廃線跡。
P荒尾市営電気鉄道の本村駅 - 揚増永駅間の廃線跡。
Q荒尾市営電気鉄道の本村駅 - 揚増永駅間の廃線跡。
R荒尾市営電気鉄道の本村駅 - 揚増永駅間の廃線跡。
S荒尾市営電気鉄道の揚増永駅跡。荒尾駅から3.1q地点。
@荒尾市営電気鉄道の揚増永駅 - 水源地前駅間の廃線跡。
A荒尾市営電気鉄道の水源地前駅跡と思われる場所。水道局があるからこの辺?(笑)
B荒尾市営電気鉄道の水源地前駅 - シオン園前駅間の廃線跡。
C荒尾市営電気鉄道の水源地前駅 - シオン園前駅間の廃線跡。
D荒尾市営電気鉄道の水源地前駅 - シオン園前駅間の廃線跡。
E荒尾市営電気鉄道の水源地前駅 - シオン園前駅間の廃線跡。
F荒尾市営電気鉄道の水源地前駅 - シオン園前駅間の廃線跡。
G荒尾市営電気鉄道のシオン園前駅跡と思われる場所。荒尾駅からの距離不明のため。
H荒尾市営電気鉄道のシオン園前駅 - 新生区駅間の廃線跡。
I荒尾市営電気鉄道のシオン園前駅 - 新生区駅間の廃線跡。
J荒尾市営電気鉄道の新生区駅跡。荒尾駅から4.2q地点。
K荒尾市営電気鉄道の新生区駅 - 緑ヶ丘駅間の廃線跡。
L荒尾市営電気鉄道の新生区駅 - 緑ヶ丘駅間の廃線跡。
M荒尾市営電気鉄道の新生区駅 - 緑ヶ丘駅間の廃線跡。
N荒尾市営電気鉄道の新生区駅 - 緑ヶ丘駅間の廃線跡。
O荒尾市営電気鉄道の緑ヶ丘駅(仮)跡。荒尾駅から4.7q地点。
P荒尾市営電気鉄道の緑ヶ丘駅跡。荒尾駅から5.1q地点。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典:はーさんの鉄道・旅・よしなし草