廃線探索 油須原線

更新日時 2013年03月16日

 油須原線(ゆすばるせん)は、かつて福岡県嘉穂郡稲築町(現・嘉麻市)にあった漆生駅(漆生線、現・廃止)と、同県田川郡赤村の油須原駅(現・平成筑豊鉄道田川線)を結ぶ計画に基づく日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(一部未成線)である。1922年(大正11年)に公布された改正鉄道敷設法別表に掲げられた「福岡県油須原ヨリ上山田ヲ経テ漆生附近ニ至ル鉄道」がこの油須原線であり、漆生線と田川線を結び、豊前川崎・大任・行橋を経由して筑豊炭田の石炭を周防灘に面した京都郡苅田町の苅田港に輸送するための短絡線として計画された路線である。低品位石炭を苅田町に運び、大々的に火力発電を行う(苅田港駅より九州電力苅田発電所へ向かう専用線も敷設されていた、現在は廃線)とともに、政府が失業救済事業として打ち出した路線でもあった。未開業区間である豊前川崎駅から油須原駅間の工事は、用地取得93%、路盤63%、軌道敷設42%が完了していたものの、それ以後工事が再開されることはなかった。本来貨物輸送を目的とした路線であったにもかかわらず、開業した時期には既に筑豊の炭鉱の多くが閉山しており、この開業区間において貨物営業が行なわれたことはなく、さらにこの両線と、接続する大任駅のあった添田線、終点の油須原駅のある田川線も特定地方交通線に選定され、その結果1985年(昭和60年)4月1日添田線が廃止、次いで1986年(昭和61年)4月1日漆生線が、1988年(昭和63年)9月1日上山田線がそれぞれ全線廃止となり、結局、未開業区間は未成線となってしまった。
未開業区間
豊前川崎駅 - 福田駅 - 大任駅 - 油須原駅
 @豊前川崎駅(ぶぜんかわさきえき)は、福岡県田川郡川崎町大字川崎にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線の駅である。川崎町の中心駅。かつては上山田線と接続していた。
 @豊前川崎駅構造は単式ホーム1面1線を有する地上駅である。かつては上山田線と接続していたこともあり単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の2面3線構造であったが、2000年に駅周辺の道路改良のため駅構内を縮小し、かつての3番線のみを使用した1面1線となった。また同時期に現駅舎が竣功している。九州交通企画が駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無いがPOS端末が設置されている。
 A油須原線(未成線)の豊前川崎駅 - 福田駅間の廃線(未成線)跡。福田トンネルは工事線上の田川郡大任町と同郡川崎町の間 2km ほどに古河鉱業の鉱区があり、工事線下の石炭が掘れないことに対する補償を求められてその交渉が数十回にも及んだ。
 A油須原線(未成線)の豊前川崎駅 - 福田駅間の廃線(未成線)跡。福田トンネルの探索は時間が無く奥まで確認出来なかったが、川崎側の入口が道路工事の際に地中に埋り閉塞しているらしい。
B油須原線(未成線)の豊前川崎駅 - 福田駅間の廃線(未成線)跡。
C油須原線(未成線)の豊前川崎駅 - 福田駅間の廃線(未成線)跡。
D油須原線(未成線)の福田駅(未開業)跡。
E油須原線(未成線)の福田駅 - 大任駅間の廃線(未成線)跡。
F油須原線(未成線)の福田駅 - 大任駅間の廃線(未成線)跡。
 F油須原線(未成線)の福田駅 - 大任駅間の廃線(未成線)跡。彦山川橋梁。立派な橋梁が未開業で未使用のまま廃線になってしまった。
G油須原線(未成線)の福田駅 - 大任駅間の廃線(未成線)跡。彦山川橋梁。
G油須原線(未成線)の福田駅 - 大任駅間の廃線(未成線)跡。
H添田線・油須原線(未成線)の福田駅 - 大任駅間の廃線(未成線)跡。
I添田線・油須原線(未成線)の福田駅 - 大任駅間の廃線(未成線)跡。
 J添田線(油須原線と並行区間)の廃線跡。大任駅(おおとうえき)は、かつて福岡県田川郡大任町にあった日本国有鉄道(国鉄)添田線の駅(廃駅)である。田川市などといった市街を通らず人口過疎地域を走るため、日本一の赤字線と称せられるほど営業成績が不振だった添田線における中心駅だったのが当駅である。添田線の他の駅が無人駅となる中、廃止まで有人駅であった。また、豊前川崎駅 - 油須原駅間では油須原線が建設されており、当駅は同線と添田線のジャンクションになる予定で工事もかなり進捗していたが、国鉄再建法の施行により、添田線は第1次特定地方交通線となって廃止、油須原線は未成線のまま建設凍結となった。
 J大任駅跡は公園となり、駅の成立を示す看板も建てられて、70年の歴史があった駅であることを誇示している。
K油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
L油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
M油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
N油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
O油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
P油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
Q油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
R油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
S油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
@油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
@油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
A油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
B油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。崩壊が進んでいる。
C油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
D油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
E油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
F油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。
G油須原線(未成線)の大任駅 - 油須原駅間の廃線(未成線)跡。赤駅。
 G赤駅(あかえき)は、福岡県田川郡赤村大字内田にある平成筑豊鉄道田川線の駅である。優等列車の運行はなく、普通列車のみ停車する。
 G赤駅構造は下り列車進行方向に向かって左側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅。待合室あり。駅前の道路は未完成に終わった日本国有鉄道(国鉄)油須原線用に用意された敷地で、道路上に敷設された軌道の上でボランティアの手によるトロッコ列車が月に1 - 2日程度運行されている。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』