更新日時 2014年08月12日

 日本鉱業佐賀関鉄道(通称 佐賀関線)は、かつて大分県北海部郡佐賀関町(現・大分市)の日鉱幸崎駅から日鉱佐賀関駅までを結んでいた、日本鉱業(日鉱、現・JX日鉱日石金属)が運営していた鉄道路線である。佐賀関半島北岸に太平洋戦争中から軍需輸送のために建設が進められた鉄道であったが、開業は終戦後になった。戦後の九州では唯一の軽便鉄道(762mmゲージ路線)として珍しい存在であったが、開業から僅か17年の1963年(昭和38年)に廃止された。廃線跡の大半は、地元の生活道路や遊歩道・サイクリングロード等として活かされている。廃止直前は全線の所要が25 - 30分、区間列車含め20往復の本数が確保されていた。 大志生木から古宮にかけて日本鉱業の社宅があったため、通勤時の大志生木 - 佐賀関間はかなりの混雑だった。当初、旅客・貨物とも蒸気機関車牽引で運行されていたが、1951年(昭和26年)には国鉄大隅線の前身の大隅鉄道のカホ1形を国鉄買収時に編入した元ガソリン動車2両(1930年日本車輌本店製。払い下げ時は無動力の客車)にディーゼルエンジンを載せて再気動車化(ケコキハ510・511)し、同年に若松車輌で新車のディーゼルカーとしてケコキハ512を製作した。これにより旅客列車が気動車化された。またディーゼル機関車も導入されている。列車には女性車掌が乗務しており、鉄道職員には珍しい茶色の制服を着用していた。
日本鉱業佐賀関鉄道
日鉱幸崎駅 - 日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅 - 日鉱大志生木駅 - 大志生木トンネル - 日鉱小志生木駅 -
小志生木トンネル - 日鉱辛幸駅 - 古宮トンネル - 日鉱古宮駅 - 金山トンネル - 日鉱金山駅 - 日鉱佐賀関駅
 @幸崎駅(こうざきえき)は、大分県大分市大字本神崎にある、九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)日豊本線の駅である。普通列車の半数弱が当駅で大分方面に折り返し、早朝及び夜間に一部の特急列車が停車する。駅の所在地は「神崎」と表記するが、佐賀県神埼市にある神埼駅(かんざきえき)と区別するためにこの駅名が採用された。かつては佐賀関鉄道が接続していた。
 @幸崎駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線のホームを有する地上駅である。ホームは高速化工事事業の際に6両編成までの対応に変更されたため、多客期の特急列車では前後端の車両がホームに掛からない事がある。また1面1線の単式ホームは駅本屋とは反対側にあり、全てのホーム間連絡は跨線橋を利用する。分鉄開発が駅業務を受託する業務委託駅で、マルスは無いがPOS端末が設置されている。ICカードSUGOCAは同駅より南側では利用できないため、大分方面への出入場とチャージのみ対応。
@日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱幸崎駅跡。
A日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱幸崎駅 - 日鉱本幸崎駅間の廃線跡。
A日本鉱業佐賀関鉄道の廃線跡は佐賀関製錬所からのパイプラインが埋設されている。。
B日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱幸崎駅 - 日鉱本幸崎駅間の廃線跡。
C日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅跡。
D日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
E日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
Eさがのせきサイクリングロード案内板。
Eさがのせきサイクリングロード案内板の日本鉱業佐賀関鉄道の当時の写真。
F日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
G日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
H日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
I日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
J日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
K日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
L日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
M日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱本幸崎駅 - 日鉱大平駅間の廃線跡。
N日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大平駅 - 日鉱大志生木駅間の廃線跡。
O日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大平駅 - 日鉱大志生木駅間の廃線跡。国道とクロスする。
P日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大平駅 - 日鉱大志生木駅間の廃線跡。国道の海岸側へ。
Q日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大平駅 - 日鉱大志生木駅間の廃線跡。道の駅佐賀関。
R日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大平駅 - 日鉱大志生木駅間の廃線跡。
S日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大志生木駅跡。
@日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大志生木駅 - 日鉱小志生木駅間の廃線跡。
A日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大志生木駅 - 日鉱小志生木駅間の廃線跡。
B日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大志生木駅 - 日鉱小志生木駅間の廃線跡。大志生木トンネル。
B日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱大志生木駅 - 日鉱小志生木駅間の廃線跡。大志生木トンネル。
C日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱小志生木駅跡。
D日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱小志生木駅 - 日鉱辛幸駅間の廃線跡。
E日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱小志生木駅 - 日鉱辛幸駅間の廃線跡。小志生木トンネル。
F日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱小志生木駅 - 日鉱辛幸駅間の廃線跡。
G日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱辛幸駅跡。
H日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱辛幸駅 - 日鉱古宮駅間の廃線跡。この先の藪の中に古宮トンネル。
H日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱辛幸駅 - 日鉱古宮駅間の廃線跡。古宮トンネルは板で閉塞。
I日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱辛幸駅 - 日鉱古宮駅間の廃線跡。旧道と新道の間。
J日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱辛幸駅 - 日鉱古宮駅間の廃線跡。
K日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱古宮駅跡。
L日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱古宮駅 - 日鉱金山駅間の廃線跡。
M日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱古宮駅 - 日鉱金山駅間の廃線跡。金山トンネル。
M日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱古宮駅 - 日鉱金山駅間の廃線跡。金山トンネル。
N日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱金山駅跡。
O日本鉱業佐賀関鉄道の日鉱佐賀関駅跡。
P日本鉱業佐賀関鉄道の佐賀関製錬所。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 日本鉱業佐賀関鉄道