更新日時 2015年07月25日

廃線探索 鹿児島港線
 鹿児島港線:鹿児島港線は鹿児島貨物ターミナル駅から分岐し中央市場付近まで単線非電化の貨物引込線が伸びていたが国鉄分割民営化までに撤去されている。1953年(昭和28年)5月1日鹿児島港駅までの貨物路線が開通。1984年(昭和59年)2月1日鹿児島港駅までの貨物路線が廃止されるまでの約31年間鹿児島の物流を支えた約1.6kmの貨物路線である。
 @鹿児島貨物ターミナル駅は、鹿児島県鹿児島市浜町にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅。営業キロ上は、九州旅客鉄道(JR九州)の鹿児島駅と同一地点にある。駅構造は1面のコンテナホームと2線のコンテナ荷役線、その他仕分線がある。着発線は鹿児島駅と共用している。着発線に到着した列車は、着発線から竜ヶ水駅方面に伸びる引上線に入った後、駅の荷役線に推進運転で進入する構造となっている。駅構内には、営業窓口のJR貨物鹿児島営業支店や、乗務員区所の門司機関区鹿児島派出も設置されている。2004年(平成16年)3月13日JR貨物の鹿児島駅が鹿児島貨物ターミナル駅に改称。コンテナホームを駅の東側に広がる旧鹿児島機関区、鹿児島客車区跡まで拡大。
A鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。
B鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。
C鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。
D鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。
E鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。
F鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。
G鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。
H鹿児島港線の鹿児島貨物ターミナル駅 - 鹿児島港駅間の廃線跡。終端部。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『鹿児島』を掲載」