更新日時 2016年02月05日

廃線探索 日本専売公社宮崎倉庫専用線
 日本専売公社宮崎倉庫専用線:日本専売公社宮崎倉庫専用線は宮崎貨物駅から日本専売公社宮崎倉庫まで伸びていた専用線である。宮崎駅は1945年(昭和20年)8月12日に空襲を受けて被災したが、1950年(昭和25年)に建て替えられて本復旧した。この建物は昭和末期まで用いられた。1986年(昭和61年)11月1日 貨物取扱が廃止され、宮崎コンテナセンターが構内に設置される。延岡駅 - 宮崎コンテナセンター間でトラック便を運行。宮崎駅と線路が東西方向の交通を遮断している状態を解消するために高架化工事が1988年(昭和63年)10月に着工され、1993年(平成5年)10月1日に新駅舎が完成している。日本専売公社宮崎倉庫跡はガーデンテラス宮崎ホテル&リゾートになっている。
日本専売公社宮崎倉庫専用線
宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫
@宮崎駅(みやざきえき)は、宮崎県宮崎市錦町にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
 @宮崎駅構造は島式ホーム2面4線を持つ高架駅で、基本的に上りと下りで島式ホームを1面ずつ使用する。各ホームから階段を下った所にそれぞれの改札があり、日本では他に帯広駅で見られる。県庁所在地の中心駅としてはJR九州で唯一自動改札機が導入されていなかったが、宮崎エリアでのSUGOCA導入に合わせて、2015年11月7日に自動改札機が導入された。SUGOCAサービスは同年11月14日に開始した。2012年12月1日にSUGOCAの利用エリアが九州全域の都市圏近郊に拡大されたが、その時点では宮崎都市圏のみ導入されなかった。しかし当駅においてSUGOCA券売機(特別デザインカードのみ)が設置されている。 直営駅でみどりの窓口と楽チャリが設置されており、自動放送も導入されている。駅長・副駅長配置。高架化に伴い1993年に完成した新しい駅舎はJ・フェルナンド・テルヤによる設計である。デザインの都合上、開業後暫くは「宮崎駅」という漢字表記を掲げられなかった。高架化以前は、宮崎機関区や貨物の取り扱いもあり、かなり規模の大きな駅だった。その一方で、駅および線路が市街地を東西に分断していたため、東西間の往来には人も車も大きく迂回する必要があった。
A日本専売公社宮崎倉庫専用線の宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫の廃線跡。
B日本専売公社宮崎倉庫専用線の宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫の廃線跡。
C日本専売公社宮崎倉庫専用線の宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫の廃線跡。
D日本専売公社宮崎倉庫専用線の宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫の廃線跡。
E日本専売公社宮崎倉庫専用線の宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫の廃線跡。
F日本専売公社宮崎倉庫専用線の宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫の廃線跡。
G日本専売公社宮崎倉庫専用線の宮崎駅 - 日本専売公社宮崎倉庫の廃線跡。
 H日本専売公社宮崎倉庫専用線の日本専売公社宮崎倉庫跡。日本専売公社宮崎倉庫跡はガーデンテラス宮崎ホテル&リゾートになっている。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『』を掲載」