更新日時 2016年02月11日

廃線探索 油津線
 油津線:1913年(大正2年)8月18日宮崎県営鉄道飫肥線 飫肥駅 - 油津駅(3.9M→6.4km)開業。油津駅(初代)、一里松駅、飫肥(初代)駅新設。1935年(昭和10年)7月1日に飫肥線と同線から分岐していた宮崎県営軌道線が国有化され国鉄油津線となる。油津線 飫肥駅 - 油津駅(6.8km)。1941年(昭和16年)10月28日油津線 飫肥駅 - 元油津駅(-6.8km)廃止。一部改築され日本国有鉄道・九州旅客鉄道日南線の一部となった。
油津線
内之田駅 - 星倉駅 - 飫肥駅
 内之田駅(うちのだえき)は、宮崎県日南市北郷町大藤にある、九州旅客鉄道(JR九州)日南線の駅である。
 内之田駅構造は単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎はなく、ホーム中央の入り口近くに短い上屋が設置されている。無人駅。自動券売機などは設置されていない。
@油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。この辺で旧線と分岐。
A油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。
B油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。新線の日南線とアンダークロスする。
C油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。
D油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。廃線跡と解るカーブが残る。
E油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。星倉隧道。鉄道の隧道を拡張道路用に転用。
F油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。星倉隧道。昭和43年5月竣工。
G油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。鉄道用の橋梁が架かっていた。
H油津線の内之田駅 - 星倉駅間の旧線廃線跡。鉄道用の橋梁が架かっていた。
 I油津線の星倉駅跡。1914年(大正3年)6月21日星倉停留場新設。1931年(昭和6年) 6月15日星倉停留場→星倉駅。
J飫肥駅(おびえき)は、宮崎県日南市星倉一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)日南線の駅である。
 J飫肥駅構造は島式ホーム1面2線と側線を有する地上駅。ホームと駅舎は構内踏切で結ばれている。木造駅舎は近くにある飫肥城を模して造作されたものである。JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、マルスはないがPOS端末が設置されている。
J旧線の東飫肥駅跡は飫肥駅のロータリー部分にあった。
K油津線の東飫肥駅 - 飫肥駅間の旧線廃線跡。グランド部分が旧線跡。
L油津線の初代(旧)飫肥駅跡。飫肥郵便局前辺りに駅が有った。
M油津線の星倉駅 - 日南駅間の旧線廃線跡。道路に転用。
N油津線の星倉駅 - 日南駅間の旧線廃線跡。道路に転用。
O油津線の星倉駅 - 日南駅間の旧線廃線跡。道路に転用。
P油津線の星倉駅 - 日南駅間の旧線廃線跡。この先新線に合流。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『日南市』を掲載」