更新日時 2017年02月22日

廃線探索 唐津線相知炭坑支線
 唐津線相知炭坑支線:中相知信号場から相知炭鉱駅までを結んでいた貨物線。1905年(明治38年)10月22日:相知貨物支線分岐点 - 相知駅間貨物支線開業、(貨)相知駅新設( 本線の相知駅とは別駅)。1978年(昭和53年)10月1日:山本駅 - 相知炭坑駅間貨物支線廃止 (-6.1km) (実際は中相知信号場 - 相知炭坑駅間 (0.7km) の廃止)、(貨)相知炭坑駅廃止。
唐津線相知炭坑支線
山本駅 - (貨)相知炭坑駅
@相知駅(おうちえき)は、佐賀県唐津市相知町相知にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
 @相知駅構造は単式ホーム2面2線を有する地上駅。混合ホーム2面3線のうちの真ん中の線路を撤去したためホーム、線路、ホーム、線路の順に並んでいる。互いのホームは跨線橋で連絡している。1995年建築の駅舎には、町の施設のあじさい館が併設されている。駅舎内の窓口で常備式乗車券を発売する簡易委託駅である。マルス及びPOS端末の設備は無い。
A唐津線の相知駅 - 本牟田部駅間の岩谷口踏切より撮影。
B唐津線相知炭坑支線の相知貨物支線分岐点 - (貨)相知炭坑駅間の廃線跡。
C唐津線相知炭坑支線の相知貨物支線分岐点 - (貨)相知炭坑駅間の廃線跡。
D唐津線相知炭坑支線の相知貨物支線分岐点 - (貨)相知炭坑駅間の廃線跡。
E唐津線相知炭坑支線の相知貨物支線分岐点 - (貨)相知炭坑駅間の廃線跡。
F唐津線相知炭坑支線の相知貨物支線分岐点 - (貨)相知炭坑駅間の廃線跡。
G唐津線相知炭坑支線の相知貨物支線分岐点 - (貨)相知炭坑駅間の廃線跡。
H唐津線相知炭坑支線の(貨)相知炭坑駅跡。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『唐津市』を掲載」