廃線探索 同和鉱業花岡線

更新日時 2012年11月26日

 同和鉱業花岡線は、かつて秋田県大館市に存在した同和鉱業の鉄道路線。花岡鉱山からの鉱石輸送を目的として、1914年(大正3年)に花岡鉱山が開設していた専用鉄道を翌1915年(大正4年)鉱山と共に藤田組(同和鉱業の前身)が買収、同年に1909年(明治42年)に後の小坂線を開業させていた小坂鉄道に譲渡され、1916年(大正5年)に旅客営業も行う普通鉄道として開業した。この時は、小坂線と同様に762mm軌間の軽便鉄道規格路線であったが、1951年(昭和26年)に小坂線より一足早く1067mmへ改軌され(小坂線の改軌は1962年)、国鉄との貨車直通を可能にした。1958年(昭和33年)には同和鉱業へ小坂鉄道が合併され、同社の保有となった。しかし花岡鉱山の閉山を受け、1983年(昭和58年)に貨物営業を廃止する。その後しばらく旅客輸送は継続したが、1985年(昭和60年)に全線が廃止となった。
同和鉱業花岡線(廃線)
大館駅 - 松峯駅 - 花岡駅
 @大館駅(おおだてえき)は、秋田県大館市御成町一丁目にある、かつては小坂製錬小坂線、同和鉱業花岡線も乗り入れていた。1985年(昭和60年)に花岡線が廃止、1994年10月には小坂線も旅客営業を廃止し、貨物駅に変更される。その後2009年(平成21年)に貨物駅も廃止し営業を終了した。廃止された当時の小坂線大館駅は下川沿駅方へ伸びる引き上げ線に繋がるJR貨物との貨車授受線2本と、留置線1本があり、構内南側に事務所のような建物の駅舎が置かれていた。駅舎前に通票受器があり、貨物列車運行時は機関士が茂内方からの通票を通票受器に投げ入れていた。また、旅客営業をしていた当時の構内は多数の側線を有し、その北側(JR大館駅側)に旅客ホーム(単式ホーム)1面1線や駅舎が置かれていた。JR大館駅の駅舎とはまったく別の棟だったので、乗り換えにはいったん改札の外へ出る必要があった。旅客ホームと駅舎は1998年前半までにすべて撤去され、跡地には片側2車線の市道が整備されて大館駅から東大館駅まで最短距離でつながる道路の一部として利用されている。
 @同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。レールは小坂製錬小坂線のレールでその横に同和鉱業花岡線のレールが有った。
A同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。レールの束が置かれている場所が廃線跡。
B同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。小坂線とこの辺で分かれて行った。
C同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。築堤が残る。
D同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。かつては奥羽本線を跨ぐ鉄橋が架かっていた。
E同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
F同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
G同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
H同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
I同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。かつては橋梁が架かっていたが今はない。
J同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
K同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
L同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
M同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
N同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。廃線跡が残る。
O同和鉱業花岡線の大館駅 - 松峯駅間の廃線跡。小型の橋台跡が残る。
 P松峯駅(まつみねえき)は、かつて秋田県大館市松峰字西松峰にあった同和鉱業花岡線の駅(廃駅)である。現在は、ホームが撤去された跡地が草むらとなっており痕跡を見付けることはできないが、敷地の端には同和鉱業所有を示す境界標が残っている。駅構造は単式ホーム1面1線の地上駅であった。
Q同和鉱業花岡線の大松峯駅 - 花岡駅間の廃線跡。コンクリート製の橋梁が残る。
R同和鉱業花岡線の大松峯駅 - 花岡駅間の廃線跡。
S同和鉱業花岡線の大松峯駅 - 花岡駅間の廃線跡。コンクリート製の橋梁が残る。
@同和鉱業花岡線の大松峯駅 - 花岡駅間の廃線跡。
A同和鉱業花岡線の大松峯駅 - 花岡駅間の廃線跡。コンクリート製の橋梁が残る。
 B花岡駅(はなおかえき)は、かつて秋田県大館市花岡町堤沢にあった同和鉱業花岡線の駅(廃駅)である。現在は、駅舎およびホームが撤去された跡地が更地となっており痕跡を見付けることはできない。また、敷地の一部が市道として整備されている。駅構造は単式ホーム1面1線および側線を有する地上駅であった。また、当駅より花岡鉱山への貨物支線が延びていた。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』