更新日時 2020年04月29日

廃線探索 仙南温泉軌道
 仙南温泉軌道は、かつて宮城県柴田郡大河原町と同県刈田郡宮村(現・蔵王町)の遠刈田温泉を結んでいた軽便鉄道およびその運営会社である。その社名から察することも可能なように、遠刈田や青根と言った温泉地、一般にも登山が解禁され始めた蔵王連峰など、沿線の観光地へと向かう旅客を強く意識した経営がなされた。始め城南軌道として創始され、紆余曲折の後、自社とほぼ同じ路線敷設計画を持っていた仙南軌道を買収。当初の予定通りの軌道線を完成させるに至った。しかし勾配区間における列車の鈍足さを克服できなかったことなどから、特に全線開通後はバスとの競争に苦しみ、僅か20年ほどで早々に廃線へと追い込まれた。その後は一時バス専業の会社となるも、秋保電気鉄道との合併によって再び鉄道経営を行う立場となる。しかし、程なくこれも廃止となり、最終的には再びバス専業の会社として、宮城交通発足の際にはその母体の一つとなった。
仙南温泉軌道
大河原駅 - 中央駅 - 沼辺駅 - 小泉駅 - 村田駅 - 平沢駅 - 円田駅 - 永野駅 - 疣岩駅 - 遠刈田駅
@仙南温泉軌道の大河原駅前。
A仙南温泉軌道の大河原駅 - 沼辺駅間の廃線跡。尾形橋。
B仙南温泉軌道の大河原駅 - 沼辺駅間の廃線跡。
C仙南温泉軌道の大河原駅 - 沼辺駅間の廃線跡。
D仙南温泉軌道の大河原駅 - 沼辺駅間の廃線跡。
E仙南温泉軌道の大河原駅 - 沼辺駅間の廃線跡。
F仙南温泉軌道の大河原駅 - 沼辺駅間の廃線跡。
G仙南温泉軌道の大河原駅 - 沼辺駅間の廃線跡。
H仙南温泉軌道の沼辺駅跡。JAみやぎ仙南葬祭センターが有る場所が駅跡。
I仙南温泉軌道の沼辺駅 - 小泉駅間の廃線跡。
J仙南温泉軌道の小泉駅跡。
K仙南温泉軌道の村田駅跡。
L仙南温泉軌道の村田駅 - 平沢駅間の廃線跡。道路脇の広場が廃線跡。
M仙南温泉軌道の村田駅 - 平沢駅間の廃線跡。
N仙南温泉軌道の村田駅 - 平沢駅間の廃線跡。
O仙南温泉軌道の平沢駅跡。
P仙南温泉軌道の円田駅跡。
Q仙南温泉軌道の円田駅 - 永野駅間の廃線跡。家の裏側から割り堀が廃線跡。
R仙南温泉軌道の円田駅 - 永野駅間の廃線跡。掘り割り跡が残る。
S仙南温泉軌道の円田駅 - 永野駅間の廃線跡。車庫から杉が植えてある掘り割りが廃線跡。
@仙南温泉軌道の永野駅跡。右写真の車が3台止まっている場所が駅跡。
A仙南温泉軌道の永野駅 - 疣岩駅間の廃線跡。
B仙南温泉軌道の永野駅 - 疣岩駅間の廃線跡。
C仙南温泉軌道の永野駅 - 疣岩駅間の廃線跡。
D仙南温泉軌道の永野駅 - 疣岩駅間の廃線跡。
E仙南温泉軌道の永野駅 - 疣岩駅間の廃線跡。
F仙南温泉軌道の疣岩駅跡。
G仙南温泉軌道の疣岩駅 - 遠刈田駅間の廃線跡。
H仙南温泉軌道の疣岩駅 - 遠刈田駅間の廃線跡。
I仙南温泉軌道の疣岩駅 - 遠刈田駅間の廃線跡。
J仙南温泉軌道の疣岩駅 - 遠刈田駅間の廃線跡。
K仙南温泉軌道の疣岩駅 - 遠刈田駅間の廃線跡。
L仙南温泉軌道の疣岩駅 - 遠刈田駅間の廃線跡。
M仙南温泉軌道の遠刈田駅跡。
戻る Copyright (C) 2008-2020 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『大川原町・村田町・蔵王町』を掲載」