更新日時 2020年07月12日

廃線探索 橋場線
 橋場線:1922年から1944年までは雫石駅から赤渕駅付近を経由して赤渕駅北西の橋場駅まで橋場線が開通していた。赤渕駅を含め橋場駅と雫石駅間には途中駅はなかった。1944年から1964年までは不要不急線として休止扱いとなり、レール等も撤去された。戦後、橋場線延伸のルートが橋場駅経由の当初計画から変更されたため、新ルート(現在の田沢湖線ルート)と橋場方面の分岐点に位置する場所に赤渕駅が設置されることとなり、1964年に橋場線は赤渕駅まで再開業した。延伸ルートから外れることになった残りの橋場駅方面の旧線は、駅そのものを含め休止扱いのまま再開される見込みがなくなり廃線同様の状態になったため、事実上橋場駅の代替駅(赤渕駅)となった。その2年後の1966年に赤渕駅から南西方向より仙岩峠を経由するルートで、田沢湖駅(旧生保内駅)まで開業することで橋場線・生保内線が連結され(全線開業)、赤渕駅は両線の改称により田沢湖線赤渕駅となって現在に至る。
 @赤渕駅は、岩手県岩手郡雫石町御明神(おみょうじん)赤渕にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。隣駅の田沢湖駅までは県境をまたいで18.1km離れており、盛岡駅からの列車の多くが当駅または雫石駅で折り返すため、この区間は列車本数が少ない(当駅折り返しは2.5往復)。当駅までが盛岡支社の管轄で、隣の田沢湖駅より大曲方面は秋田支社管轄となる。当駅には秋田新幹線「こまち」も上下列車交換のため運転停車する時間帯がある。
 @赤渕駅構造は島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎は無いがホーム上に待合室がある。盛岡駅管理の無人駅。
A橋場線の赤渕駅 - 橋場駅間の廃線跡。
B橋場線の赤渕駅 - 橋場駅間の廃線跡。
C橋場線の赤渕駅 - 橋場駅間の廃線跡。
D橋場線の橋場駅跡。橋場駅はこの階段を登った上にある。
 D橋場駅は岩手県岩手郡雫石町にあった鉄道省橋場線(現在の田沢湖線)の駅である。現在の赤渕駅の北西約1kmのところにあった。
 D橋場駅構造は2面2線のホームを持つ地上駅であった。また、遺構から転車台や貨物用ホームがあったと推測されている。
D橋場線の橋場駅跡。橋場駅施設の遺構が残る。
D橋場線の橋場駅跡。橋場駅施設の遺構が残る。
戻る Copyright (C) 2008-2020 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『』を掲載」