廃線探索 井川線(川根市代駅-川根長島駅)

更新日時 2009年12月23日

 大井川鐵道株式会社(おおいがわてつどう)は、静岡県に路線を有する名鉄グループの中小私鉄である。略称は大鐵(だいてつ)。
大井川鐵道井川線、中部電力から運営受託している井川線(南アルプスあぷとライン)を有する。
井川線は日本唯一のアプト式鉄道として知られる。
大井川鐵道 井川線駅一覧
千頭駅- 川根両国駅- 沢間駅- 土本駅- 川根小山駅- 奥泉駅-アプトいちしろ駅- 長島ダム駅- ひらんだ駅- 奥大井湖上駅- 接岨峡温泉駅- 尾盛駅- 閑蔵駅- 井川駅
1990年10月02日廃止区間:川根市代駅- 大加島(仮)駅- 川根唐沢駅- 犬間駅- 川根長島駅
1971年04月01日廃止区間:井川駅- 堂平(貨)駅
@県道388号線市代トンネル A井川線南アルプスあぷとライン(アプトいちしろ駅)
 A市代吊橋は、昭和11年大井川電力(株)が大井川ダムの建設に伴い、木材の流送を保証するため、鉄道用吊り橋として建設された。昭和29年鉄道を井川まで延長する際ルートが変更となり、市代吊橋は道路橋となった。
 それ以前、昭和8年寸又峡に飛龍橋・昭和10年本土に三又橋が鉄道用吊り橋として建設されたが、これらは戦後永久橋に改築されたため、残っているのは市代吊橋だけである。若干の改造は行われているが、鉄道用吊橋の構造を良く残し、橋梁の歴史を語る重要な吊橋である。
A井川線現役線のトンネルNo.15(アプトいちしろ駅) A井川線旧線No.16トンネル(旧川根市代駅側)
A川根市代駅の駅銘板(資材置き場に放置されている) A井川線旧線No.16トンネル(旧川根市代駅側)
A井川線旧線No.16トンネル(旧川根市代駅側)
A井川線旧線No.16トンネルに残されているレール A井川線旧線No.16トンネル内のきのこ(笑)
B井川線旧線No.16トンネル(旧大加島(仮)駅側)
B旧大加島(仮)駅
B井川線旧線No.17トンネル(旧大加島(仮)駅側)
C井川線旧線No.17トンネル(旧川根唐沢駅側)
Cこの辺で旧線は対岸に渡っていたようだ。 D長島ダムの放水風景。
Eしぶきばし(かなり濡れました)笑。 E長島ダム築堤。
E井川線旧線No.18トンネル(旧大加島(仮)駅側)
E井川線旧線No.18トンネル(旧大加島(仮)駅側) E井川線旧線No.18トンネル内の勾配標。
E井川線旧線No.18トンネル(旧川根唐沢駅)
E展望テラスへ登る階段。 Eダムの中に入る入口・・・入ってみたい(笑)
B90‰の勾配を登るアプトの機関車。 F長島ダム駅でアプト機関車を付け替える。
G奥大井湖上駅のレインボーブリッジ。
H旧犬間駅周辺。 H旧犬間駅-接阻峡温泉駅間の廃線跡。
H旧犬間駅-接阻峡温泉駅間の廃線跡。 Iレインボーブリッジより見る廃線跡。
Iレインボーブリッジより見る廃線跡。 G旧犬間駅-接阻峡温泉駅間の廃線跡。
廃線探索 井川線(井川駅- 堂平(貨)駅)へ続く
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』