更新日時 2014年06月26日

 三興製紙祖父江工場専用鉄道:かつては、森上駅から木曽川沿いにある旧三興製紙(現王子マテリア祖父江工場)までの専用鉄道が分岐していた。三興製紙は、段ボール原紙や白板紙などを生産していた板紙メーカーである。1999年10月1日高崎製紙が三興製紙を合併し、高崎三興株式会社に社名変更。大手製紙会社王子製紙の傘下にあった板紙メーカーで、2002年に王子板紙(現・王子マテリア)に吸収された。
三興製紙祖父江工場専用鉄道
森上駅 - 三興製紙祖父江工場
 @森上駅(もりかみえき)は、愛知県稲沢市祖父江町森上本郷にある、名古屋鉄道尾西線の駅である。旧祖父江町の代表駅であり、現在は稲沢市西部の主要駅である。かつては、同市内の木曽川沿いにある旧三興製紙(現王子マテリア祖父江工場)までの専用鉄道が分岐していた。
 @森上駅構造は島式と片面による2面3線のホームを持つ地上駅で、津島駅 - 名鉄一宮駅間では唯一の終日有人駅。1番線は6両、2・3番線は4両に対応。1番線は留置線にも使用されている。駅そのものは単線上の駅だが、この駅のすぐ南の場内信号のあたりから南方面の津島駅の場内までは複線化されている(駅まで複線化しなかったのは用地が確保できなかったため)。駅自動放送が導入されているものの、無人駅タイプのもので駅員による肉声での案内をするときもある。ホームにトイレ設置済み。駅舎外にタクシー乗り場、駐車場(有料)、自転車置き場(無料)、自動販売機がある。
A三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。駐輪場が廃線跡。
B三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。
C三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。
D三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。ここから先は道路に転用。
E三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
F三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
G三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
H三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
I三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
J三興製紙祖父江工場専用鉄道の森上駅 - 三興製紙祖父江工場の廃線跡。廃線跡は道路に転用。
K三興製紙祖父江工場専用鉄道の廃線跡。この先は旧三興製紙祖父江工場。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 三興製紙祖父江工場専用鉄道