更新日時 2010年09月26日

 稲田人車軌道は稲田駅周辺で産する御影石(学名花崗岩)を採石場から駅まで運搬する為のトロッコが初めて運転されたのは、明治29年(1896年)であった。東京で石材問屋を経営していた鍋島彦七郎は、稲田に進出し、無尽蔵に存在する御影石を消費地に運搬するために、採掘場のある堂峰・西沢と稲田駅間に2km余に及ぶトロッコ軌道を敷設した。明治の末期から大正初期にかけて、大郷戸方面の開発が急速に進み、中野喜三郎が中心になり、地元の協力を得て、大正9年(1920年)12月、茨城軌道株式会社を起こして営業を開始した。この会社の石材運搬部は、稲田駅から仏頂山の下まで、長さ6km余にも及ぶ軌道をひき、トロッコによる輸送を行った。この茨城軌道線の開通により、大郷戸方面の開発は一段と活発になり、産出量も増加した。道路の整備が進むに従って、石材を稲田駅に集積して鉄道で貨車輸送するよりも、トラックが直接採石場まで乗り入れて輸送する方が便利になり、順次軌道の撤去が始まった。仏頂山から稲田駅に至る茨城軌道会社が敷設した大郷戸線は、昭和28年(1953年)ごろ廃止が決まり撤去が始まった。丁場から集石場までの線は残して使用が続けられたが、これもトラックが進入できるようになると昭和33年(1958年)ごろ廃止された。
上記写真は中野組石材工業株式会社 代表取締役 中野剛弘様のご厚意により転載させて頂きました。
 @稲田駅(いなだえき)は、茨城県笠間市稲田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)水戸線の駅である。かつては石材の積み出しで栄えた。石材を積み出すために、稲田人車軌道が、駅北側に敷設されていた。稲田人駅は東京市の鍋島彦七郎氏が稲田花崗岩開発に際し輸送の不便を痛感し日本鉄道輸送株式会社に敷地1553坪を提供し稲田駅の開設を要請したことにはじまる。同社は先ず、貨物線を布設し明治30年6月8日稲田花崗石初めてこの貨物線から発送された。即ちこの貨物線こそ稲田駅発祥の起源である。
 @稲田駅構造は相対式2面2線のホームを持つ地上駅である。簡易Suica改札機が設置されている。ホーム間は跨線橋で移動する。簡易委託駅。
@水戸線開業100周年記念碑。 @稲田駅開業70周年記念碑。
 @稲田駅は東京市の鍋島彦七郎氏が稲田花崗岩開発に際し輸送の不便を痛感し日本鉄道輸送株式会社に敷地1553坪を提供し新駅の開設を要請したことにはじまる。同社は先ず、貨物線を布設し明治30年6月8日稲田花崗石初めてこの貨物線から発送された。即ちこの貨物線こそ稲田駅発祥の起源である。翌31年5月8日駅は一般営業を開始したので石材業は急速に発展し地元民も交通に便益をえて稲田繁栄の基を開いたのである。昭和42年12月。
@稲田駅前の石材の積み替えに使われていたと思われる場所。
A常陸稲田砕石販売稲田工場。
B常陸稲田砕石販売稲田工場の裏側。大きな機械があるが使われていない様だ。
 B常陸稲田砕石販売稲田工場裏に小川が有りそこに1本の鉄橋が架かっているが、それが稲田人車軌道茨城軌道線の廃線跡。
B小川を渡る鉄橋を過ぎると御影石で補強された築堤と御影石の橋梁が残る。
B稲田人車軌道の築堤は途中で田圃の造成で途切れている。
C添田石材店の笠間方面の先で国道50号線をクロスしていた。
C国道50号線をクロス後、添田石材店脇の道が稲田人車軌道茨城軌道線の廃線跡。
C稲田人車軌道茨城軌道線は御影石で築堤を補強しているが、一部耕耘機が通るため破壊されている。
D稲田人車軌道茨城軌道線は御影石で築堤を綺麗に補強している。何時までも残してほしいものだ。
D稲田人車軌道茨城軌道線が小川を渡る所に御影石の橋が残っている。
D稲田人車軌道茨城軌道線の築堤が残る。
E稲田人車軌道茨城軌道線の廃線跡は一旦、一般道に転用されている。
 F稲田人車軌道の廃線跡は一旦道路に転用された場所になり、左方向の小川沿いの道が廃線跡と思われる。
G小川沿いの土手が稲田人車軌道の廃線跡と思われる。
H稲田人車軌道の廃線跡らしき築堤が田圃の中にある。
I稲田人車軌道の支線が右側へ分岐。
J石材の採掘場に到着この辺が支線の終点辺りか?
K稲田人車軌道の廃線跡は道路に転用されている。
L稲田人車軌道の分岐場所。反町の分岐場所。
M稲田人車軌道の反町の分岐場所から左方向(鍬柄峠方向)へ分岐後更に右への分岐。吉葉石材へ。
N右へ吉葉石材の分岐場所を更に直進する。(鍬柄峠方向)
O鍬柄峠方向から右へ分岐すると猪野建材工業の石材採掘場。
 P稲田人車軌道の廃線跡を大郷戸方面へ進むとその先は砂利道へ。右は直ぐ先で民家があり行き止まり。
Q稲田人車軌道の廃線跡と思われる砂利道を進むと民家が有る。
Rその先も林道が続くが終点はこの先か?
稲田人車軌道(鍋島軌道線)へ続く
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典:稲田御影石材史 小林三郎著
出典:中野組石材工業株式会社
廃線探索 稲田人車軌道(茨城軌道線)