更新日時 2011年07月07日

 専売公社宇都宮工場専用線:日光線鶴田駅からかつて宇都宮市睦町に存在していた専売公社宇都宮工場まで専用線が延びていた。専売公社宇都宮工場は旧大日本帝國陸軍第十四師団野砲第二十聯隊駐屯地跡に、昭和27年(1952年)に設立され、専用線は同時期に設置された。専売公社宇都宮工場からの出荷物輸送や原材料搬入等に活躍を続けたが、昭和52年(1977年)に同工場が宇都宮市清原工業団地に移転。専用線は同時に廃止され専用線跡はその後全線が「なかよし通り」という自転車・遊歩道になった。この専売公社宇都宮工場専用線は、宇都宮石材軌道の(鶴田駅〜西原町)を一部流用して作られた。その元々の宇都宮石材軌道は、明治36年(1903年)3月22日に開通し、昭和7年(1932年)2月1日に一度廃線となっている。
 @鶴田駅(つるたえき)は、栃木県宇都宮市西川田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線の駅である。かつては東武鉄道大谷線や専売公社工場(1984年2月廃止)および富士重工業宇都宮製作所への専用線とも接続していた。
 @鶴田駅構造は島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎側のホームは使われていない。指定席券売機と簡易Suica改札機が設置されている。
 @駅本屋とホームを結ぶ跨線橋は1911年製で、2009年2月に経済産業省より平成20年度の近代化産業遺産に指定された。
A専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
B専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
C専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
D専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
E専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
F専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
G専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
H専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
I専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
J専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
K専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
L専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
M専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
N専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
O専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
 P大谷石の蔵。今回の東日本大震災で、大谷石の屏は鉄筋が入っていないため、多くが倒壊したが、蔵は頑丈に造られているために殆ど無傷ですね。
Q専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
R専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
S専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
@専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
A専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
B専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
C専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
D専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
E専売公社宇都宮工場専用線の廃線跡。
 F専売公社宇都宮工場跡の宇都宮商工会議所:この建物は、大正11年(1922年)に計画され、昭和3年(1928年)に竣工した旧宇都宮商工会議所建物正面の一部である。西欧建築の様式とデザインを駆使して安美賀(宇都宮工業学校初代校長)が設計し、地元特産の大谷石を外装各所に配してある。昭和54年(1979年)多くの県民に惜しまれつつ解体されたが、本県の代表的な近代建築を後世に伝えるため、昭和60年(1985年)復元保存された。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 専売公社宇都宮工場専用線