更新日時 2014年12月09日

廃線探索 徳川河岸線
 徳川河岸線(とくがわがしせん)は、かつて群馬県新田郡木崎町および同郡尾島町(いずれも現・太田市)にあった東武鉄道の貨物線である。利根川で採取した砂利を伊勢崎線木崎駅へ運搬するために、徳川河岸に設置された貨物専用駅であった。1925年(大正14年)11月27日(貨)徳川河岸間に徳川河岸線開業。1968年(昭和43年)6月11日徳川河岸線廃止。
徳川河岸線
木崎駅 - 徳川河岸駅
 @木崎駅(きざきえき)は、群馬県太田市新田木崎町にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 20。
 @木崎駅構造は木造駅舎は開業時に建設されたもので、伊勢崎方面ホーム側にある。各ホーム間は構内踏切で連絡している。2006年(平成18年)3月に構内踏切が設置されるまでは、列車接近時に駅員2名が通行整理を行っていた。構内踏切とホームとの間には階段のほか、スロープも設置されている。トイレは伊勢崎方面ホーム側に設置されている。
A徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。
B徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。廃線跡の痕跡は完全に消滅している。
C徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。廃線跡の痕跡は完全に消滅している。
D徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。廃線跡の痕跡は完全に消滅している。
E徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。廃線跡の痕跡は完全に消滅している。
F徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。廃線跡の痕跡は完全に消滅している。
G徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。廃線跡の痕跡は完全に消滅している。
H徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。土手下が廃線跡。
I徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。土手下が廃線跡。
J徳川河岸線の木崎駅 - 徳川河岸駅間の廃線跡。土手下が廃線跡。
K徳川河岸線の徳川河岸駅跡。國分徳川採石場。
K國分徳川採石場の新旧の建物。木造の建物が良いですね。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』