更新日時 2015年01月26日

 連合軍羽田空港専用線:第2次世界大戦後、連合軍に現在の羽田空港が接収され、羽田空港拡張工事に伴う、資材運搬用の路線が敷設された。一部は現在の京急空港線の路線を転用。旧国鉄の蒲田駅から、現京急空港線への渡り線が敷設された。その渡り線が連合軍羽田空港専用線の一部で、現在は廃線になり一部は道路に転用されている。現京急空港線接続以降は路線がそのまま継承されている。今回は、旧国鉄の蒲田駅から、現京急空港線への渡り線の廃線探索を行った。
@蒲田駅南側の東海道線から分岐していた部分。
A連合軍羽田空港専用線の廃線跡。道路に転用されている。
B連合軍羽田空港専用線の廃線跡。道路に転用されている。
C連合軍羽田空港専用線の廃線跡。道路に転用されている。
D連合軍羽田空港専用線の廃線跡。道路に転用されている。
E連合軍羽田空港専用線の廃線跡。道路に転用されている。
F連合軍羽田空港専用線の廃線跡。道路に転用されている。
G連合軍羽田空港専用線の廃線跡。自転車置き場に転用されている。
H連合軍羽田空港専用線の廃線跡。この辺で現京急空港線へ接続していた。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廃線探索 連合軍羽田空港専用線