更新日時 2018年03月18日

造幣博物館
 造幣博物館は、明治44年(1911年)に火力発電所として建てられた建物で、造幣局構内に残る唯一の明治時代のレンガ造りの西洋風建物です。昭和44年(1969年)に建物の保存を図り、当局が保管していた貴重な貨幣などを一般公開し、造幣事業を紹介するため当時の外観をそのままに改装し、「造幣博物館」として開館しました。
C造幣博物館。 C創業期に使われていた圧印機。
C20円金貨の大型レプリカ。 C日頃使っているコイン。
C創業時の功労者。 C近代造幣局の誕生。
C金銀貨幣鋳造場の屋根瓦。 C川崎東照宮の屋根瓦(葵の紋入り瓦)
C最初のメダル刻印。 C試作貨幣。
C貨幣鋳造の模型。 C硫酸銅。硫酸製造所の副産物。
C硫酸ソーダ製造設備。 C圧印模型。
C縮彫機。
C縮彫原版。 C種印(縮彫機で原版を縮彫したもの)
C分銅原器とイギリス製天秤。 Cスイス製硫酸煮沸かし壜。
C貴金属製品の拡大模型。 C500円貨幣の偽造防止技術。
C鋳塊。 C円形を打ち抜いた板。
C縁の付いた円形。 C焼鈍した円形。
C洗浄した円形。 C圧印済み貨幣。
C貨幣大袋と表記紙。 C勲章の出来るまで:極印。
C圧写。 Cヤスリ掛け。
C七宝道具。 C完成品。
C東京オリンピック下記大会入賞メダル。 C札幌オリンピック冬季大会入賞メダル。
C勲章類。
C墨俣一夜城の金鯱。 C造幣博物館ご来館記念。
Cその他の造幣局での製作物。
C貨幣袋の重さ体験。 C金塊・銀塊。
C古代中国の貨幣。
C古代中国の貨幣。 C古代中国の貨幣。皇朝十二銭。
C渡来銭。 C模造銭。
C大法馬金。 C古丁銀・地方銀。
C金錠・蛭藻金・譲葉金。 C小判・朱金・分金。
C小判・朱金・分金。 C丁銀・豆板銀。
C寛永通宝。 Cシカゴ万国博覧会に出品した貨幣。
Cお札類。 C10円洋銀貨・他。
C空薬莢で鋳造された50銭黄銅貨幣。 Cドイツマイセン陶貨。
C造幣局で製造した外国の貨幣。 C大判。
C金座。
C日本の記念貨幣(オリンピック等) C日本の記念貨幣。
C日本の記念貨幣(皇室関係) C千円銀貨幣。
C五百円バイカラー・クラッド貨幣。
C記念貨幣。
C今年の貨幣セット。 C形の珍しい貨幣。
C材質の珍しい貨幣。 Cデザインの珍しい貨幣。
Cデザインの珍しい貨幣。
Cデザインの珍しい貨幣。
C世界の現行流通貨幣。
C世界の現行流通貨幣。 Cユーロコイン。
C貨幣セット(2005年〜2008年)
C貨幣セット(平成25年〜平成28年)
C貨幣セット。
C貨幣セット。 C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。 C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。
C変わった記念貨幣。 C貨幣法に基づく貨幣。
C新貨幣法に基づく貨幣。
C造幣局の展示室。
C幕末の貨幣。 C貨幣司時代の貨幣。
C明治44年竣工の火力発電所。 C造幣局での貨幣鋳造。
C造幣局構内を警備した衛兵。 C造幣博物館内の学習室。
Cこの煉瓦は1911年(明治44年)に建てられた火力発電所の煉瓦。
C創業当時の造幣局模型。
C創業当時の造幣局模型。
Copyright (C) 2008-2018 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『大阪市』を掲載」