更新日時 2018年11月03日

夕張市石炭博物館
 夕張市石炭博物館は、北海道夕張市高松7番1号にある博物館。石炭の歴史村の整備に合わせてその中核施設として1980年(昭和55年)7月に開館したもので、1970年(昭和45年)開設の夕張市郷土資料館(後に夕張市炭鉱資料館に改称)を前身としている。北海道の明治期以降の基幹産業となった石炭産業を、石炭と炭鉱のテーマに分け、石炭の生成から開発、利用など技術や労働、生活を実物の資料、坑道、石炭層などから紹介している。旧北炭夕張炭鉱天竜坑を利用した採炭現場の動態展示など石炭産業関連としては世界でも有数の博物館である。 2013年(平成25年)に「郷土文化施設」となり、観光施設から文化施設に行政上の扱いが転換された。 夕張市石炭博物館が2018年4月1日よりNPO法人炭鉱の記憶推進事業団が指定管理者となり、2018年4月28日にニューアルオープン。
@夕張市石炭博物館。竪坑はエレベーターになっている。
@ライスハーケンS3型ホーベル。 @メタセコイアの石炭。
@サリバン型エアーコンプレッサー。
@炭塊。 @化石。
@夕張鉄道特別展。
@夕張鉄道特別展。
@夕張鉄道特別展。夕張鉄道で使われた設備・工具類。
@夕張鉄道特別展。夕張鉄道で使われた外国製のレール。
@夕張鉄道特別展の展示写真。
@北海鋼機前駅。 @晩翠駅。
@南幌駅。 @野幌駅。
@双葉停留所。 @北長沼駅。
@栗山駅。 @角田駅。
@継立駅。 @新二岐駅。
@平和駅。 @若菜駅。
@夕張本町駅。 @鹿ノ谷駅。
@夕張の歴史。 @開拓の黎明期。
@夕張の黎明期写真。
@夕張の黎明期写真。
@夕張の炭鉱と鉄道。
@夕張の炭鉱と鉄道。
@シューパロ湖の当時の写真。 @古時計。
@鉄製人車と木製炭車。 @石炭。
A石炭ストーブ。 A安全灯自動充電台。
A竪坑ケージをイメージしたエレベーター。
B体験坑道。
B手堀採炭の先山と後山。 B磐箱を背負う女坑夫。
B安全灯の整備点検をする安全灯婦。 B発破採炭の穴モミをする採炭夫。
B留め付けをする支柱夫。 Bグラウトポンプ。
Bタービンポンプ。
B馬引運搬。 B戸番の女坑夫。
Bアンレット。 B水中ポンプ。
Bグラウトポンプ。 Bウォーシントポンプ。
Bピック採炭の先山と後山。 B瓦斯を調べる保安係員。
B鉄柱カッペの撤収作業をする採炭夫。 Bエアーオーガーを使う採炭夫。
B削岩機を使う掘進夫。 Bエアーホイストの運転をする運搬夫。
B風量を調べる側風員。 B救護隊の装備。
B瓦斯ブロアー B坑口神社
B油圧モーター? B安全灯自動充電台。
B空気圧縮機。 B鋼製ワイヤー。
B鉱山用ケーブルの種類。
B鉱山用保安設備。
B自走枠。 BD型ライスハーケンホーベル。
B集中監視盤。 B水銀整流器(タコ頭)
Bチップラー。
Bユニッククレーン車 B架空線式電気機関車。
B切羽ダブルチェーンコンベア。 B監視盤。
Bチェーンコンベア。
C体験坑道の入口は煉瓦造りになっている。
C体験坑道の入口は煉瓦造りになっている。
C木造の合掌枠
Cエアー動力のバケットローダー。
C体験坑道の自走枠。
C体験坑道の見学通路は確りと安全対策している。
C先端の掘削機械。
C先端の掘削機械のヘッド。
C開閉器。 C坑内用電話。
C体験坑道。
C体験坑道。
C体験坑道。
C体験坑道の木製炭車。
C体験坑道の斜坑インクライン。
D体験坑道の出口。 D昭和4年頃人車に乗る炭鉱夫。
D天龍坑坑口跡。昭和13年10月6日の炭塵爆発で161名の死亡事故が有り閉鎖された。
D天龍坑の煉瓦。
D天龍坑の煉瓦を確認したが煉瓦の刻印は確認出来なかった。
D覆輪目地。 D天然記念物の石炭の露頭。
D坑口神社跡。
E石炭歴史村の煉瓦造りの入口。煉瓦は新しい煉瓦が使われていた。
Fコークス窯の煙突。
G橋梁から見た夕張SL館。
Copyright (C) 2008-2018 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『夕張市』を掲載」