更新日時 2017年03月09日

 日 時  写真  コメント
2017年02月吉日 消防博物館とは、東京都新宿区四谷にある東京消防庁の歴史と活動に関する資料を展示している博物館である。四谷消防署と併設されている。1992年12月3日開館。マスコットキャラクターは「ファイアーくん」。東京消防庁消防防災資料センターとも呼ばれる。歴代の消防車の展示の他、江戸時代の火消しの道具、破壊消防で防いでいた当時の技術を扱ったジオラマと人形浄瑠璃によるショーステージや、歴代の消防の変遷をまとめた展示、現代の消防と救急に関する展示、家庭での事故・防災対策をまとめた展示、自然災害とその対策を扱った映像、防災アニメを見ることのできるアニメシアターや消防活動の様子が見られるアニメと模型のショーステージもある。
2017年01月吉日 釧路市立博物館は、北海道釧路市にある博物館。 1936年(昭和11年)7月14日に釧路市役所(先代庁舎)水道建設事務所2階フロア内に設けられた「釧路市立郷土博物館」が前身。旧丸三鶴屋百貨店への臨時移設を経て、1949年(昭和24年)には鶴ヶ岱公園に当時の釧路市警察署の建物を移転・改築し、展示活動を行った。1965年(昭和40年)に「博物館移築促進期成会」が発足。1977年(昭和52年)に「釧路市埋蔵文化財調査センター」を春採湖畔に設置、1983年(昭和58年)11月3日に建物が完成し、「釧路市立博物館」として開館した。建物はタンチョウが翼を広げた姿をイメージして作られた。設計は釧路市出身の毛綱毅曠によるもので、1984年(昭和59年)に第36回日本建築学会賞を受賞している。
2016年12月吉日 大阪築港 GLION MUSEUM:100年近い歴史を持ち、近代化遺産として価値の高い築港赤レンガ倉庫。その古き良き建造物を活かし、往時のロンドンやニューヨークの裏路地を再現。往年のクラシックカーを生かす最高のステージに生まれ変わりました。GLION MUSEUM(GLION ミュージアム)は、ただ展示するだけでなく実際に触れ、走行していただけるヴィンテージ車にこだわりました。クラシックカー博物館としては、関西初のスケールと展示車数はご来場いただければ実感していただけるはず。さらにGLION STEAK HOUSE(GLION ステーキハウス)やGLION CAFE 1923(GLION カフェ)なども併設。まさに「五感を揺さぶる複合施設」です。GLION MUSEUM(GLION ミュージアム)はわたしたちGLIONグループがご提案する、新しいクラシックカーミュージアムのカタチです。
2017年01月吉日
2016年08月吉日
送水口博物館
【開館日】毎週木曜日隔週土曜日
【開館時間】14時〜19時
【入場料】入場無料
【所在地】東京都港区新橋2-11-1
      村上建物ビル5階
【電話番号】 03-3591-2188
【交通案内】JR山手線新橋駅
日比谷口SL広場前から徒歩5分
2016年10月吉日
2009年03月吉日
京都鉄道博物館は、京都府京都市下京区観喜寺町に、2016年4月29日に開館した鉄道博物館である。西日本旅客鉄道(JR西日本)および公益財団法人交通文化振興財団が運営する。2014年(平成26年)4月6日に閉館した交通科学博物館の収蔵物の一部と、2015年(平成27年)8月30日に閉館した梅小路蒸気機関車館の収蔵物を展示し、梅小路蒸気機関車館を拡張・リニューアルを行い、2016年(平成28年)4月29日にグランドオープンした。京都鉄道博物館の開館工事にあたり、蒸気機関車の解体検査や修理に特化した専用検修庫を新設する。SL検修庫では、蒸気機関車を吊り上げることができるクレーンを設置し、検修庫を修理風景を見学できるよう、施設の一部をガラス張りにすることも発表している。
2016年09月吉日
2010年09月吉日
博物館 明治村は、明治時代の建物等を移築・復元し、当時の歴史や文化を今日に伝えようとする野外博物館である。通称「明治村」。鉄道、郵便、酒造業、病院、裁判所、芝居小屋、学校、教会、灯台など明治の社会、文化の様々な領域を取上げ、当時の建物とその内部の関連の展示で、一望することが出来るようになっている。歴史的に貴重な文化財を保存しているとともに、明治時代を追体験できる一種のテーマパークといえるだろう。鉄道資料は、静態保存だけでなく、旧京都電気鉄道(後に京都市電)の車両や蒸気機関車(名古屋鉄道12号 - 旧鉄道院160形)など、明治の車両を動態保存していることも特筆すべきことである。いずれも館内移動用の乗り物として実際に乗車できる。
2016年07月吉日 三菱重工業長崎造船所史料館は長崎県長崎市飽の浦町にある三菱重工業長崎造船所飽の浦本工場内にある企業博物館。被爆建造物でもある。三菱重工業発祥の地で、日本の近代化に貢献した同造船所の歴史を振り返る。もともとは1898年(明治31年)に鋳物(エンジンなど)鋳造用の木製鋳型を作る工場として建設され、1982年(昭和57年)に新しい木型場が完成したため、1985年10月に史料館として開館。「三菱長崎造船所 旧木型工場」の名称で、明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業の構成資産として世界遺産に登録されている。
2016年02月吉日 赤れんが博物館は京都府舞鶴市にある、レンガについて様々な視点からの収集・展示を行っている博物館。1993年11月に開館した。舞鶴市が運営している。建物は1903年(明治36年)に竣工した旧日本海軍の兵器廠魚形水雷庫のを改装したもので、鉄骨構造であることや煉瓦の積み方がフランス積みであることなど、舞鶴の煉瓦建築物のなかでもユニークな存在である。現存する鉄骨構造の煉瓦建築物としては日本最古級とされている。2008年6月9日、舞鶴赤煉瓦倉庫群の一つとして重要文化財に指定された。館内では世界の歴史的建造物で使用された様々な煉瓦が展示されている他、世界の著名な煉瓦建造物の紹介、およびホフマン式輪窯を再現したコーナーで煉瓦の製法が紹介されている。舞鶴では、現存している戦前の煉瓦建築物の一部である倉庫群をライトアップし、観光振興に供している。
2016年02月吉日 鳥羽水族館は1955年(昭和30年)に開館した私営の水族館である。これまでの長い歴史の中では世界初スナメリの飼育下での繁殖成功や日本初ラッコの赤ちゃん誕生の他、世界各地で地道な調査研究活動を続け、ジュゴンの飼育下での長期飼育世界記録達成や世界初のオウムガイ3世誕生など様々な生きものの飼育実績を上げてきた。2016年(平成28年)1月時点の展示生物は約1,200種で、日本国内では最大である。自然の環境を再現したゾーンが12あり、約1200種類30,000点もの海や川の生きものが飼育・展示されている。通路は観覧順序を無くした自由通路となっており、通路全長は約1.5kmである。入館者の8割を大人が占めるという特徴を有し、「質実剛健な水族館」と評される。
2016年01月吉日 大阪市下水道科学館は、大阪市此花区にある科学館。1995年に設けられた。下水道の役割を楽しく学べる体験型学習施設。海老江下水処理場に隣接する。下水道科学館は、下水道の役割をできるだけ多くの人々に知っていただくことを目的に、大阪市の近代下水道事業着手100周年を記念して建設しました。さまざまな展示を楽しみながら、下水道のしくみと働きや大阪市の下水道の特徴を学んでいただける参加体験型の施設です。開園時間: 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)休館: 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)、年末年始。入園料: 無料。所在地: 554-0001 大阪市此花区高見1丁目2番53号
2015年11月吉日 尾小屋鉱山資料館が旧尾小屋鉱山跡にもうけられており鉱山関連資料などが展示、併設の小松市立「ポッポ汽車展示館」には鉱山鉄道として敷設された尾小屋鉄道の保存車などが、保存・陳列されている。尾小屋鉱山とは、かつて石川県小松市尾小屋町に存在していた銅山である。1896年(明治29年)洪水を機に坑内の施設を近代的なものに変え、1903年(明治36年)には銅生産量が1,000tを超えた。その後、1920年(大正9年)の2度のストライキを経験するなど労働争議が頻発し、1931年(昭和6年)には経営が行き詰まる。鉱山は日本鉱業の手に渡った後、1962年(昭和37年)には北陸鉱山(日本鉱業の関連会社)へと再三経営者が変わり、1971年(昭和46年)閉山された。
2015年11月吉日 こまつの杜」には、コマツグループ社員のグローバルな人材育成の機能を担う「コマツウェイ総合研修センタ」に加え、一般開放するエリアとして、当地にあった旧本社社屋を復元した施設「わくわくコマツ館」、加賀地方の里山を再現した緑地「げんき里山」、チリの銅鉱山で実際に稼働していた世界最大級のダンプトラック「コマツ930E」の展示場を設けました。特に、「わくわくコマツ館」や「げんき里山」を核として、地元行政や教育関係者、新設されたNPO法人「みどりのこまつスクスク会」、当社粟津工場OB会の方々に協力いただきながらソフト面での充実を図り、多くの子供たちが集い、理科や自然、ものづくりに興味を抱く機会を積極的に提供することで、当社発祥の地である小松市に貢献していきます。
2015年06月吉日 サントリーウイスキー博物館:サントリーから始まった日本のウイスキーの歩み展示や、ウイスキーが誕生した中世の道具や貴重な資料などをご覧いただけます。白州蒸溜所は、山梨県北杜市白州町鳥原2913番地1にあるサントリー酒類のウイスキーの製造所である。サントリーウイスキー誕生50周年を記念して山崎蒸溜所に次ぐ同社二つ目の蒸溜所として1973年に設立された。敷地内には国産ミネラルウォーターのひとつ「サントリー天然水 南アルプス」のボトリング工場が併設されている。別名も存在し、名称は『白州サントリーディスティラリー』。
2015年01月吉日 小平市ふれあい下水道館は平成2年度に下水道普及率が100%を達成したことを記念してつくられました。下水道の役割や仕組み、歴史などを分かりやすく映像システムやパネルで展示しています。また、大型モニターで下水をきれいにする微生物の観察もできます。地下5階の「ふれあい体験室」では、地下25メートルの実際に流れている下水道管の中に入り、実際に下水の色やにおいなどを体験できます。下水道の役割を知り、水環境について考えてもらう全国でも初めての施設です。
2015年01月吉日 ベンガラ館は岡山県高梁市にある赤色顔料ベンガラをテーマとする博物館。1707年の生産開始以来日本唯一のベンガラ産地として繁栄した吹屋地区にあったベンガラ工場跡を活用して開設された。明治時代のベンガラ工場の建物と製造用器具を忠実に復元し、ベンガラの製造工程を紹介している。実際に使用された古い製造用器具の展示もされており、隣接する陶芸館ではベンガラで絵付けされた九谷焼、伊万里焼、京焼等の陶磁器が展示されている。弁柄(べんがら、オランダ語: Bengala、紅殻とも表記)あるいは酸化鉄赤(英語: Red Iron Oxide)は、赤色顔料・研磨剤のひとつ。
2014年12月吉日 鹿児島空港 航空展示室(ソラステージ)
ソラステージでは、『誰もが楽しめる空港』をコンセプトに、航空に関する様々な展示を行っています。鹿児島空港の歴史や、現在就航している航空会社についての紹介をはじめ、世界的に有名な航空機の機体をモデルプレーンやパネルを展示しています。また、なかなか触れることのできない実物大のエンジンのパーツや翼の一部なども展示しており、航空機の大きさを体験することができます。ソラステージで、飛行機の描いてきた夢の軌跡とスケール感を存分に味わってください。きっと旅立ちや見送りまでのひとときに、あなたの知的好奇心を存分にくすぐることでしょう。
2014年07月吉日 金生山化石館:金生山の中腹の金生山神社の東隣には、この山から出土した化石など約300点を展示した金生山化石館がある。金生山(きんしょうざん)は、伊吹山地の南東端に位置する標高217mの山である。所在地は、岐阜県大垣市赤坂町である。数多くの化石が発掘されることで知られていて、「日本の古生物学発祥の地」と呼ばれることがある 。地質学的価値も高いという。その一方で山全体が石灰岩の日本有数のその産出地であり、石灰岩、大理石の採掘が盛んに行われており、山容が変わり景観は損なわれつつある。
2011年06月吉日
2014年07月吉日
近江鉄道ミュージアムは近江鉄道彦根駅構内にて国内で現存している米国製の電気機関車や、 昔懐かしい資料、写真、鉄道部品を公開させていただいております。2007年3月21日、近江鉄道彦根駅にて「近江鉄道ミュージアム」がオープンしました。
2014年04月吉日 呉市海事歴史科学館は、広島県呉市にある科学館。愛称は大和ミュージアム(やまとミュージアム)で、正式名称よりも愛称が広く定着している。明治時代以降の造船の街あるいは軍港・鎮守府としての呉の歴史や、基幹となった製鋼や造船などの科学技術を展示することを目的に、日露戦争・日本海海戦から100年目、太平洋戦争終戦から60年目にあたる2005年(平成17年)4月23日に開館した。大和の模型の他、戦艦陸奥や重巡洋艦青葉に実際に搭載されていた主砲身、戦艦金剛の英ヴィッカース社から輸入した当時のボイラーや、戦艦陸奥の錨、航空戦艦日向のマストに掲揚されていた軍艦旗、零式艦上戦闘機六二型、“人間魚雷”回天10型(試作型)、特殊潜航艇「海龍」を展示の主体として、海軍兵器の実物が数多く展示されている。
2014年04月吉日 海上自衛隊呉史料館は、広島県呉市にある海上自衛隊の広報を目的とした施設で、愛称は「てつのくじら館」。2007年4月5日より一般公開されていて、入館料は無料である。海上自衛隊の歴史や装備品の紹介などが展示されており、1階部分では海上自衛隊の歴史について、2階では機雷の脅威と掃海艇の活躍、3階では潜水艦の活躍について、実物・模型・絵図や映像などの資料を用いて紹介している。そして、展示の目玉は国内では初めてとなる実物の潜水艦の屋外展示で、この潜水艦は実際に海上自衛隊で就役していたゆうしお型潜水艦の「あきしお」 (SS-579) で、「あきしお」は2004年3月に除籍となった後、展示用に内部機器の交換や汚れを落とすなどし、2006年9月24日から26日に建設中の呉史料館への搬入が実施された。
2014年03月吉日 宇部市石炭記念館は、宇部市発展の基盤となった石炭産業を後世に伝えようと、市民の総力を挙げての寄付によって昭和44年、日本初の石炭記念館として誕生しました。館内には近代化産業遺産に選ばれた3,000点を超える収蔵品が収められた資料館、モデル坑道、東見初炭鉱で実際に使われていた立抗櫓を移設して造られた展望台を備えています。また、屋外には蒸気機関車や炭鉱で使われていた機械が展示されています。
2014年01月吉日 渚の博物館:“渚の駅”たてやま内にあり、「房総の海と生活」をテーマに海洋民俗資料や安房地方の文化財を中心とした展示を行っています。これらの資料のうち2144点が「房総半島の漁撈用具」として国の重要有形民俗文化財に、1403点が「房総半島の万祝及び製作関連資料」として千葉県の有形民俗文化財に指定されています。 平成21年4月1日、館山市が千葉県から移譲を受けた旧千葉県立安房博物館は、博物館機能を核とした館山港交流拠点“渚の駅”たてやまに生まれ変わり、重要有形民俗文化財の「房総半島の漁撈用具」や県有形民俗文化財の「房総半島の万祝及び製作関連資料」を中心に、房総の漁業に関わる文化や漁民の生活を紹介しています。 小規模な水族館や展望台が併設されている。
2013年03月吉日 熊野市紀和鉱山資料館は、紀和町の歴史はもちろん、長い歴史の中で重要な産業として営まれてきた鉱山の盛衰が分かり、先人たちの知恵や工夫を知ることができます。紀和町では歴史に残されてきた文化を継承しながら、これからの文化を残していく施設として、この資料館を設立しました。その志は、合併によって熊野市紀和町となった現在も変わりません。この資料館が地域に住む人々の誇りとなり、すべての人々の生涯学習の場所として利用されることを望んでいます。1995年4月紀和町 町制40周年の記念事業として建てられ、紀和町鉱山資料館としてオープン。2005年11月合併により、熊野市紀和鉱山資料館と改名。
2013年02月吉日 直方市石炭記念館:筑豊炭田は明治の初めから昭和51年までの約100年間に約8億トンの石炭を産出し、日本の産業発展と近代化に貢献してきました。筑豊炭鉱が閉山によって少なくなった昭和46年7月「炭鉱の歴史」を後世伝えるため記念館を設置しました。本館は明治43年に「筑豊石炭鉱業組合」の会議所として建てられた建築物で、現在は筑豊炭田の歴史を伝える資料館として活用されています(直方市有形文化財)。施設内には、写真や絵画、模型などのほか、実際に使用されていた蒸気機関車や掘削用大型機械など貴重な資料を多数展示。また、「九州炭鉱救護隊連盟」(昭和27年に結成)の訓練場所としてこのエリアを使用していた時代もあり、建物の裏側には現在も練習用の坑道が残っています。
2013年02月吉日 宮若市石炭記念館は旧大之浦小学校校舎跡に昭和52年5月に開設され、かつて炭鉱王と云われた貝島太助翁を創始者とした貝島炭鉱の協力を得て、当時の資料を中心に、器材・写真など日本有数と称される文献又、篤志家の揮毫による油絵の大作などが保存されています。また、屋外にはCサイドタンク式機関車が展示されています。1884年貝島炭鉱による石炭採掘が始まり,1902年には筑豊本線勝野駅から九州鉄道(JR宮田線,1989廃止)が開通して,筑豊炭田有数の大炭鉱町に発展した。1955年には町としては日本最大の人口(5.5万人)を擁したが,石炭合理化政策によって炭鉱は相次いで閉山し,人口は半減した。完全閉山の昭和51年までの90年間におよそ1億トンの石炭を出炭しました。
2013年02月吉日 遊就館(ゆうしゅうかん)は、靖国神社境内に併設された同社の祭神ゆかりの資料を集めた宝物館(博物館法の適用外)。幕末維新期の動乱から大東亜戦争(太平洋戦争)に至る戦没者、国事殉難者を祭神とする靖国神社の施設として、戦没者や軍事関係の資料を収蔵・展示している。1882年(明治15年)に開館した日本における「最初で最古の軍事博物館」。「遊就館」という名称は、『荀子』勧学篇の「君子居必択郷遊必就士」に拠る。靖国神社の祭神の霊を慰め、その徳を頌するため絵馬堂を兼ねて祭神の遺物を陳列する所とし、1878年(明治11年)に陸軍卿・山県有朋その他の主唱によって西南戦争の際に献納された華族の恤兵金の一部で建築に着手した。1882年、幕末維新の新政府軍(官軍)戦没者ゆかりの品を展示する目的で開館。
2012年08月吉日 オジンツボ歴史博物館はロシアのモスクワ近郊のオジンツボにある歴史博物館である。展示物は屋外に戦闘機や戦車が展示されている。
2011年12月吉日 柵原ふれあい鉱山公園・柵原鉱山資料館は、東洋一の硫化鉄鉱山として栄えてきた柵原鉱山の歴史や文化が、楽しく学べる施設です。鉱山採掘現場再現、昭和30年代街並、くらし再現、片上鉄道列車展示。1階には昭和30年代街並や、くらしを再現。地下には鉱山採掘現場をバーチャルに再現。大正、昭和と繁栄した鉱山、採掘、運搬風景の再現。鉱石、乗客を輸送した片上鉄道列車11両の動態、保存、昭和30年代の自転車屋、マーケット、社宅等の街並みの再現。柵原鉱山は、東洋一の硫化鉄鉱を産する鉱山として古くから栄えてきました。昭和40年頃の最盛期には年間90万トン以上もの鉱石を産出していましたが、海外から安い硫化鉄が輸入されるようになると、次第に需要が減少。そして平成3年3月、時代の流れとともに閉山の時を迎え、75年間の歴史に幕を降ろしました。
2011年08月吉日 龍泉新洞科学館:日本三大鍾乳洞に数えられる龍泉洞。すでに知られているだけでも3100m以上もあり、その全容は5000m以上に達すると推定される。洞内には、世界有数の透明度を誇る深い地底湖が形成され、大自然の息吹を感じさせる青く透きとおったブルーの湖水は、無数の鍾乳石とともに、来訪者を幻想的な世界へ誘う。また、龍泉洞入口の向かい側にある龍泉新洞は、洞内から発見された多数の土器や石器などの貴重な資料や標本を展示した自然洞穴科学館として公開されている。1967年(昭和42)に発見された鍾乳洞を科学館としたもので、地質・古生物・考古などの資料や標本を展示。この洞穴からは古代人の住居跡が発見されていて、その生活なども再現している。所要10〜15分。
2011年07月吉日 船の科学館は東京都品川区東八潮の東京臨海副都心にある博物館。船舶や海運、海洋開発に関する事柄を中心に展示する海事博物館である。6万トン級の大型客船を模したユニークな本館は、施設及び展示共に老朽化が著しく、これを機に、次世代の海洋教育拠点へのリニューアル準備のため2011年 9月30日(金)をもって、ひとまず本館展示を休止。本館建物は、引き続き事務所及び収蔵保管・研究施設として活用し、展示は前面水域で保存・公開している南極観測船“宗谷”を中心に、屋外展示の公開を行うと共にプール水面を活用した各種体験教室も実施して、博物館活動を継続していくこととした。なお、前面水域に係留している青函連絡船“羊蹄丸”につきましては、本館展示の休止に伴い保存・展示を終了。
2011年07月吉日 秩父鉄道車両公園(ちちぶてつどうしゃりょうこうえん)は埼玉県秩父市の秩父鉄道三峰口駅脇にある鉄道公園。秩父鉄道で過去に使用された車両を展示しているほか、転車台が動く状態で残されており、パレオエクスプレスの運行日には間近で機回しを見ることが出来るため多くの鉄道ファンが来る。また園内には桜の木がうえられていて季節には花が咲き誇る。入場するには警報機・遮断機のない踏切を通らなければならないので、十分注意しなければならない。秩父鉄道創立90周年事業として建設された。1989年3月17日開園。なお秩父鉄道側の案内や看板などでは「鉄道車両公園」となっている。営業時間:年中無休 9:00〜16:00 入園料:無料
2011年05月吉日 大崎市三本木亜炭記念館(おおさきしさんぼんぎあたんきねんかん)は、宮城県大崎市にある亜炭の博物館である。仙台藩では幕末から亜炭の採掘が行われた。現在の宮城県大崎市三本木の大松沢丘陵などでは三本木亜炭が産出され、1920年代の仙台鉄道開通により、仙台市へ大量に供給された。当館は、道の駅三本木内にある三本木亜炭をテーマにした博物館であり、館内の中央に重さ10トンの亜炭塊を展示する他、亜炭資料展示室では、最盛期の坑道が再現されており、また亜炭の性質や利用法、地域における採炭の歴史などを解説し、関連する資料を展示している。館内には他に、写真展などが開かれる市民ギャラリーや、休憩室・トイレもあり、いずれも無料で利用できる。また建物の軒下には、亜炭の採炭が行われていた当時に使われていた、ダイハツ工業のオート三輪が展示されている。
2011年05月吉日
2007年11月吉日
鉄道博物館
 鉄道博物館(てつどうはくぶつかん、英語:The Railway Museum )は、埼玉県さいたま市大宮区大成町および北区大成町にある鉄道に関する博物館である。
東日本旅客鉄道(JR東日本)の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして2006年5月14日に閉館した交通博物館に替わる施設として、2007年10月14日の鉄道の日に開館した。財団法人東日本鉄道文化財団が運営している。愛称は鉄博(てっぱく)。
2011年04月吉日 リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜(リニア・てつどうかん〜ゆめとおもいでのミュージアム〜 英語名:SCMAGLEV and Railway Park)は、東海旅客鉄道(JR東海)が2011年(平成23年)3月14日に愛知県名古屋市港区金城ふ頭に開館した、鉄道に関する事物を展示する博物館(鉄道保存展示施設)である。JR東海が本社を置く名古屋市は、2007年(平成19年)に「モノづくり文化交流拠点構想」を策定した。これは、産業技術の継承と人材育成、産業振興・産業観光の推進、および新たな都市の魅力向上を目的として、名古屋港金城ふ頭約60ヘクタールに交流拠点を設けるものであり、2011年より段階的な整備を計画している。同市より参画要請を受けたJR東海では、2008年(平成20年)にJR東海博物館の開設を表明した。高速鉄道技術の進歩などを広く紹介することを目的とし、以下の3点をコンセプトとしている。
2011年03月吉日 長浜鉄道スクエア(ながはまてつどうスクエア)は、滋賀県長浜市にある鉄道保存展示施設。旧長浜駅舎(第1回鉄道記念物)に隣接して2000年10月14日に長浜鉄道文化館が開館し、さらに2003年7月17日には隣接して北陸線電化記念館が開館。このとき、この3施設を総称して「長浜鉄道スクエア」と命名された。旧長浜駅舎・長浜鉄道文化館・北陸線電化記念館の3館で構成されている。旧長浜駅舎は、現存する日本最古の駅舎である初代長浜駅舎をそのまま保存している。長浜鉄道文化館では北陸本線に関する鉄道史料や鉄道模型が展示されている。北陸線電化記念館では鉄道車両2両が保存されている。
2010年12月吉日 別子銅山記念館(べっしどうざん きねんかん)は、愛媛県新居浜市にある博物館。元禄年間から約280年もの長きにわたって日本の貿易・産業を支え、現在の住友グループの礎となり昭和48年にその幕を閉じた別子銅山の歴史や技術を後世に伝えるために、1975年(昭和50年)に住友グループ各社が共同で設立した。館内は銅山や住友の歴史を紹介するコーナーや、銅山およびその周囲の地質などを鉱石・模型などを用いて説明するコーナー、当時の生活を紹介するコーナーなどで構成されており、単なる資料館の域を越えた立派な博物館として整備されている。また館外には明治期の近代化に一役買った日本初の山岳鉄道である鉱山列車「別子1号」や各車両の現物が展示されている。
2010年12月吉日 四国鉄道文化館は、愛媛県西条市にある鉄道保存展示施設である。2007年11月26日に、伊予西条駅に隣接した場所に開館した。この施設は財団法人日本ナショナル・トラストのヘリテイジセンターとして建設され、管理運営は西条市に委託されている。木造の展示館内に2両の保存車両と、四国で使用された鉄道用品・資料が展示されている。新幹線のカットボディとDF50形の保存車両が目玉となっている。この種の展示施設としては珍しく館内は土足禁止で、入館の際は玄関でスリッパに履き替える。入場券は、隣接の十河信二記念館の受付で購入する。ちなみに入場券は鉄道の乗車券(硬券)を模したデザインで、券面には「十河信二記念館から四国鉄道文化館行き」と記され、入場の際には係員が入鋏する。
2010年11月吉日 千葉県立関宿城博物館は、千葉県の最北端で利根川と江戸川の分流点のスーパー堤防上にあり、平成7年11月に開館しました。建物のうち、天守閣部分はかつての関宿城を古い記録に基づいて再現したものです。 この博物館のある野田市関宿は、近世から近代にかけて利根川水運の中継地として栄え、高瀬船や通運丸が往来して賑わいました。また、徳川家康の異父弟松平康元を藩祖とする関宿藩には幕府の要職にある譜代大名が配置されました。 そこで、この博物館は「河川とそれにかかわる産業」をテーマに河川改修や水運の歴史を紹介しながら、流域の人々と川との関わりについての資料を展示しています。また、関宿城や関宿藩の歴史についても併せて展示・紹介しています。 なお、展示には多くの模型や映像資料を用い、ビジュアルに展開しています。ゲーム・コーナーもあるのでご家族皆様で楽しく学ぶことができます。
2010年11月吉日 工業技術博物館は日本工業大学の博物館で昭和42年に、開発能力と実務能力とをそなえた高級技術者の育成 を目指して日本工業大学が開学して以来、可能な限り実践をともなった教育を行なってまいりました。今回、その建学の理想に基づく教育方法の一環として学内に常設の工業技術博物館を設置し、あわせて、工業技術の啓蒙をはかることにより社会的貢献をはかっていきたいと願っております。もとより、工業技術博物館として完成させるためには、工業技術全般に広くわたる必要がありますが、これを短い期間で行なうことは不可能であり、そのゴールは遥かに遠くにあります。博物館の利用は、本学園関係者に限定せず、工業技術に関する研究・学校教育・社会教育など広く社会の要請に応えてまいります。
2010年11月吉日 葛飾柴又寅さん記念館は「男はつらいよ」の主人公、車寅次郎の故郷である葛飾柴又にある。この施設では、葛飾柴又の知名度を全国に広めた「男はつらいよ」の中から、実際の撮影に使用した「くるまや」のセットを移設し、撮影スタジオが再現されていたり、葛飾柴又の町のジオラマ、メイキング映像などを見たりすることが出来る。寅さんファンは必見の記念館。また記念館の中には寅さんグッズの販売店があり、また柴又公園の中に入ると江戸川堰堤や、演歌のタイトルでも知られている矢切の渡しも見ることが出来ます。「男はつらいよ」の世界にさらに浸れる場所と言えます。葛飾柴又は寅さんが産湯を浸かったと言う帝釈天の門前町として昔から賑わってきました。帝釈天の最寄り駅となる柴又駅は、JR常磐線の金町駅と京成電鉄の高砂駅を結ぶ京成金町線(帝釈人車鉄道廃線跡を利用)の駅。
2010年10月吉日 富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill )は、群馬県富岡市にある日本初の器械製糸工場。官営模範工場の一つであり、明治5年10月4日(1872年11月4日)に操業を開始した。開国直後の日本にとって、利益が期待された輸出品は茶と絹(生糸)であった。だが、繭から生糸をつくる製糸工程は人力や前近代的な小規模な器具によるところが大きく、生産量が少ないフランスやイタリアよりも製品の質の面で大きく劣ると評されていた。このため、これらの国々と同様に大規模な器械を装備した近代的な製糸工場を稼動させ、製品の量・質ともに高めていくことが殖産興業推進のためには欠かせないと考えられるようになっていった。
2010年10月吉日 森林鉄道記念館には、当時運行されていた機関車や客車を展示、開園期間中は土曜・日曜・祝日を中心に森林鉄道を運行しています。木曽の林業で大正時代から昭和50年まで活躍した、森林鉄道の機関車、客車、資料などが展示されています。理髪車、林鉄の部品などが保存されており、林鉄は動体保存の車が往復運行されています。また、国内でも有数のボールドウィン蒸気機関車が展示されていて、天気の良い運行日には記念撮影のために車庫から出てきます。樹齢300年の木曽ヒノキ天然林が茂る「赤沢自然休養林」の中にあり、森林鉄道の体験乗車(開園期間の土・日・祝日、GW・夏休みは連日運行)が楽しめます。森林鉄道は昭和50年に廃止されましたが、12年後の昭和62年に復活しました。森林鉄道記念館から往復2.2kmの復元軌道を乗車体験することができ、当時の面影を今に残す天然林の風景を楽しむことができます。
2010年09月吉日 レトロでんしゃ館(レトロでんしゃかん、Nagoya City Tram & Subway Museum)は愛知県日進市浅田町の名古屋市交通局日進工場の敷地内にある名古屋市交通局が運営する施設である。正式名称は名古屋市 市電・地下鉄保存館。レトロでんしゃ館は2000年(平成12年)6月2日に、名古屋市交通局日進工場敷地内にオープンした地下鉄・路面電車車両の静態保存施設で、館内には名古屋市交通局でかつて使用されていた地下鉄や市電の車両が3台展示されている。また、常設・企画展示コーナーや鉄道運転シミュレータ(「とことん地下鉄!!大名古屋」を利用している)などもある。入口の近くにある事務所では各種資料や鉄道運転ゲーム(とことん地下鉄!!大名古屋)などの交通局グッズを販売している。展示されている車両には自由に入ることもでき、車内には当時の新聞記事やポスターなどが展示されている。
2010年09月吉日 交通科学博物館は、かつて大阪府大阪市港区波除3丁目11番10号にあった交通・科学に関する博物館である。平成26年4月6日閉館。大阪環状線弁天町駅の高架下にあり、西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有し、公益財団法人交通文化振興財団が運営していた。京都市下京区にある梅小路蒸気機関車館を拡張する形で新たな鉄道博物館を建設し、同館の収蔵資料は新博物館に移設する。2015年になって、展示車両の一部(D51形蒸気機関車、DD13形ディーゼル機関車、DF50形ディーゼル機関車)については、京都鉄道博物館ではなく、岡山県津山市の津山扇形機関車庫に移設されることが発表された。
2010年08月吉日 九州鉄道記念館(きゅうしゅうてつどうきねんかん)は、福岡県北九州市門司区清滝二丁目3番29号にある鉄道に関する博物館である。敷地面積約7800平方メートル。旧0哩標がある。また、2007年(平成19年)11月30日には、本館(旧九州鉄道本社)が近代化産業遺産(北九州炭鉱 - 筑豊炭田からの石炭輸送・貿易関連遺産)に認定された。本館、車両展示場、ミニ鉄道公園の3つのエリアで構成されている。本館は1891年に建築された赤レンガ造りの初代九州鉄道本社社屋(のち鉄道院、鉄道省、国鉄が使用)を転用しており、九州鉄道の客車チブ37号をはじめ、鉄道模型(ジオラマ:演出時のナレーションは小島一慶)やヘッドマークの展示、門司港 - 門司間の疑似運転体験ができる運転シミュレーター、キッズルームなどがある。車両展示場では鉄道車両8両が保存されている。
2010年08月吉日 東武博物館(とうぶはくぶつかん)は、東武鉄道に関する資料・車両などを収集・展示しているにある博物館・鉄道保存展示施設。東武鉄道創立90周年記念事業として1989年5月20日に東武鉄道伊勢崎線東向島駅高架下に開館した。東武鉄道で実際に使われた蒸気・電気機関車や電車、バスの展示をはじめ、電車・バスの運転シミュレータ、ジオラマなどが展示されている。2009年7月22日 - リニューアルオープン。
2010年07月吉日 太平洋炭礦炭鉱展示館
所在地 〒085-0805 北海道釧路市桜ヶ岡3-1-16
TEL:0154-91-5117
交通アクセス釧路駅からしらかば線バス市立病で(スカイロード下車)
営業期間公開 : 10:00〜16:00
休業 : 水曜日・年末年始.
料金大人 : 大人:300円 10名以上200円 
子供 : 子供:200円
2010年05月吉日 大谷資料館:大谷石(おおやいし)は軽石凝灰岩の一種。栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘される石材。柔らかく加工がしやすいことから、古くから外壁や土蔵などの建材として使用されてきた。日本列島の大半がまだ海中にあった新生代第三紀の前半、火山が噴火して噴出した火山灰や砂礫が海水中に沈殿して、それが凝固してできたものとされている。大谷町付近の大谷石の分布は、東西8km、南北37kmにわたり、地下200〜300mの深さまであることが確認されており、埋蔵量は10億トンと推定されている。地下30mの「大谷石地下採掘場跡」は、東京ドームが入ってしまう程の巨大な地下空間で、古代ローマ遺跡を思わせる壮観かつ、幻想的な雰囲気となっております。この巨大地下空間では、コンサートや美術展なども開かれ、イベントスペースとしても注目を集めています。 
2010年03月吉日 新潟市新津鉄道資料館は、新潟県新潟市秋葉区の新潟市新津地域学園内にある鉄道保存展示施設である。1983年(昭和58年)10月14日(鉄道記念日)、新津市(当時)の新津車両所脇にあった旧鉄道診療所跡に「新津市鉄道資料館」として開館した。その後日本国有鉄道が1966年(昭和41年)7月に移転・開設した「新潟鉄道学園」が閉鎖されることになった際、この施設跡を新津市が買収し公民館施設として転用されることになり、鉄道資料館も同所1階へ移転し「新津地域学園」として1998年(平成10年)4月1日にリニューアルオープン。2005年(平成17年)3月21日に新津市が新潟市へ編入合併したのに伴い、地域学園は「新潟市新津地域学園」に改称、鉄道資料館も現名称に改称した。
2010年02月吉日 石川県立航空プラザ(いしかわけんりつこうくうプラザ)は石川県小松市安宅新町にある航空専門の博物館である。小松飛行場(小松空港)の北側に位置している。1995年11月27日に開設された航空機および航空を主体にした博物館で、日本海側では唯一の航空博物館である。開設者は石川県で施設の管理運営は財団法人小松市施設管理公社が行っている。 屋外および航空プラザ1階にはヘリコプター、航空自衛隊の戦闘機、パラグライダーなど飛行機実機の常設展示されており、展示機によっては着席することもできる。また、YS-11のシミュレーター(全日空で実際に使用されていたもの)や航空管制シミュレーターも体験することが出来る。なお、シミュレーター利用は有料。 2階では航空機の歴史や構造について模型などの展示が行われている。
2010年02月吉日 日鉱記念館は、新日鉱ホールディングスの中核事業会社・ジャパンエナジー・日鉱金属の前身である日本鉱業が、創業80周年を記念して、昭和61年開設したものである。 約12,000m2の敷地に、展示館である本館・鉱山資料館のほか、屋外施設があり、明治38年創業以来の企業の歴史の紹介、四大銅山のひとつに数えられ、昭和56年閉山した日立鉱山で使われた各種の鉱山機械、世界の鉱石コレクション、竪坑櫓、鉱山独特の生活と文化に関する展示などがある。
2010年01月吉日 鴻池水みらいセンター下水道ふれあいプラザ
施設のみどころ 普段あまり意識することのない下水道だが、このプラザではそんな下水道のことが、わかりやすく説明されている。たとえば「下水はどこに行ってしまうか?」 当たり前だが下水も、海に流れ雲になって雨になっている。大切なのは海に流れるまでの過程。実は、下水の汚れは微生物が食べてくれているそうだ。人間の排出した汚れを、生き物が処理してくれてたとは、おどろき。ここでは身近だが案外知っていない知識が多く学べ、実物の下水管にも触ることもできる。
2009年09月吉日 札幌市交通資料館(さっぽろしこうつうしりょうかん)は札幌市交通局の外郭団体である札幌市交通事業振興公社が運営する鉄道保存展示施設で、北海道札幌市南区にある南北線自衛隊前駅の南側高架下に設けられている。屋外では過去に札幌市を走っていた地下鉄・市電・バス(札幌市営バスが中心)車両の保存・展示があり、屋内では市営交通年表や路線変更図、未来図、写真、昔の運転手の制服、電車系統板、パンチ、レールなどの部品等、馬鉄、電車、地下鉄などの模型、札幌市内交通機関の各乗車券等、その他各資料を展示しているほか、グッズ類の販売も行っている。
2009年09月吉日 山梨県立リニア見学センターは、山梨リニア実験線の走行試験の開始に合わせて開館した県立の施設です。山梨リニア実験線での走行試験の様子を見学したり、超電導リニアやリニア中央新幹線の概要を模型や各種の展示物等よって紹介し、来館された皆様に次世代の乗り物といわれる超電導リニアについて理解をしていただけるようになっております。1964年、東京〜大阪間を約3時間で結ぶ東海道新幹線の開通は、日本の高度経済成長を加速させ、日本を大きく変えました。そして今、東京〜大阪を東海道新幹線の約2倍のスピード「時速500km」を誇る超電導磁気浮上式鉄道=超電導リニアモーターカーによって約1時間で結ぶリニア中央新幹線が計画されており、21世紀の日本はさらに力強く未来に前進します。
2009年07月吉日 北海道開拓の村は、北海道札幌市厚別区厚別町小野幌(野幌森林公園内)にある野外博物館。「財団法人北海道開拓の村」が管理運営している。1983年(昭和58年)4月16日に開村した北海道開拓時代の博物館相当施設であり、54ヘクタールの敷地に52棟の歴史的建造物が移築又は再現されている。また、夏季は馬車鉄道、冬季の土日祝日は馬そりを運行している。開拓時代当時の年中行事の再現や、当時の遊戯文化や伝統技術の伝承活動も行っている。なお、村内の解説ガイドやぞうりなどのわら細工制作演示には、ボランティアが活動している。
2009年04月吉日 サッポロビール博物館
サッポロビール博物館(サッポロビールはくぶつかん)は、北海道札幌市、サッポロガーデンパーク内に位置する博物館。日本で唯一のビール博物館であり、北海道遺産の一つにも指定されている。1987年7月開館、もともとは1890年に札幌製糖会社の工場として建設された赤レンガの建造物を利用したもの。建物にはサッポロビール園が併設されている。
所在地は北海道札幌市東区北7条東9丁目1番1号。
2009年03月吉日 航空科学博物館
 航空科学博物館(こうくうかがくはくぶつかん)は、千葉県山武郡芝山町の成田国際空港に隣接した場所にある航空に関する博物館である。YS-11試作1号機、DC-8のフライトシミュレータ、ボーイング747の客室の実物大モックアップ、成田空港の模型などが展示されている。4階には成田空港を一望できる展望レストランがある。
2008年12月吉日 小樽市総合博物館
 小樽市総合博物館(おたるしそうごうはくぶつかん)は、北海道小樽市にある北海道の歴史や自然、交通(鉄道など)・科学などに関する展示を行う博物館である。
 2007年7月14日、色内にあった小樽市博物館(おたるしはくぶつかん)と緑にあった小樽市青少年科学技術館(2006年12月閉館)の機能を統合し、手宮にあった第三セクター運営の小樽交通記念館(おたるこうつうきねんかん。2006年3月閉館)の施設を活用する形で発足したもので、旧小樽交通記念館の施設に事務機能を集約し、本館とした。なお、旧・小樽市博物館は運河館と改称された。
2007年10月吉日 碓氷鉄道文化村
碓氷峠鉄道文化むらは、群馬県安中市松井田町にある体験型鉄道テーマパークである。東日本旅客鉄道(JR東日本)の信越本線横川駅-軽井沢駅間の廃止と共に役目を終えた、横川駅に隣接した横川運転区跡地に建設された。1999年(平成11年)4月18日に開園。一般財団法人碓氷峠交流記念財団が運営する。碓氷峠の歴史や資料、碓氷峠で活躍した鉄道車両、国鉄時代の貴重な車両などを展示・公開している。また、信越本線の廃線跡を利用してEF63形電気機関車の体験運転が行われたり、トロッコ列車が運行されている。
2007年02月吉日 横川 アプトの道(めがね橋)
横川鉄道文化村

碓氷峠鉄道文化むらは、群馬県安中市松井田町にある体験型鉄道テーマパークである。東日本旅客鉄道(JR東日本)の信越本線横川駅-軽井沢駅間の廃止と共に役目を終えた、横川駅に隣接した横川運転区跡地に建設された。1999年(平成11年)4月18日に開園。一般財団法人碓氷峠交流記念財団が運営する。碓氷峠の歴史や資料、碓氷峠で活躍した鉄道車両、国鉄時代の貴重な車両などを展示・公開している。また、信越本線の廃線跡を利用してEF63形電気機関車の体験運転が行われたり、トロッコ列車が運行されている。
2006年04月吉日 青梅交通博物館
 鉄道開業90周年記念事業として1962年(昭和37年)10月19日、青梅駅北東の永山公園の一角に開園した鉄道公園である。過去に使用された実物の鉄道車両を11両屋外に展示しているほか、鉄道模型運転や企画展示が実施される記念館も設けられている。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営を継承し、1997年(平成9年)4月からは関連組織の財団法人交通文化振興財団が運営を行っている。
工事中 1
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
博物館・記念館