更新日時 2017年03月23日

鉱山鉄道(軌道)写真集
 日 時  写真  コメント
2016年11月吉日 細倉鉱山軌道:細倉鉱山は宮城県栗原市にあった、鉛、亜鉛、硫化鉄鉱を主に産出した鉱山である。最盛期は岐阜県の神岡鉱山に次ぐ規模の、日本を代表する鉛、亜鉛の鉱山であった。1934年(昭和9年)に三菱鉱業が細倉鉱山の経営権を獲得して本格的開発に乗り出し、戦中戦後の混乱はあったが、日本を代表する鉛、亜鉛の鉱山へと成長した。細倉マインパークは、宮城県栗原市鶯沢にある細倉鉱山跡を利用したテーマパーク。1990年オープン。運営は、株式会社細倉マインパーク。閉山した細倉鉱山の坑道を再利用し、細倉鉱山跡の777mに及ぶ坑道を利用した展示。観覧所要時間は1時間程度。マスコットキャラクターはマイン坊や。
2016年04月吉日 多田銀銅山軌道:多田銀銅山は旧摂津国、現在の兵庫県川西市、猪名川町および大阪府池田市の広範囲にわたり坑道が開堀されてきた銀山である。主な鉱石は黄銅鉱、斑銅鉱、方鉛鉱、輝銀鉱および自然銀であり、鉱脈の成因は熱水鉱床である。寛文年間に銀および銅の産出が急増するに至り銀山に代官所が置かれ、銀山村が形成され天領となり幕府の支配が強化された。寛文年間初頭には年間の産出高が、銀1,500貫(約5.6トン)、銅70万斤(約420トン)に達したという。これより前の寛永年間より南蛮吹による精錬が行われ、荒銅より灰吹銀が採取され、抜銀された精銅は大坂銅吹屋へ送られ、長崎御用銅とされた。明治時代に入り、三菱が稼行し、昭和19年(1944年)には日本鉱業が買収し操業を続けたが、昭和48年(1973年)に閉山した。
2015年11月吉日 尾小屋鉱山軌道:尾小屋鉱山とは、かつて石川県小松市尾小屋町に存在していた銅山である。1880年(明治13年)に加賀藩の家老であった横山家が経営に加わり、銅山としての試掘を開始。1886年(明治19年)に銅鉱石の新鉱脈が発見されてから隆盛期を迎える。1896年(明治29年)洪水を機に坑内の施設を近代的なものに変え、1903年(明治36年)には銅生産量が1,000tを超えた。その後、1920年(大正9年)の2度のストライキを経験するなど労働争議が頻発し、1931年(昭和6年)には経営が行き詰まる。鉱山は日本鉱業の手に渡った後、1962年(昭和37年)には北陸鉱山(日本鉱業の関連会社)へと再三経営者が変わり、1971年(昭和46年)閉山された。
2015年01月吉日 吉岡銅山軌道笹畝坑道:吉岡銅山 笹畝坑道(よしおかどうざん ささうねこうどう)は岡山県高梁市にある吹屋銅山の観光用の坑道。江戸時代は日本6大銅山の一つに数えられベンガラの産地として繁栄した吹屋銅山の構成要素であった銅山の坑道と採掘現場の遺構である。807年(大同2年)の発見と伝える歴史ある銅山の町「吹屋」が1977年に国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されたのを受けて、吹屋銅山の保全のための事業として1978年より、銅山坑口の一つで1972年の閉山まで黄銅鉱・磁硫鉄鉱を産出していた笹畝坑道の整備が開始され、1979年11月に一般公開された。アップダウンが多く変化にとんだ坑道の整備部分延長は320メートルに及ぶ。見学者はヘルメット装着の上、徒歩で坑道内を移動する。坑道の一部は、アルコール飲料の長期熟成に使用されている。
2015年01月吉日 吾野鉱山鉄道:かつて吾野鉱山から砕石を発送していた頃、吾野駅構内(築堤が残存)及び西側の砕石積込設備(現存)へ貨車を配していた。埼玉県西部に位置する西武建材吾野鉱山鉱業所は昭和初期より操業を開始した歴史の古い鉱山で、岩質は石灰岩、砂岩を産出しており、 主にコンクリート用骨材、道路用砕石を生産、販売。1978年(昭和53年)3月31日貨物営業廃止。
2014年12月吉日 日窒鉱業道伸窪通洞:秩父鉱山とは、埼玉県秩父市の西方、中津川上流にある鉱山。現在の運営会社は株式会社ニッチツ事業開発本部。秩父鉱山周辺は秩父帯の堆積岩であるが、石英閃緑岩マグマの貫入によって接触変成している。特に石灰岩との接触によってスカルン鉱床を形成しており、採掘の対象となる結晶質石灰岩(大理石)や各種の金属鉱物が産する。1600年頃、秩父鉱山発見。甲斐武田氏が金・砂金を採掘。1950年日窒鉱業株式会社(現在のニッチツ)設立。1969年珪砂の採掘を開始。1978年金属採掘を中止。
2014年12月吉日 奥多摩工業専用索道:奥多摩工業株式会社(おくたまこうぎょう 英称:Okutama Kogyo CO.,LTD.)は、主に東京都西部の奥多摩地区を中心に、石灰の採掘、販売を行う太平洋セメント系列企業である。会社設立時の社名は奥多摩電気鉄道(おくたまでんきてつどう)で、御嶽駅と氷川駅(現・奥多摩駅)を結ぶ鉄道路線の敷設免許を保有していた。路線が開通する前に免許を国に譲渡し、JR青梅線として開通している。1937年(昭和12年)6月奥多摩電気鉄道株式会社設立。1944年(昭和19年) 4月御嶽〜氷川(現・奥多摩)間の鉄道敷設免許が国有化(同年7月に青梅線として開通)。1944年(昭和19年)12月奥多摩工業株式会社に社名変更。1947年(昭和22年)奥多摩工業曳鉄線開通が開通し、奥多摩工業専用索道の役目を終える。
2014年12月吉日 奥多摩工業曳鉄線:奥多摩工業株式会社(おくたまこうぎょう 英称:Okutama Kogyo CO.,LTD.)は、主に東京都西部の奥多摩地区を中心に、石灰の採掘、販売を行う太平洋セメント系列企業である。会社設立時の社名は奥多摩電気鉄道(おくたまでんきてつどう)で、御嶽駅と氷川駅(現・奥多摩駅)を結ぶ鉄道路線の敷設免許を保有していた。路線が開通する前に免許を国に譲渡し、JR青梅線として開通している。1937年(昭和12年)6月奥多摩電気鉄道株式会社設立。1944年(昭和19年) 4月御嶽〜氷川(現・奥多摩)間の鉄道敷設免許が国有化(同年7月に青梅線として開通)。1944年(昭和19年)12月奥多摩工業株式会社に社名変更。1947年(昭和22年)奥多摩工業曳鉄線開通。
2013年11月吉日 加蘇鉱山軌道:加蘇鉱山は栃木県鹿沼市上久我の馬返地区にあった鉱山である。本鉱山の主要鉱石は、灰色炭マンを主としたマンガン鉱石である。多くの鉱山でも同じようにトロッコ軌道を有し、廃坑後もトロッコ軌道のレールが残る。馬返地区には、「加蘇」「高平」「第3加蘇」の鉱山があり、1930年代から1950年代まで稼行していた。古生層中のチャート、粘板岩を母岩とする脈状の鉱床。
2014年09月吉日 池島炭鉱軌道:池島炭鉱は、西彼杵半島の西沖合約7kmにある周囲約4kmの池島(長崎県長崎市、旧外海町)周辺の海底に広がる炭鉱で九州最後の炭坑の島でもある。三井松島産業の子会社である松島炭鉱により、1959年より出炭が始まり、のちに閉山後の松島に建設された電源開発(J-POWER)の石炭火力発電所に石炭を供給した。隣接地での旺盛な需要により石炭の採掘は1980〜90年代にかけても進められ、最盛期の1985年には150万トンを越える石炭が採掘された。しかし、その後は炭鉱内での事故が相次いで発生、さらに1998年の電力自由化によって池島の石炭は安価な海外炭に押されるようになり2001年11月に閉山。
2013年11月吉日
2014年08月吉日
北隆鉱山軌道:北隆鉱山は1928年開坑。そのきっかけは、山火事で露出した金鉱石が偶然に発見されたという稀なケースで、1935年に青化精錬所開設、さらに私設発電所を備え、それに伴い採鉱量も順調に伸び続けました。北隆鉱山の操業規模は非常に大きく、最盛期の従業員は500人を超えました。福利施設や小学校、郵便局、電気水道などに加え、日用品の配給や映画などもあり、鉱区外には料理屋もでき、「山中の不夜城」として盛栄を誇りました。 しかし第2次世界大戦中には政府が廃坑を断行、家族を含む2,000人以上が山を去り、夢のような金景気は幕を閉じました。
2013年12月吉日 松代大本営跡は、太平洋戦争末期、大日本帝国の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現在の長野市松代地区)などの山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡である。このうち現在、象山地下壕(ぞうざんちかごう)が一般公開(無料)されている。初期の計画では、象山地下壕に、政府機関、日本放送協会、中央電話局の施設を建設。皆神山地下壕に皇居、大本営の施設が予定されていた。しかし、皆神山の地盤が脆く、舞鶴山地下壕に皇居、大本営を移転する計画に変更される。舞鶴山にはコンクリート製の庁舎が外に造られた。また皆神山地下壕は備蓄庫とされた。3つの地下壕の長さは10kmにも及ぶ。そのうち中心となる地下坑道は松代町の象山、舞鶴山、皆神山の3箇所が掘削された。
2013年07月吉日 粟代鉱山軌道(現役):三信鉱工株式会社は、愛知県北設楽郡東栄町に本社を置くセリサイト(絹雲母)の採掘精製会社である。粟代鉱業所は絹雲母原砿石の採掘作業や、鉱脈探鉱の為の掘進作業を主に行っております。当地の絹雲母鉱床はその成因から非常に小さい事が常であり、採掘スタッフは「手作業」で原砿石の採掘を行っています。また非常に固い岩脈を掘進するため坑道を大きくする事が出来ず、採掘、掘進作業はもとより、原砿石の運搬も人力にて行っています。現在絹雲母を採掘している坑道は、「日向坑」、「本多山坑」、「井戸入坑」、「西坑」、「一番坑」、「北国坑」と呼んでいる6箇所で、坑道の総距離は10km以上にもなります。
2013年07月吉日 明延鉱山軌道:明延鉱山とは、兵庫県養父市大屋町明延でかつて操業していたスズ、銅、亜鉛、タングステンなどの多品種の非鉄金属鉱脈をもつ鉱山。特にスズは日本一の鉱量を誇っていた。粗鉱生産量は、ピーク時の戦時中から1951年(昭和26年)頃には月産 35,000 t、閉山前頃には、銅、亜鉛、スズの粗鉱生産量が月産 25,500 t であったが、プラザ合意後の急激な円高に伴う銅、亜鉛、スズの市況の下落により、大幅な赤字を計上することとなり、まだ採掘可能な鉱脈を残して、1987年(昭和62年)1月31日午後11時20分の発破を最後に、同年3月をもって閉山した。
2013年07月吉日 明神電車(一円電車)は、かつて兵庫県大屋町(現・養父市)・朝来町(現・朝来市)の明延鉱山にあった鉱山用軌道。明延(あけのべ)と神子畑(みこばた)を結ぶことからその名がついた。鉱石の輸送を目的に敷設された。本来は神子畑 - 新井(国鉄播但線)間の下部軌道とワンセットの上部軌道に位置づけられていたが、道路整備で下部軌道は早期(1957年)に廃止され、上部軌道に当たるこちらのみが残された。1918年には輸送力増強のために軌道の敷設が計画され、1929年に最大の難工事となった明神第三隧道(延長 3,937 m)の工事が完成し、同年4月より坑内軌道で使用されていた4t級電気機関車と1t積鉱車による鉱石輸送が開始された。
2013年07月吉日 生野鉱山軌道:生野銀山は兵庫県朝来市に開かれていた、戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山。明治新政府が日本の鉱業(鉱山・製鉱所)の近代化を確立するために、最初に官営(直轄)鉱山とした模範鉱山である。明治22年(1889年)には生野鉱山と佐渡鉱山が皇室財産に移され、宮内省御料局の所管となった。明治29年(1896年)には三菱合資会社に払い下げられ、以後、三菱の経営で国内有数の大鉱山として稼働してきたが、昭和48年(1973年)に閉山した。その間に掘り進んだ坑道の総延長は350km以上、深さは880mの深部にまで達しており、採掘した鉱石の種類は70種にも及んでいる。
2013年05月吉日
2013年04月吉日
2013年01月吉日
2012年11月吉日
2012年08月吉日
2012年07月吉日
2012年06月吉日
2012年05月吉日
2012年04月吉日
2012年01月吉日
2011年11月吉日
2008年08月吉日
2008年05月吉日
2007年11月吉日
神岡鉱山栃洞(とちぼら)地区:神岡鉱山は亜鉛や鉛などを産出していた。その鉱石運搬用に猪谷駅から軽便鉄道(神岡軌道)が延びていたが、1966年に開業した国鉄神岡線による輸送に切り替えられ、翌年廃止された。なお、神岡鉱山の採掘は2001年に中止されている。鉱山跡地は廃墟となっているが、一部に三井金属鉱業株式会社の100%出資子会社の神岡鉱業株式会社が建ち、鉱物のリサイクルなどを営んでいる。神岡鉱山の採掘及び精錬加工によって、鉱山町としての神岡町は隆盛と衰退を共にした。鉱山最盛期である1950年代後半〜1960年代前半は町民が2万7,000人以上にふくれあがったが、鉱山の合理化、及び、採掘中止に伴い転出が続き、現在は1万1,000人ほどまで減少している。町の各所には、鉱員住宅や集会場、共同浴場などが点在しており、鉱山マニアや廃墟マニアを惹きつけている。
2012年06月吉日
2011年11月吉日
2008年06月吉日
2007年11月吉日
神岡鉱山大津山地区茂住坑の上にある地域です。神岡鉱山は亜鉛や鉛などを産出していた。その鉱石運搬用に猪谷駅から軽便鉄道(神岡軌道)が延びていたが、1966年に開業した国鉄神岡線による輸送に切り替えられ、翌年廃止された。鉱山跡地は廃墟となっているが、一部に三井金属鉱業株式会社の100%出資子会社の神岡鉱業株式会社が建ち、鉱物のリサイクルなどを営んでいる。神岡鉱山の採掘及び精錬加工によって、鉱山町としての神岡町は隆盛と衰退を共にした。鉱山最盛期である1950年代後半〜1960年代前半は町民が2万7,000人以上にふくれあがったが、鉱山の合理化、及び、採掘中止に伴い転出が続き、現在は1万1,000人ほどまで減少している。町の各所には、鉱員住宅や集会場、共同浴場などが点在しており、鉱山マニアや廃墟マニアを惹きつけている。
2013年02月吉日
2012年05月吉日
2012年04月吉日
2012年03月吉日
2008年03月吉日
神岡鉱山茂住坑は亜鉛や鉛などを産出していた。その鉱石運搬用に猪谷駅から軽便鉄道(神岡軌道)が延びていたが、1966年に開業した国鉄神岡線による輸送に切り替えられ、翌年廃止された。なお、神岡鉱山の採掘は2001年に中止されている。飛騨片麻岩中に含まれる結晶質石灰岩を火成岩起源の熱水が交代したスカルン鉱床で、主な鉱床として栃洞坑(とちぼらこう)、茂住坑(もずみこう)、円山坑(まるやまこう)がある。灰鉄輝石を中心としたスカルン鉱物を伴う鉱石を杢地鉱(もくじこう)と呼び、石英や方解石を伴う鉱石を白地鉱(しろじこう)と呼ぶ。鉱山跡地は廃墟となっているが、一部に三井金属鉱業株式会社の100%出資子会社の神岡鉱業株式会社が建ち、鉱物のリサイクルなどを営んでいる。
2013年05月吉日
2012年09月吉日
神岡軌道は、かつて富山県上新川郡大沢野町(現・富山市)の笹津駅(後に猪谷駅に変更)と岐阜県吉城郡神岡町(現・飛騨市)の神岡駅を、神通川沿いに結んでいた鉄道路線(軽便鉄道)の通称である。法的な種別は、専用鉄道から軌道法による軌道、地方鉄道法による地方鉄道と推移した。昭和に入ると、現在の高山本線の元となる鉄道省飛越線の工事が進展するようになった。神岡軌道では、それに伴い並行区間となる笹津 - 猪谷間の軌道を撤去するとともに、神通川に鉄橋(水面からの高さ57m、全長294m)を架橋し、飛越線猪谷駅に乗り入れるための工事を実施、1931年に完成させた(富山鉄道の廃止も、飛越線の延伸に伴うものである)。
2013年04月吉日 日本硫黄沼尻鉄道(磐梯急行電鉄)は、かつて福島県耶麻郡猪苗代町の川桁駅と沼尻駅とを結んでいた鉄道路線およびその運営会社。東京証券取引所に上場していた。1969年(昭和44年)に全線が廃止された。一般には沼尻鉄道(ぬまじりてつどう)の名前で呼ばれ、耶麻軌道(やまきどう)という名称でも呼ばれていた。本鉄道は硫黄鉱山から採掘した硫黄鉱石を国鉄磐越西線まで輸送するために敷設された貨物輸送主体の鉄道で、旅客輸送は片手間に行ってたが、硫黄鉱山閉山後は観光鉄道として脱皮を図って旅客輸送で経営を維持しようとするが休止となり、その後廃線になった。旅客輸送では磐梯山やスキー場へ行く観光客に利用されることもあり、観光シーズンの夏は学生の旅行者が多く、冬はスキー客と彼らの荷物で車内は混雑した。
2013年04月吉日 鯛生金山鉱山軌道:鯛生金山(たいおきんざん)は、1898年(明治31年)から1972年(昭和47年)にかけて大分県日田市中津江村鯛生地区(旧日田郡中津江村)にあった金鉱山。鯛生金山は明治時代に発見された金鉱山で、最盛期の1934年(昭和9年)から1938年(昭和13年)にかけては年間産出量が佐渡金山を上回る2.3tに達した。昭和初期の全盛期には、全国から約3,000人の人が集まり、周囲には鉱山町が形成された。鉱山は1972年(昭和47年)に資源枯渇のため閉山された。現在は旧坑道の一部が地底博物館として整備されている。
2013年03月吉日 紀州鉱山鉄道:紀州鉱山は昭和9年(1934年)石原産業がこの地域に多数の鉱脈があることに着目して、鉱山事業を始めるために鉱区買収をしたことから始まります。以来、閉山の昭和53年(1978年)に至るまでの44年間、開発初期段階や太平洋戦争後の数年間を除き、年間2,000トン以上の銅を産出し、全盛期の昭和40年(1965年)前後には、その産銅量が3,000トンを超える国内屈指の銅鉱山でした。紀州鉱山の鉱山鉄道を利用したトロッコ列車が走っている。国道311号線沿いにある「瀞流荘駅」と湯元である「湯ノ口温泉駅」の約1kmを結んでおり、旧紀和町が観光客誘致のために旧鉱山鉄道を観光鉄道として再生させたものである。列車は1日に6往復が運行されている。車両はかつて坑内軌道で使われた蓄電池式の電気機関車が、5両程度の客車を牽引する。
2013年02月吉日 土肥金山(といきんざん)は、静岡県伊豆市の土肥地区にある金の鉱山の跡である。伊豆市の指定史跡になっている。昭和38年(1963年)採掘を中止しついに昭和40年(1965年)本邦有数の金山として君臨した土肥金山は閉山した。閉山までの掘削坑道の総延長は約100km、深さは海面下180mに及ぶ、この間の推定産出量は、金40t、銀400tである。1972年からテーマパークとして一般に公開している。土肥マリン観光株式会社が所有し、観光用に利用されている。観光坑道内には当時の鉱夫らの人形が再現されている。また、砂金採りの体験もできる。
2013年02月吉日 伊豆天城鉱山は中外鉱業がかつて保有していた鉱山で金銀を産出していた。中外鉱業は1987年に鉱山事業から撤退し、その後、伊豆鉱山株式会社が引き継ぎ、ごく最近まで操業していたと思われる。現在でもバッテリーロコが廃屋のような機関庫に眠っている。そのバッテリーロコの状態からごく最近(道路占有標識から1995年頃)まで操業していたと思われるが、詳細の情報はインターネットで検索しても出てこない。伊豆天城鉱山の坑口は今でも残っていて、非常に貴重な廃鉱山である。鉱山マニア及びトロッコマニアにとっては唸るような存在である。
2012年11月吉日 尾去沢鉱山軌道:尾去沢鉱山(おさりざわこうざん)とは、秋田県鹿角市にあった鉱山である。銅や金が採掘された。1978年(昭和53年)に閉山した。跡地はテーマパーク・史跡 尾去沢鉱山として開業している。銅のほか、金、銀、鉛、亜鉛が産出された。採掘された鉱石は、坑道の下部より抜き取られ、鉱車に積み込み立坑へ運ばれます。立鉱では鉱車を1台ごとにエレベータ(ケージという)で巻揚げ通洞坑を経由して坑外の選鉱場へ送られました。鉱車の牽引には、主に蓄電池式の機関車が使用されましたが、多くの鉱車を牽引する場合には、電気機関車も使用されています。
2012年10月吉日 上田陶石運搬軌道本線:天草陶石が発見されたのは、かなり古く元禄年間に旧高浜村皿山及び旧下津深江村で採掘されていたと伝えられていますが、定かではありません。正徳2(1712)年頃、肥前の製陶業者に天草陶石を供給したのが、製陶原料として使用した始めとされています。天草陶石の採掘は代々上田家の事業として、江戸〜明治中期を経てその間陶石脈の探査開発を行い、明治45(1912)年高浜皿山に馬車軌道並びに自転巻軌道を施設し、本格的な量産体制に入りました。大正1(1912)年陶石運搬馬車軌道・索道開通。「天草陶石」鉱床は熊本県天草下島西部に分布し、海岸線に沿って海岸脈と村山脈、それらの東方の皿山脈から成っています。
2012年10月吉日 上田陶石小田床鉱床下部軌道:天草陶石が発見されたのは、かなり古く元禄年間に旧高浜村皿山及び旧下津深江村で採掘されていたと伝えられていますが、定かではありません。正徳2(1712)年頃、肥前の製陶業者に天草陶石を供給したのが、製陶原料として使用した始めとされています。天草陶石の採掘は代々上田家の事業として、江戸〜明治中期を経てその間陶石脈の探査開発を行い、明治45(1912)年高浜皿山に馬車軌道並びに自転巻軌道を施設し、本格的な量産体制に入りました。大正1(1912)年陶石運搬馬車軌道・索道開通。大正11(1922)年3月に合資会社上田商店を創始したその後、合名会社上田商店と改称し、昭和23(1948)年5月さらに組織を変更して上田陶石合資会社としました。
2012年09月吉日 久根鉱山軌道:久根鉱山は享保16年(約240年前)に開坑されたと伝えられている。明治32年2月古河市兵衛氏が譲受け同35年2月より出鉱、「久根鉱山」で採掘された鉱石は、久根で精錬されていました。そのため、精錬の煙が草木を枯らすなどの鉱害問題が深刻化し、足尾銅山の古河市兵衛が買い取ってからは、鉱石を西鹿島まで運び、そこから鉄道輸送によって足尾に運び、足尾で精錬することにしたのです。全盛期は大正6年頃で、当時は約2000人が鉱山に従事した。当時の鉱石は3%以下は捨てられ4〜6%の塊鉱のみを搬出した。当地は良質な銅鉱を約240年もの間産出し昭和45年(1970年)11月に古河機械金属精錬所久根鉱山が閉山するまで操業しました。往時の施設はすでになく、現在でも坑口から出る鉱廃水の処理施設が稼動している。
2011年08月吉日 三井串木野鉱山軌道:1906年(明治39年)、採算が悪化していた西山鉱区を買収する形で三井鉱山の進出が始まった。1994年(平成6年)以降、鉱山での採掘は行われていないが、精錬所において他鉱山で産出した鉱石の精錬や産業廃棄物からの貴金属回収を行っている。主な鉱山は、北西から羽島鉱山、荒川鉱山、西山鉱区、芹ヶ野金山、芹場鉱山の順に並んでいる。ローラーつきのパンタグラフが特徴の三菱電機製トロリー電気機関車(8t)で鉱石を運搬。西山坑の鉱石を、串木野1号西端の野下坑口(ゴールドパーク)を経て、約2.5q先の三井串木野鉱山製煉所の頂部まで運搬した。
2010年08月吉日
2011年08月吉日
薩摩金山蔵では、串木野金山の350年に亘り掘り続けられた総延長120キロメートルにもおよぶ坑道に、甕仕込みと甕貯蔵の蔵を構えております。かつては醤油や味噌のように自家製で造られていたことから、酒作りは女性の仕事でした。金山蔵では、その当時、明治以前の焼酎作りをコンセプトに掲げ、女性の杜氏「女杜氏」を中心に仕込みを行っております。製法も、江戸時代まで行われていたどんぶり仕込み(原料、麹、酵母、水を同時に仕込む方法)、カブト釜式蒸留器を蘇らせました。また、坑道内は1年を通して20℃前後という一定した気温に保たれ、地下ということもあり紫外線はゼロ。焼酎作りだけでなく、M田蔵置場1,000リットル甕がずらりと並ぶ貯蔵にとっても、良い環境が整っているのです。これほど地下深くに仕込蔵を持つ蔵も世界唯一、薩摩金山蔵だけです。
2011年04月吉日 日豊鉱業武蔵野炭鉱は埼玉県飯能市大字阿須891、あけぼの子供の森公園の隣にあり、亜炭の採掘を行っています。採掘は日本車輌製UDL&トロッコを利用しており、軌間610mm12s/mレールを使用。坑口は2箇所有り、亜炭の搬出する坑口は1箇所、もう一箇所は緊急待避及び通気口。日豊鉱業武蔵野炭鉱は1944年(昭和19年)創業。品質に関しては褐炭同様、石炭化が十分に進んでいないために不純物や水分を多く含み、得られる熱量が小さいことから、製鉄などの工業用途には向かない。亜炭は着火性が悪く、燃焼時にも独特の臭気や大量の煤煙を出すため、燃料事情が好転すると早々に都市ガスや石油などへの転換が進められた。
2011年04月吉日 JFEミネラル(旧鋼管鉱業)武蔵野鉱業所:JFEミネラル株式会社 は、鉱物を中心とした資源・素材関連事業を手がける日本の企業である。鉱産品事業部は日本国内に5か所、フィリピン・オーストラリアに保有している自社鉱山から、石灰石・珪砂などを採掘し、JFEスチールをはじめとする取引先に向けて出荷している。武蔵野鉱業所(埼玉県飯能市大字上名栗字下白岩2160)は武蔵白岩鉱山(埼玉県飯能市)から採掘される石灰石は非晶質で軟らかく、高純度であり、ガラス瓶・食器をはじめとする工業用原料、建材、肥料・飼料用に使用されています。武蔵白岩鉱山とJFEミネラル武蔵野鉱業間を結ぶ軌間762mmの1993年製トモエ電機製の6t中央運転台式の蓄電池機関車&トロッコは2t積みのグランビー鉱車。
2011年04月吉日 浅野セメント二俣尾駅専用線:青梅鉄道は1908年(大正7年)には二俣尾の雷電山も買収して生産の拡大を図る。この年に浅野セメントも川崎工場を建設して生産の拡大を企図した。そこで浅野セメントは原料確保のために1920年(大正9年)両地域の採掘権を青梅鉄道から買収し、翌年、市内に青梅採掘事務所を設置した。二俣尾駅でそこから北側へ山裾へ回り込む線が専用線跡。1929年に開鉱した梅ヶ平石灰山から索道・インクラインを経て二俣尾から浅野セメント川崎工場へ石灰を輸送した。1964年廃止。専用線跡がとぎれるところから山の谷間に沿ってインクライン跡。そのさらに北側の採掘所からインクラインまでは至る所で索道の遺構が見られる。
2011年04月吉日 青梅鉄道宮ノ平駅専用線:1888年(明治21)福生や羽村・三田の豪農・豪商が青梅鉄道を設立し、日向和田の山林を買収して立川−青梅間の鉄道を開通し(1894年)、1895年(明治28年)から石灰石を採掘し,浅野セメント,鈴木セメント、御料局、王子製薬所などへ供給した。1895年(明治28年)の生産量は2,762tであったが、1904年には50,290t、1914年には177,259tにもなっている。日向和田石灰石採掘場も1945年(昭和20年)に閉鉱した。東京都青梅市日向和田2丁目・日向和田石灰石採掘場<産出鉱物>方解石、重土十字沸石などの沸石族鉱物、石灰岩と粘板岩が存在しており、その周縁部に各種鉱物が産出した。
2011年04月吉日 浅野セメント黒沢専用鉄道:大正7年(1918年)浅野セメント株式会社が黒沢地内より石灰岩が産出される事に着目し、免許を取得し師岡連絡所(東青梅駅の東寄り付近からの分岐)より、青梅第四小学校、根ヶ布天寧寺横を通り黒沢二丁目の峰向石灰山(柳内酒店前)までに専用鉄道を敷設した。黒沢山は1907年(明治40年)に浅野セメントによって買収され、翌年開鉱したが、その翌年には閉鉱。東青梅駅は1932年(昭和7年)10月1日 - 青梅電気鉄道の東青梅停留場として開業。旅客営業のみ。浅野セメントは浅野総一郎がコークス販売で成功を収めたのをきっかけとして、渋沢栄一の渋沢財閥の支援の元、大規模化していった。1884年(明治17年)、官営工場である深川セメント製造所の払い下げを受けて「浅野セメント」(後の日本セメント)を創立し、以後これを中核企業として発展した。
2011年03月吉日 栃原金山は茨城県久慈郡大子町栃原にある低中温熱水鉱床の鉱山である。約600年前発見され江戸時代に佐竹藩の隠れ金山として採掘されていたが佐竹藩の殿様が秋田に国替えとなり鉱口を塞ぎ鉱山技師共々秋田に行ってしまい眠ったままになっていた。1982年(昭和57年)頃から「大子鉱山株式会社 栃原鉱業所」が、同坑道の試掘を開始し、新たな金脈を発見したことから、1987年(昭和62年)に採掘権を取得して、会社名を「東洋金属鉱業株式会社栃原坑」として再開しましたが1997年(平成9年)ごろから金の相場が低迷し、金鉱石の採鉱のみを細々と行っていて採掘した鉱石を坑道内に袋詰めし貯鉱し選鉱場も休止していたがこの「栃原金山」は、1999年(平成11年)頃から、休眠状態になっている。
2011年03月吉日 鬼村鉱山軌道(トロッコ):鬼村の古屋谷では、、慶応年間(1867年)頃より漢方薬として使用され、その後、明治42年(1909年)頃から石膏の採掘(セメントの原料などに利用)が行われていました。最盛期の大正末期(1923年頃)には従業員が100人を超え、品質の高い石膏の産地として県内外から脚光をあびていました。石膏の搬出は、当初は人が背負って隣町の静間まで出し、荷車で和江港へ運び船積みされていましたが、時代の変遷と共に人力から大八車、馬、馬車、そしてレールを敷手で押して運ぶ「トロッコ」、自動車へと変わっていきました。しかし、石膏は化学セメントなどにおされ、又、採算性や自然災害などもあって、昭和42年(1967年)ついに休山となり60年余「石膏場」と地区民が呼び親しんだ「鬼村鉱山」の歴史は幕を閉じました。
2011年03月吉日 石見銀山 は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。当時世界の銀の3割を産出したと推定される。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。石見銀山の間歩群では、「龍源寺間歩」をはじめ、「釜屋間歩」、「新切間歩」、「大久保間歩」、「福神山間歩」、「本間歩」、「新横相間歩」の7つの間歩が国の史跡として登録されています。明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも広がっていた。
2011年03月吉日 石見銀山大久保間歩(間歩番号165)は銀山採掘のために掘られた「間歩」と呼ばれる坑道が500余りある中で一番大きな間歩である。石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。当時世界の銀の3割を産出したと推定される。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも広がっていた。日本を代表する鉱山遺跡として1969年(昭和44年)に国によって史跡に指定。
2011年03月吉日 石見銀山龍源寺間歩(間歩番号500)は銀山採掘のために掘られた「間歩」と呼ばれる坑道が500余りある中で一般公開されている観光化された間歩である。石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。当時世界の銀の3割を産出したと推定される。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも広がっていた。日本を代表する鉱山遺跡として1969年(昭和44年)に国によって史跡に指定。
2011年03月吉日 石見鉱山は以前は黒鉱および黒鉱鉱体に伴う石膏鉱体が採鉱され、近年まではゼオライトが採鉱されていました。石見鉱山に隣接して小規模な鉱脈型鉱床があり、「五十猛の鉛山」として石見銀山の銀製錬に用いた鉛を産出しました。黒鉱型鉱床は亜鉛や鉛、銅、銀などを含む黒色の鉱石(黒鉱)が特徴で、代表的なものとして秋田県の小坂鉱山があります。島根県では出雲市にも鰐淵鉱山などの黒鉱型鉱床があります。 大田市には日本海形成期の火山活動にともなう凝灰岩類(グリーンタフ)が広く分布しています。この凝灰岩類は黒鉱型鉱床を胚胎しています。黒鉱型鉱床は日本列島特有の鉱床で、深い日本海海底で噴出した熱水から晶出した鉱物が火山性のくぼ地(カルデラやコールドロン)に堆積してできたと考えられています。
2010年12月吉日 宮浦石炭記念公園は1887年(明治20年)開坑の三池炭鉱の主力坑の一つで、約80年にわたり石炭を産出した宮浦坑跡に整備された歴史公園。現存する煙突は、1888年(明治21年)建造、高さ31.2m、上部直径2.9m、基部直径4.3mで、平成10年1月16日に国登録指定文化財(建造物)として登録された。この公園のシンボルである煙突は「炭坑節」に歌われたモデルとも言われている。また大牟田の各竪坑にそびえ立っていた煙突が残されるのもここだけになっています。現在は宮浦坑跡地の一部が宮浦石炭記念公園として整備され、敷地内には使用されていた坑内機械の展示があります。
2010年12月吉日 三池鉄道(みいけてつどう)は、かつて福岡県大牟田市及び熊本県荒尾市で運行されていた専用鉄道(一時期地方鉄道)の通称である。三井三池炭鉱から採掘された石炭を輸送するために敷設され、保有者は三井鉱山から三井三池港務所、再び三井鉱山、三井石炭鉱業と移った。現在でも一部区間が現存し、三井化学の専用鉄道として使用されている。
2010年12月吉日 住友別子鉱山上部鉄道は標高800メートル以上の地点を、急峻な断崖の等高線にほぼ沿う形で敷設されていた。路線は急カーブが連続し、線路用地は石垣を築き確保されていた。伊予鉄道に続く愛媛県で2番目の鉄道として下部鉄道と共に1893年(明治26年)に開業した。別子銅山で採掘された鉱石は、角石原駅で積み込まれ、途中交換駅の一本松駅を経由し、石ケ山丈駅で降ろされ、索道で下部鉄道の端出場駅に輸送された後、港へ運搬されていた。採掘技術の進歩により坑道から直接鉱石を下部鉄道に運搬できるようになると役目を終え、1911年(明治44年)10月7日廃止された。
2010年12月吉日 別子銅山は、愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山。1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までに約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に寄与した。坑道は全長700キロメートル、また最深部は海抜マイナス1,000メートルにもおよび、日本で人間が到達した最深部である。東平(とうなる)地区は、1916年(大正5年)から1930年(昭和5年)まで別子銅山採鉱本部が置かれていた。このような山中に、かつて多くの人が鉱業に従事し、その家族共々生活し、小中学校まであった「街」があったのかと信じられないように現在は山中に静まり返っているが、閉鎖された坑道や鉱物輸送用の鉄道跡などが残っている。『東洋のマチュピチュ』と新聞に取り上げられ、観光会社がツアーを企画するなど人気を集めつつある。
2010年09月吉日 佐渡金山-1 -2 -3は、新潟県佐渡市の佐渡島にある金山である。鉱石は主に銀黒(ぎんぐろ)と呼ばれる石英中に輝銀鉱および自然金の微粒子が脈状に存在するものであった。1601年に金脈が発見されて以来、江戸時代を通して江戸幕府の重要な財源となった。江戸時代初期すなわち慶長から寛永年間にかけての最盛期には金が1年間に400kg、銀が40トン以上採掘される日本最大の金山であり、産銀についても日本有数のものであり江戸幕府による慶長金銀の材料を供給する重要な鉱山であった。現在は金の値段と労働賃金がつりあわなく採算が取れないため採掘を中止して、観光施設となっている。坑道の総延長は実に約400kmに及ぶが、そのうち約300mが観光ルートとして公開されており、採掘風景を再現した人形が70体あまり設置されている。
2010年09月吉日 羽黒軌道:「羽黒は石を打つノミの音で夜が明ける」 岩瀬町の石の歴史は江戸時代からあるが、明治35年本格的に企業化されたのである。稲田石では、昭和の初め頃羽黒駅から(地名で)稲・池亀迄レールがひかれ、山で採掘された石を羽黒駅まで無蓋車であるトロッコで運ばれた。その当時トロッコは最も進んだ輸送手段であった。 駅からは馬そりで各作業場に運ばるが搬送中に橋の一部がその重さに耐えきれず破損し一時通行止めになった一波乱もあったそうである。明治37年4月に花崗岩の輸送のため貨物取扱駅として羽黒駅が誕生したことにより盛期を向かえた。県内の石材運搬軌道としては稲田地図に次ぐ規模の路線網を形成していった。戦後になると道路が徐々に整備され、大型自動車が自由に通れるようになると、敷設した軌道の撤去が始まり、昭和30年ごろには全廃したようである。
2010年09月吉日 稲田人車軌道-1 -2 -3は稲田駅周辺で産する御影石(学名花崗岩)を採石場から駅まで運搬する為のトロッコが初めて運転されたのは、明治29年(1896年)であった。東京で石材問屋を経営していた鍋島彦七郎は、稲田に進出し、無尽蔵に存在する御影石を消費地に運搬するために、採掘場のある堂峰・西沢と稲田駅間に2km余に及ぶトロッコ軌道を敷設した。明治の末期から大正初期にかけて、大郷戸方面の開発が急速に進み、中島喜三郎が中心になり、地元の協力を得て、大正9年(1920年)12月、茨城軌道株式会社を起こして営業を開始した。道路の整備が進むに従って、石材を稲田駅に集積して鉄道で貨車輸送するよりも、トラックが直接採石場まで乗り入れて輸送する方が便利になり、順次軌道の撤去が始まった。
2010年09月吉日 岩間人車軌道は難台山の花崗岩採掘が明治20年頃に採掘が始り、難台山以北は加波山、足尾に連なる黒雲母花崗岩(深成岩)、以南はケイ足層群(古生層)に二分され一部吾国山以北に東南に走る古生界がみられます。難台山の花崗岩は地元の人が国会議事堂にも使われていると言っていました。常磐線(旧水戸鉄道・日本鉄道)が開通すると、東京の日本石材株式会社(現在の日本石材株式会社とは違う様だ)が、難台山から岩間駅までトロッコ軌道を敷設して難台山の花崗岩採掘に乗り出した。岩間人車軌道の開通は明治末〜大正初年にかけてと推定され、難台山の石切場から岩間駅まで、下り勾配を利用し人力トロッコで石材を輸送していたが、脱線転覆事故により何人もの犠牲者が出た。
2010年07月吉日 釧路コールマインは、北海道釧路市に本社を置く日本の唯一の坑内掘石炭生産会社。閉山した太平洋炭礦(たいへいようたんこう)を縮小の上、引継いだ。釧路コールマインが採掘している石炭は、釧路市の中心街から広く7km以上にわたり海底下に眠っています。炭層は沖合いに向って5度〜6度の緩傾斜でのびており、この緩やかな炭層が炭鉱の機械化に最も適しているため、当社は世界有数の機械化炭鉱として操業しています。坑内は東西約2.2km、南北約4kmにわたって広がっています。炭質は、純一般炭で製品炭の平均発熱量は6,100キロカロリー。硫黄分は0.2%〜0.3%と少なく、低公害炭として電力を中心に広く利用されています。釧路コールマインの事業所内には軌間610mmのナローゲージが現役で運用されている。
2010年07月吉日 釧路コールマインは、北海道釧路市に本社を置く日本の唯一の坑内掘石炭生産会社。閉山した太平洋炭礦を縮小の上、引継いだ。太平洋石炭販売輸送株式会社(たいへいようせきたんはんばいゆそう)は、石炭の販売や鉄道事業、倉庫業、不動産業などを行う太平洋興発グループの企業である。本社は 東京都中央区明石町8-1に、事業所は北海道釧路市春採8丁目1-13にある。北海道唯一の私鉄で、北海道釧路市で釧路コールマイン選炭工場から釧路港東港区石炭埠頭の知人貯炭場まで、石炭輸送専用の臨港線を運営している。2002年1月に太平洋炭礦が閉山に至った後も、2002年4月にその一部鉱区を利用して採炭および海外技術研修を実施することとなった釧路コールマインの石炭輸送を担当している。
2010年07月吉日 雄別鉄道は、北海道釧路支庁管内釧路市の根室本線釧路駅から、同管内阿寒郡阿寒町(現・釧路市阿寒町)の雄別炭山駅までを結んでいた鉄道路線などを運営していた炭鉱鉄道会社。東証一部上場企業であった雄別炭礦の子会社にあたり、三菱グループに属していた。親会社の雄別炭礦は、当時の炭鉱会社の中では多角経営の進んだ会社という評価がなされていたが、1969年、茂尻鉱にて人身事故を起こしたことで茂尻鉱が廃坑に追い込まれた。これが引き金となり翌年の(1970年)1月には、2月以降の社員への給与支払いの見通しもたたなくなるほど資金繰りが急速に悪化した。これが原因で親会社の雄別炭礦が閉山し、同年4月に住人の移転作業が終了し鉄道業務も停止した。
2010年07月吉日 鴻紋軌道は、かつて北海道網走支庁管内の紋別郡紋別町に存在した軽便鉄道路線である。鴻之舞軌道(こうのまいきどう)と呼ばれる場合もある。鴻之舞鉱山拡張に必要な資材の運搬や、人口が1万3千人を超す鴻之舞地区住人の生活物資の運搬を目的として、1940年(昭和15年)10月に着工された。当初は1942年(昭和17年)に完成予定であったが、元紋別地区にある沢の埋め立てが難工事となって、鴻之舞地区から大量の石を運搬したのが影響して工期が延びていた。翌1943年(昭和18年)6月に完成したものの、鉱山は戦時産業統制の一環で前年12月26日に休山命令を受けており、最初の活躍の場は解体された機器類を他の鉱山に転用するための運搬という、当初目的から外れた皮肉な結果となった。
2010年07月吉日 三井芦別鉄道は、北海道芦別市で鉄道事業を行っていた鉄道事業者、あるいは同社が運営した芦別駅と頼城駅を結ぶ鉄道路線である。旅客部門は炭鉱合理化に伴う沿線人口の減少、並行バス路線の充実により、1972年(昭和47年)5月末に運行を取り止めた。残った石炭輸送も、三井芦別炭鉱の合理化に伴い1989年(平成元年)3月に廃止され、炭鉱自体も1992年(平成4年)9月に閉山となった。かつての入山駅 - 中の丘駅間に架かる炭山川橋梁に、ディーゼル機関車DD501と石炭貨車セキ3000が保存展示されている。定期的に塗り直しており、冬季は鉄橋から地上区間に移動のうえで保管し、傷みから守っている。
2010年06月吉日 東武大谷線は、かつて栃木県にあった東武鉄道の軌道・鉄道路線である。宇都宮市内一円に軌道を敷設していた、宇都宮石材軌道という人車軌道および軽便鉄道が前身である。宇都宮の大谷地区で採掘される石材(大谷石)の輸送を目的に、1895年に測量開始、1897年に宇都宮西原町 - 大谷荒針間を宇都宮軌道運輸として開業させる。翌年には、立岩・弁天山への延伸も図られたのであるが、西原町に集まってくる石材の出荷法が問題となり、1903年に日本鉄道の鶴田駅(今は日光線)まで延伸した。1931年には宇都宮線を開業させた東武鉄道に合併されて同社の大谷軽便線・大谷軌道線(大谷線)となったが、1964年に全廃となった。
2010年04月吉日 東武会沢線は石灰石、ドロマイト等の運搬用に設けられた、佐野線の終点葛生駅から第三会沢駅に至る東武鉄道の貨物線である。東武会沢線の貨物線が葛生駅まで石灰、セメント、ドロマイトを輸送していた。セメントは東武伊勢崎線経由で業平橋駅まで輸送された。貨物輸送が廃止された後はその設備のほとんどが撤去されているが構内は広く、かつての貨物線の名残をとどめている。葛生駅から先にも路線跡が続き、架線柱や腕木式信号機も残っている。
2010年04月吉日 日鉄鉱業羽鶴専用鉄道
日鉄鉱業株式会社(にってつこうぎょう、英文表記:Nittetsu Mining CO., Ltd.)は、東京都に本社を置く石灰石などの採掘を行っている企業で葛生鉱業所の住所は 栃木県佐野市仙波町1599。 1951年(昭和26年)10月に葛生鉱業所を開設。 東武佐野線の終点「葛生(くずう)駅」はかつて貨物の発着で賑わう大きな駅で、かつてはこの葛生駅から日鉄鉱業葛生鉱業所 羽鶴専用線の貨物線が延びていた。1986年に貨物扱いが中止され廃線になた。
2010年02月吉日 日立鉱山電車専用線
日立鉱山(ひたちこうざん)は茨城県日立市にあった銅山(鉱山)。旧名赤沢銅山。1905年に小坂鉱山の事務所長だった久原房之助が、鉱山を手中に入れたところから急激な発展を遂げる。日立鉱山には日立鉱山電車専用線という軽便鉄道が走っていた。明治41年に日立鉱山電車専用線営業開始。現在の日立駅前の大通りと銀座通りの中間あたりを通って国道6号線を横断し、芝内経由で大雄院(だいおういん)まで専用線が延びていた。貨物専用で一般旅客営業は行っていませんでしたが、従業員とその家族を対象に運賃無料で駅は停留所と呼ばれ、プラットホームが無く旅客運搬を行っていました。昭和35年に日立駅〜大雄院停留所間全線専用線廃止。
2010年02月吉日 高萩炭礦櫛形鉱専用線
高萩炭礦櫛形鉱は常盤炭田最南の炭鉱で福島県双葉郡富岡町から茨城県多賀郡十王町(現在は日立市に合併)まで南北に大きく広がる常盤炭田であるが、十王町の「櫛形炭鉱」は、常磐炭田の最南部に位置した。この櫛形地区に開発の手が入ったのは昭和12年(1937年)と遅かった。昭和17年(1942年)年には東邦炭鉱葛形鉱となり、更に昭和20年(1945年)には合併により高萩炭鉱葛形鉱となった。1973年に閉山。これで常磐地域での炭鉱に終止符が打たれた。
2010年02月吉日 常磐炭鉱中郷鉱曳索軌道
大正06年(1917年):茨城無煙炭鉱第二坑から南中郷村日棚の茨城無煙炭鉱第三坑専用軌道に曳索軌道を接続し、南中郷駅に石炭を搬出する。全長1.5q 軌間508mm。大正15年(1926年):茨城無煙炭鉱第二坑から大倉鉱業椛謫坑。昭和09年(1934年):大倉鉱業椛謫坑から入山採炭樺郷無煙炭鉱第二坑。昭和16年(1941年):入山採炭樺郷無煙炭鉱第二坑から中郷無煙炭鉱椛譏Z坑。 第二坑から第六坑へ坑口移動、同時に曳索軌道を延長。全長1.8q。昭和19年(1944年):入山採炭鰍ニ磐城炭鉱鰍フ合併により中郷無煙炭鉱椛譏Z坑から常磐炭鉱活城鉱業所中郷鉱第六坑。昭和30年(1955年)頃 第六坑閉山、曳索軌道廃止。
2010年02月吉日 茨城無煙炭鉱曳索軌道
開設 明治44年(1911年)
廃止 大正06年(191年7)
南中郷村石岡〜南中郷村大塚鶴巻  全長 2.35q
茨城無煙炭鉱株式会社は南中郷村(現北茨城市)石岡地区に第二坑を開山運炭用の軌道建設した。第二坑山元から同村大塚地区弦巻までをほぼ一直線に結ぶ曳索軌道を敷設し山口炭鉱専用軌道に接続した。茨城無煙炭鉱は大正06年、日棚地区に開山した第三坑の曳索軌道に接続すべく、大北川橋梁と十石隧道を建設し大正06年より常磐炭鉱中郷鉱曳索軌道での運炭を開始した。
2010年02月吉日 山口炭鉱専用軌道
開設 昭和21年(1946年)02月
廃止 昭和33年(1958年)02月
全長 常磐線磯原駅〜北茨城市磯原町大塚字松下(山口炭鉱)4.28q
2010年02月吉日 重内炭鉱専用軌道
開設 昭和20年(1945年)年12月28日
廃止 昭和49年(1974年)年06月29日
全長 常磐線磯原駅〜北茨城市磯原町大塚字烏子
(重内炭鉱)4.53q
鉱業所名:重内炭砿
鉱業権者名:重内鉱業   
地区名:磯原   操業開始:昭和14年
租鉱権者 32年度出炭:116.6(千トン)
常用労務者数:854(人)
2010年01月吉日 常磐炭鉱専用鉄道神ノ山鉱線・関本鉱線
神永喜八、片寄平蔵らにより発見された明治時代初頭から、福島・茨城両県の海岸線に面する丘陵地帯にかけて大規模な炭鉱開発が行われた。これは、首都圏に最も近い炭鉱として注目されたためである。しかし硫黄分を多く含有し、純度の低い炭質(低品位炭)という不利な条件があり、さらに地層が激しい褶曲を受けているため、石炭層を求めて地下へとひたすら掘り下げる、高い掘削技術を要する炭鉱であった。各鉱は採算が次第に悪化。最後まで残った常磐炭礦(1970年より常磐興産)の所有する鉱山も1976年に閉山し、常磐興産は炭鉱業自体も1985年に撤退している。
2010年01月吉日 秩父鉄道武甲線
貨物輸送は秩父市にある武甲山は良質の石灰石を産出するため、これを運ぶための貨物輸送も盛んである。その取扱高は日本の私鉄の中でも上位である。貨物列車は三ヶ尻線熊谷貨物ターミナル - 武川 - 秩父 - 影森間で運行されている。但し日本貨物鉄道(JR貨物)との連絡運輸区間は武州原谷までとなっている。1918年(大正7年)9月16日 - 武甲線 影森〜武甲間開業。貨物営業のみ。 1984年(昭和59年)2月1日 - 武甲線 影森〜武甲間廃止。
三峰口駅より先の廃線区間
2010年01月吉日 常磐炭鉱中郷鉱専用線
南中郷駅より駅西側にあった常磐炭鉱中郷鉱まで3.9kmの専用線が伸びており、炭鉱で産出された石炭の輸送を行っていた。神永喜八、片寄平蔵らにより発見された明治時代初頭から、福島・茨城両県の海岸線に面する丘陵地帯にかけて大規模な炭鉱開発が行われた。これは、首都圏に最も近い炭鉱として注目されたためである。しかし硫黄分を多く含有し、純度の低い炭質(低品位炭)という不利な条件があり、さらに地層が激しい褶曲を受けているため、石炭層を求めて地下へとひたすら掘り下げる、高い掘削技術を要する炭鉱であった。最後まで残った常磐炭礦(1970年より常磐興産)の所有する鉱山も1976年に閉山し、常磐興産は炭鉱業自体も1985年に撤退している。
2010年01月吉日 高萩炭鉱専用線
明治、大正時代から、昭和40年代まで、現在の高萩市は、炭鉱の町として栄え、有名であった。特に、明治30年に今の常磐線・高萩駅が開設されてからは、毎日、多くの石炭が貨車に積まれて、京浜工業地帯へ運ばれ、日本のエネルギー資源の一翼を担っていた。市内で炭鉱を掘っていた所は、高萩炭鉱(和野、秋山、干代田地区)、向洋炭鉱(島名地区)、望海炭鉱(関口、望海地区)があった。1946年(昭和20) 高萩炭鉱株式会社東邦炭鉱櫛形炭鉱を買収。高萩炭鉱北方坑、山一炭鉱、大東炭鉱が高萩駅より引き込み専用線を開通させ、SL機関車による石炭輸送をはじめる。
2010年01月吉日 好間炭鉱専用鉄道好間線
明治37年(1904年) 白井遠平が設立した好間炭鉱は、好間村(当時)の北好間地区の籬(まがき)に坑口を開いた。明治39年(1906年)好間炭鉱株式会社を発足。好間炭鉱は蒸気巻上げ機を導入し綴駅(内郷駅)までの専用線を敷設するなどして近代的炭鉱へと発展する。 大正07年(1918年)好間炭鉱は現古河鉱業に買収され古河鉱業好間炭鉱となる。昭和02年(1927年) 北好間坑から撤退し上好間坑は継続。昭和39年、古河好間鉱は古河鉱業より分離され、好間炭鉱株式会社として再出発したが昭和44年(1969年) 上好間坑も閉山。鉄道は休止状態になるり、 昭和47年(1972年) 正式に廃止。
2010年01月吉日 常磐炭鉱専用鉄道高倉線
常磐炭鉱専用鉄道内郷線
入山採炭が石炭積出しのため専用鉄道(日本鐵道株式会社海岸線)綴駅(現常磐線・内郷駅)高倉間4.02qの使用を始めたのが明治30年(1897年)11月10日であった。最後は矢之倉礦業が使用していたが、昭和38年(1963年)3月閉山により同年11月9日廃止され軌道跡地の大部分は市道になった。
2010年01月吉日 磐城炭礦軌道線(いわきたんこうきどうせん)は、現在福島県いわき市となっている、石城郡湯本町と小名浜町を結んでいた鉄道路線(軽便鉄道・軌道線)。磐城炭礦株式会社(現在の常磐興産株式会社)が運営していた。常磐炭田で採掘された石炭を小名浜港へ輸送するために敷設された。
2010年01月吉日 常磐炭鉱専用鉄道鹿島線
常磐炭鉱専用鉄道小野田線
常磐炭鉱専用鉄道日渡線
常磐炭鉱専用鉄道向田線
神永喜八、片寄平蔵らにより発見された明治時代初頭から、福島・茨城両県の海岸線に面する丘陵地帯にかけて大規模な炭鉱開発が行われた。これは、首都圏に最も近い炭鉱として注目されたためである。しかし硫黄分を多く含有し、純度の低い炭質(低品位炭)という不利な条件があり、さらに地層が激しい褶曲を受けているため、石炭層を求めて地下へとひたすら掘り下げる、高い掘削技術を要する炭鉱であった。各鉱は採算が次第に悪化。最後まで残った常磐炭礦(1970年より常磐興産)の所有する鉱山も1976年に閉山し、常磐興産は炭鉱業自体も1985年に撤退している。
2009年12月吉日 足尾銅山観光がオープンしたのは、1980年(昭和55年)4月。400年続いた銅山の閉山を機に、その内部を開放し、そこで働いた人々の姿をとおして、銅山の歴史や仕組みを知ることができます。平成13年4月14日、トロッコも新しく生まれ変わり、リニューアルオープン致しました。全長700mの坑内は400年間の歴史がそのまま生きている博物館。足尾銅山観光は“日本一の鉱都”とよばれた足尾銅山の再現をはかって始められた国内最大の坑内観光です。
2009年10月吉日 長野原線(太子線)吾妻郡六合村の群馬鉄山(1963年閉山)で採掘された鉄鉱石の輸送のための路線として1945年、渋川 - 長野原(現長野原草津口)間が長野原線として開業。長野原から群馬鉄山のある太子(おおし)までは、日本鋼管社の専用線が敷設された。当初は貨物専用線として開業したが、1946年までに渋川 - 長野原間の旅客営業を順次開始した。群馬鉄山専用線(長野原 - 太子間)は、1952年に国鉄に移管され、1954年に旅客営業を開始した。1963年の群馬鉄山の閉山後、1966年に貨物便運行が廃止、1967年の長野原線電化からも取り残され、1970年に長野原以西延伸に伴う「長野原駅構内の改築工事」を理由として休止、そのまま列車の運行が再開されることのないまま翌1971年に路線が廃止された。
2009年09月吉日 夕張鉄道は、北海道炭礦汽船(北炭。以前の北海道炭礦鉄道)が同社の事業用資材や石炭を輸送する目的で大正10年(1921年)に設立された。北海道石狩支庁管内江別市の函館本線野幌駅から、空知支庁管内夕張郡栗山町の室蘭本線栗山駅、同支庁管内夕張市の夕張線(現・石勝線)鹿ノ谷駅を経て同市の夕張本町駅までを結んでいた。バス路線の整備やマイカーの普及、閉山による人口の減少に伴い旅客輸送も激減し、昭和46年(1971年)11月には鹿ノ谷 - 夕張本町間の鉄道営業と鹿ノ谷 - 栗山間の旅客営業を廃止した。残された野幌 - 栗山間も昭和49年(1974年)3月末をもって旅客営業を休止し、夕張鉄道線は昭和50年(1975年)3月末、沿線で最後まで操業していた北炭平和炭鉱の閉山に伴い、全線が廃止された。
2009年07月吉日 尺別鉄道線:雄別鉄道の親会社である雄別炭礦が運営していた。機関庫は新尺別に置かれ、C12形蒸気機関車を3両、客車4両、貨車11両を保有していた。 もとは雄別炭礦鉄道が炭鉱と鉄道の運営を行っていたが、1959年に鉄道部門を分離(尺別線は雄別炭礦にて継続)して雄別炭礦株式会社と、雄別鉄道株式会社が発足した。その後、倒産直前の1970年2月に雄別炭礦に吸収合併されている。
2009年07月吉日 明治鉱業専用線(篠栗−久山)
 福岡県糟屋郡篠栗町に明治鉱業株式会社の高田炭坑が有った。篠栗駅から極楽池・高橋池の間を抜け久山町まで明治鉱業の専用線が走っていた。極楽池から高橋池の間には隧道が有ったようだが、私が調べた限りでは現在は現存しない。 明治鉱業株式会社(1919年4月1日〜1969年会社解散)は、安川敬一郎が創業した九州・北海道に鉱山を持つ炭坑会社で、戦時中は石炭大手8社の一員として日本のエネルギー界に貢献しました。その後は石油によるエネルギー革命と石炭埋蔵量の枯渇により、昭和44年に解散が決議され、70年にわたる歴史を閉じました。
2009年07月吉日 住友金属鉱山下部鉄道は、1977年まで愛媛県新居浜市において鉱石輸送や旅客輸送を行っていた住友金属鉱山運営の鉱山鉄道(一時期地方鉄道)の通称である。「別子鉱山鉄道」や「別子鉄道」とも呼ばれた。伊予鉄道に続く愛媛県で2番目の鉄道として上部鉄道に先駆けること9ヶ月、当時住友財閥の初代総理人であり、別子銅山の総支配人でもあった広瀬宰平の専用鉄道として1893年(明治26年)3月15日に開業した。主に別子銅山から採掘された銅鉱石を製錬所や港湾へと輸送する役割を担ったが、1973年(昭和48年)の別子銅山閉山を見届けた後、1977年(昭和52年)1月31日限りで廃止された。
工事中 1 2 3
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』