更新日時 2020年09月07日

八戸鉱山
 八戸鉱山は青森県八戸市にある露天掘りの鉱山である。石灰石を採掘しており、現在でも操業中である。八戸鉱山株式会社が経営している。地元では、八戸キャニオンと呼ばれている。展望台も設置されていて自由に眺めることができる。人工ではあるものの日本一標高が低い(陸地上の)地点が存在する。その深さは海抜約-170m、つまり海面下である。かつては海抜0mに目印があったが、採掘が進んで消えてしまっている。総延長が10kmにも及ぶ地下輸送管が八戸港埠頭まで延び、採掘された石灰石をベルトコンベアで輸送している。石灰資源の一部は八戸セメントに送られている。鉱山はすり鉢状に掘り進められたが、これ以上深く掘削するには横側に掘り進める必要がでてきたため、西側に200mほど拡張する予定である。
@八戸鉱山。敷地外から撮影。
A八戸鉱山。敷地外から撮影。
B八戸鉱山。展望台から撮影。
B八戸鉱山。展望台から撮影。
B八戸鉱山。展望台から撮影。
B八戸鉱山。展望台から撮影。
B八戸鉱山。展望台から撮影。石灰生産量1億トン達成。平成10年2月住金鉱業株式会社
B八戸鉱山。展望台から撮影。石灰生産量1億5千万トン達成。平成19年5月住金鉱業株式会社
Copyright (C) 2008-2020 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『八戸市』を掲載」